2015年8月30日日曜日

北九州方面に軽くドライブに行きました

 せっかくの休日なのに、どこに行くあてもありませんでした。それではもったいないので、北九州方面に軽く出かけてみることにしました。とくにあてもなく、国道3号線を走りつつ、海が見たくなったので、道の駅のむなかた方面に向かいました。産直コーナーは時間帯がわるかったためか、ほとんどの商品がなくて残念でした。古賀インターチェンジから高速道路に上がり、福岡インターチェンジにて降りました。ちょっとコストコ久山に寄って、シンガポール移動の際の写真プリントを受け取り、天神湯の華に寄ってから帰りました。

 福岡は車がとにかく多いので、ドライブを楽しむということが難しいように思います。こういうときは、深夜の地方の国道(例:国道11号や32号)を走るのが楽しいのですが、はやく九州でも代替となる道路を探さないといけません。

2015年8月29日土曜日

今さらかもしれませんがHuluを申し込んでみました

 最近は話題がほとんどないのですが、今さらながらにして、動画配信サービスであるHuluを申し込んでみました。実はHuluがサービスを開始した頃から興味があったのですが、配信されている動画が微妙だったので見送っていました。最近になってチェックをしてみたところ、割と充実してきた感ががあり、以前よりも毎月の料金も安かったので試験的に導入してみることにしました。

 昔から映画を見るのが好きだったので、ツタヤに行ってDVDを借りなくても、ワンクリックで映画が見放題になるのはとても有難いサービスです。それにしても、高画質な動画をオンデマンドにて配信されるとは、ほんとうに良い時代になったと感じました。

2015年8月28日金曜日

とりあえず新しい作業環境が構築できました

 ここ数ヶ月を使って、徐々に新しい作業環境の構築を図っていました。

 まず、パソコンに関してです。私的なパソコンとしては、Windows 8.1のデスクトップパソコンとMacbookをノートパソコンとして、2台のパソコン環境としました。ソフトウェアに関しては、JustsystemのATOK、Adobe creative cloud、Microsoft office 365 soloについては税金方式として、毎月利用料金を支払うことにしました(300円+2,000円+1,200円)。また、Visual studio 2008、Mathworks、Justsystemのオフィス、ウィルスバスターに関しては、パッケージ版を購入してしばらく利用する方式にしました。ライセンス的には、先の2台のパソコンにおいてアクチベーションを済ませました。

 次に、モバイル環境に関してです。インターネット回線として、自宅はNTT光(OCNプロバイダー)、モバイル回線としては、NTT docomoの回線をプライベートとビジネス用に2回線確保しました。プライベート回線は、FOMAタイプシンプルバリュー契約(740円)、ドコモWi-Fi契約(300円)、インターネット契約(300円)、そしてデータバックアップ契約(100円)にて1,600円です。一方、ビジネス回線は、カケホーダイ(ケータイ)契約(2,200円)のみにて、2,350円です。

 また、モバイルデータ通信のために、OCNが提供するMVNO契約にて2回線を確保しています。自宅の光回線のプロバイダーがOCNであるため、200円の割引き、容量シェアにて2回線目を購入しているため、450円の追加、合計にて1,250円になります。これで、フルスピードにて110Mbyte/日、110Mbyteを超えると200kbit/sに帯域制限がかかります。この2回線は、iPad air 2と京セラ製スマホに入れており、ともにSIMロックはフリーになります。モバイルパソコンからは、テザリングを使ってインターネットへ接続ができます。

 ここまでで、ソフトウェアに3,500円、通信回線に10,000円を毎月支払っています。これにより、Adobe製品すべて、Microsoft office製品すべて、ATOK、ウィルスバスターの各最新版が利用可能です。Microsoft office 365契約をしているため、Microsoftが提供するクラウドサービス、One Driveが1Tbyte、skypeが毎月60分無料になります。ここで通話可能なskypeの宛先として、日本の携帯電話も対象になったため、使い勝手が少しよくなりました。

2015年8月27日木曜日

Adobeソフトウェアも税金方式にしました

 Adobeのソフトは、CS4をずっと使うつもりだったのですが、以前からかなり気になっていたCreative Cloudに以降してみたくなりました。ちょうど、教職員向けのライセンスがキャンペーンをやっていた上に、毎月3,000円ならば良いかなと思って、デスクトップパソコンとノート型パソコンにインストールしてみることにしました。

 これで、Microsoft office、Adobe、ATOK、は税金方式になりました。税金方式の一番ありがたい点といえば、デスクトップパソコンをWindows、ノート型パソコンをMacを使いたいときでも対応可能である点です。Microsoft OfficeとAdobeはWindowsでもMacでも、最大で2台までインストールができるので助かりました。ちなみに、大学資産のLet's noteのは、これまでのAdobe CS4のライセンスを継続して1件、Microsoft Officeは、研究室のライセンスを継続して使うことにしました。

 これにより、Adobe CS4のライセンスが1台分ほど宙に浮いた形になったのですが、細かいことは気にしないことにします。

2015年8月26日水曜日

本日から通常営業モードです

 8月に入ってから、お盆前のラストスパート、そしてお盆の一週間を終えて、そのままシンガポール移動、そして合宿と慌ただしい1カ月でした。8月も終わり9月に入ろうかという段階ですが、ようやく、通常営業モードにて仕事ができるようになりました。これから、数ヶ月の間に、国際会議の原稿を2本をはじめ、色々と片付けなければならない仕事ノルマがあります。

 がんばっていきまっしょい!

2015年8月25日火曜日

台風だけではなく世界同時株安という嵐も同時にきている模様

 シンガポール移動と研究室の合宿という夏の二大イベントを終えて、当初の計画通りに、10日ぶりに休日ということで体を休めています。また、台風が九州に上陸するようで、朝から風雨が強くなっています。各種警報もたくさん発令されており、仮に大学が通常営業をしている場合であっても、学生さんたちは休講の措置がとられるかと思います。

 さて、標題にもあるのですが、世界同時株安という嵐が世界経済に吹き荒れています。発端は中国の景気後退懸念からはじまり、人民元の切り下げが続いたあたりから、上海・香港が下げ、ダックスが下げ、ダウが下げ、そして日経も下げています。株安の連鎖から、225も19,000円を割り、225先は16,000円台をつけた模様です。筆者はお盆にドル円の建玉をすべて決済して、かつ夏の二大イベントの期間中は為替の対応が即座にできかねる状況だったので、相場を追いかけるだけで何もしていませんでした。

 ドル円も124円台をうろちょろしていたのですが、120円を割ったあたりから、すごい勢いで下方向に走り、一時ニューヨークタイムには、116円台前半に突っ込みました。数分の間に数円という、1日あたりのボラが5円を超えるチャートを初めて見ました。正直なところ、何かの間違いではないかとも思いました。ドル円というメジャーな通貨ペアのボラが5円近くあるということは、他の通貨ペアはより激しく動くというわけで、確実にヤバイことが起きるということです。

 まっとうな人間であれば、嵐が収まるまで様子を見る、すなわち「落ちてくるナイフは掴むな」に従って、相場がセリングクライマックスを迎えて反転したところから買い注文からはいるところだと思います。FXをまじめにやっている人であれば、120円を割る前から、短期的に売り注文から入るところだと思います。どこまで下がるか分からず、いつ反発するか分からない点を考慮して、建玉の管理だけをシビアにしていれば、かなり儲かったのではないかと思います。

 ちなみに、積立投信として、NISA口座には、いくつかのバランス型インデックスファンドをコツコツ積み上げています。先日までは結構なプラスだったのですが、わずか数日の間に、マイナス圏内に落ちてしまいました。また、別の口座に置いてある、ハイイールド債券も続落し続けています。すぐに使う予定のお金ではないので困らないのですが、下がるのは良くないかと思います。

2015年8月24日月曜日

九重の合宿から帰宅しました

 研究室の合宿を終え、9時すぎに解散しました。有志たちは登山に行くようですが、筆者は少しでも早く帰宅して体を休めたいので、即座に自宅に向けて帰りました。往路をそのまま引き返し、九重インターチェンジから大分道に上がり、鳥栖から九州道、太宰府から都市高速とたどって、堤インターチェンジから下りました。明日は本格的に台風が到来し、かつ冷蔵庫の食料も心もとないので、マックスバリューにちょっと寄ってから帰宅しました。

 帰宅後は、シンガポール移動の際に、現地ATMから海外キャッシングとして引き出したお金の精算処理をしました。今回の移動では、250シンガポールドルを1回、200シンガポールドルを2回の合計3回分を引き出しました。650シンガポールドルの現金調達コストとしては、利息、手数料などをすべてひっくるめて58,475円になりました。三井住友VISAカードのキャッシングデスクに電話をかけて、現時点における精算額と振込み口座を確認してから、インターネットバンキングにて指定口座に振り込みを行うことによって、キャッシングの繰り上げ返済を完了しました。

 時節柄、中国リスクのために円高方向に流れ、アジア通貨は日本円を除いてすべて通貨安の方向に行っている関係で、シンガポールドル・円の通貨ペアを考えた場合、滞在期間のわずか数日間であっても、できるだけ遅い段階で引き出した方がお得だという結果になったように思います。日本円の現金からの両替と比べて、2,000円から3,000円程度はお得だったと信じたいところです。しかし、普通の海外旅行であれば、せいぜい数万円~10万円程度であれば、5,000円以下の手数料や為替レートに神経をすり減らすよりも、それは誤差の範囲と考えて気にしない方が精神衛生上良いように感じました。

 クレジットカードの海外キャッシングを使う最大のメリットは、両替所にできた長い列に並ぶことなく両替できる点、両替所を探すよりもATMを探す方が楽という点に限るように思います。また、繰り上げ返済をすることによって、正規の引落しと比較して、1,000円の利息が節約できました。筆者の場合は、インターネットから手数料無料にて振込みができる環境を用意しているので気にならないのですが、手数料を使って銀行店頭まで出向くのであれば、繰り上げ返済をすることなく、次回のクレジットカードの支払いに併せた方が利便性が高いようにも感じました。いずれにせよ、あとは、人それぞれのスタイル次第だと思います。

2015年8月23日日曜日

シンガポール移動から帰ってきて早々に合宿のために九重へ移動します

 恒例の研究室の夏合宿に参加するために、九重にあるやまなみ荘に行きました。朝9時すぎに出発する予定だったのですが、結局、9時30分すぎに自宅を出発しました。それから、セブンイレブンに寄って現金を調達していると、福岡を出たのは10時前になってしまいました。福岡都市高速から九州道に入り、大分道を経由して九重エリアに入ります。途中のサービスエリアに併設されていたコンビニにておにぎりを買って簡単に昼食を済ませました。夏休み期間、日曜日、天気が良いと三拍子そろっていることから、下道も混雑していました。サンデードライバーというか、素人さんがトロトロ、フラフラ運転して危ないので、さっさと道を譲ってもらいました。

 12時すぎにやまなみ荘に到着して、ロビーにて待機していました。それから、和室に移動して、合宿の2つのセッションを済ませました。夕食は屋外にてバーベキューでした。さすがに、若い男どもが多いので、食べるペースも早く、おかわり自由と言われたおにぎりも、やんわりと提供を断られました。ものたりない学生さんたちは、どうやら、夜食にカップ麺を食べるようです。さすがに若い!

 夕食後は自由解散として、温泉に入ってから、和室にて二次会をはじめました。例年であれば、多少のアルコール飲料をやまなみ荘にて購入するのですが、何かしらの問題があったためでしょうか、アルコール飲料の販売が中止されていたようです。事前にその情報を得ていれば、往路のコンビニなどにて買い出しをすることができたのですが、後出しじゃんけんとはひどいものです。

 22時30分すぎに完全に解散した後は、23時すぎに自室に戻り寝ました。隣接する部屋からは学生さんの声もうっすら聞え、若い人たちは元気だなぁと思いました。

2015年8月22日土曜日

福岡に帰ってきました

 シンガポール移動も終わり、ようやく帰国しました。9時前に福岡に到着した後、荷物をピックアップして、入国手続きを済ませ、レンタルWi-Fiルーターを返却しました。すべての事後処理を終えて、タクシーを拾って自宅まで移動しました。ターミナル間の無料シャトルバス乗り場には長蛇の列ができており、こちらの人たちは国内線ターミナルに移動して、地下鉄やバスで帰宅するのだろうと予想されます。手荷物が少なければ筆者もこちらの集団に混ざるのですが、大きなスーツケースをかかえての移動はつらいので、素直にタクシーを拾いました。

 自宅に到着してから、大量の洗濯物の処理をはじめるとともに、貯まった郵便物関連の処理も行いました。洗濯機をフル稼働して、ようやく洗濯物の処理に目処がついたところで、うとうとしているうちに寝てしまいました。結局、復路の飛行機では寝ることができなかったので、睡眠時間の不足分をここで補うことになりました。夕方からは洗濯物をコインランドリーにて処理をして、大学に寄って書類の処理をして、イオンにて食料を調達して、温泉に入って今日の仕事を終えました。

 明日からは、1泊2日で九重にあるやまなみ荘において、研究室の合宿イベントがあります。それに備えて、移動の準備をしつつ、体をひとまず休めることにしました。

2015年8月21日金曜日

シンガポール移動(最終日)

 夏のシンガポール移動も残すところあと1日になりました。4日間の滞在で、都心ではなく、Journgというシンガポールの西側地区を満喫しました。シンガポールにも何回かきているので、趣向が変わり、シンガポールという国のまた違った一面をみることができたように思います。

 指定されたホテルのチェックアウト時刻は12時までですが、予定として、10時すぎにチェックアウトをして、所用を済ませた後、Journg駅周辺をもう一度散策してから、チャンギ空港に移動したいと考えています。いずれにせよ、フライトは日付が変わった深夜便なので、ゆっくりと過ごすことができそうです。深夜便や早朝便を使って移動する場合、最終的には睡魔との戦いになるのですが、チャンギ空港は時間をつぶすことができる施設がそろっているので、下手な空港にて待ち合わせをするよりは良かったと思います。

 さて、チェックアウト予定の時刻が近づいてきたので、荷物をまとめて出かける準備を整えました。すると、雨が降っていました。そのため、所用を済ませた後は、雨の中汗を流しながら出歩く気にもならないので、さっさとチャンギ空港に行くことにしました。お昼過ぎにチャンギ空港に到着して、手荷物を預け、出国手続きをさっさと済ませました。そして、制限エリア内にて、おそめの昼食を簡単に済ませました。

 フライトは深夜便であるため、適当にチャンギ空港で時間をつぶしました。とりあえず、いつものマッサージ屋さんにて、足つぼと指圧を受けて、うだうだしていました。23時すぎに搭乗ゲートが決定したので移動し、24時すぎにセキュリティを抜けて待合スペースにて待機しました。日付が変わって1時すぎに搭乗して、1時30分すぎに離陸しました。

2015年8月20日木曜日

シンガポール移動(3日目)

 朝7時すぎに起きてから、うだうだとすごし、9時すぎになって動き始めることにしました。11時20分からのセッションから聴講をはじめたいと考えていたので、ホテルを10時頃に出発すれば間に合うことになります。昨日の反省から、ホテルでタクシーを呼んでもらい、直接、会場に入ることにしました。フロントに行き、タクシーを呼んでもらうように依頼すると、ドアマンに頼んで欲しいと言われました。それから、ドアマンの兄ちゃんにタクシーを呼んでもらうと、十数分でくるということでした。また、筆者の前に一組の人たちが待っているので、その後になるということでした。しかし、前の人たちはどこかに行ってしまったようで、結局、数分の待ち時間でタクシーに乗ることができました。結局、タクシーを使ったのは正解で、十数分で会場に入ることができ、料金も11シンガポールドルほどでした。Boon-Ray駅からタクシーに乗っても7シンガポールドルだったので、素直にホテルから拾うのが大正解でした。

 会場に入ると、予定していたセッションの前のセッション(午前の一番)に間に合いました。午前中の2セッションの聴講を終わってから、Gmailに接続しようとしたとき、残念なことにGoogleの2段階認証が入りました。認証コードは携帯電話に向けて発信されるのですが、海外にいるため受け取ることができず、国際ローミングサービスで着信することなく、留守番電話サービスに接続されたようです。仕方がないので、別のノート型パソコンからGoogleにかろうじて接続して、Googleの緊急用のワンタイムパスワードを取得し、かろうじてログインすることができました。

 Googleのパスワード問題と格闘しているうちに、昼食の時間を20分も浪費してしまいました。とりあえず、ロビーに用意されていた軽食を適当にお皿に盛って簡単に済ませました。筆者の発表は最終セッションなので、午後のセッションも引き続き、発表予定の部屋にて聴講を続けていました。6件の発表のうち2件の発表者が欠席したため、予定よりも40分近く早く終わりました。

 午後のセッションにて無事に発表を終え、こじんまりとしたバンケットを済ませてホテルに戻りました。いくらシンガポールが治安が良いといっても、ここは日本ではないので、知り合いの先生たちについていき、最寄りの地下鉄Pioneer駅まで移動してタクシーを拾いました。

2015年8月19日水曜日

シンガポール移動(2日目)

 昨夜は22時すぎから寝始めて、今朝は7時すぎに起きました。本日から3日間の日程で国際会議APWCSが開催されます。現地受付は8時30分から、開催の挨拶や招待講演は9時20分からはじまります。そのため、9時すぎに会場入りすれば間に合う計算です。運営委員会が提示してくれていたルートに従って、Journg駅から地下鉄に乗り、Boon layで降りました。ここから、バス乗り場に移動して、179番のバスに乗り会場最寄りのバス停で降りれば正解です。

 いざバス乗り場に行くと、たくさんの人でごったがえしており、目的のバスにどこから乗って良いかさっぱり分かりませんでした。そこで、代替ルートとして示されていたタクシーを使って会場に向かうことにしました。なんとか定刻通りに会場に到着することができ、無事に受付を済ませられました。会場にて荷物を整理していると、ふと、名刺を持ってくることを忘れていることに気がつきました。過去の会議でも名刺交換をすることはほとんどなかったのですが、忘れてしまうとかなり心配になってきます。きっちりと準備を済ませたと思ってはいても、やはり細かいところが抜けてしまっているように思いました。

 国際会議の日程をこなしてから、Journg駅に戻り、近隣のショッピングモールをまわってみました。わずか数時間の滞在では、まったく見ることができず、次回シンガポールにプライベートで来たときにじっくりとみたいと思いました。夕食はJ Cubeの中にあった和食のお店にて、弁当スタイルで済ませました。結構、良い値段だと思っていたのですが、ジャポニカ米を使っていたので美味しかったし、値段の理由に納得しました。

2015年8月18日火曜日

シンガポール移動(1日目)

 昨夜は22時すぎに寝はじめ、今朝は5時すぎに目が覚めました。最終準備を済ませてから、セブンイレブンで買っておいたおかずで簡単に朝食を済ませました。プランAでは7時すぎに自宅を出発する予定でしたが、準備が早く終わったので、定刻よりも20分早く出発しました。国際線ターミナルに到着すると、ほとんど人がおらず、がらんとしていました。1階の到着エリアに降りて、Global Wi-Fiを受け取りました。受付は7時30分だったのですが、早めに受渡しをしてくれました。

 3階の出発エリアに移動して、シンガポール航空のカウンターに行きました。チェックイン手続きは、7時30分だったので、数分ほど近くのベンチで待ってから済ませることができました。セキュリティの開始は8時なので、ここで20分ほどの待ち時間がでました。まあ、遅れて手続きができないよりはましなので、気にせず近くのベンチに座って、資料のチェックをしていました。セキュリティゲートでは、うっかりと携帯電話をポケットに入れたままゲートを通ってしまったので、ボディチェックと再度ゲートをくぐらなければならなくなりました。先日の会員カードを忘れたり、セキュリティのうっかりミスと、凡ミスが続いているので、本当に気を引き締めないといけないと改めて思いました。

 制限エリアに入ると、コンセントが付いているパソコンスペースがありました。iPadとMacBookの充電を100%にしつつ、ブログ記事の編集作業を進めました。それと同時に、機内滞在に備えて、手荷物の入れ替えを済ませました。出発エリア、到着エリア、そして制限エリアと、無料の福岡シティWi-Fiの電波が吹いていたので便利だと思いました。一方、せっかくNTT docomoのdocomo Wi-Fi の会員になっているにも関わらず、認証の部分でエラーが生じてログインできませんでした。肝心なときに限って、使えないサービスだと思いました。帰国後に、再度確認をする必要があると思いました。

 出発の30分前から搭乗がはじまりました。はじめにビジネスクラスや優先搭乗の人たちが、そして機内後方の座席の人たちから順番に3グループに分けて機内に乗り込みました。フライトの時間は6時間30分だと想定していたのですが、機内スクリーンに表示された時間をみと5時間30分になっていました。どちらが正しいのかわからないのですが、早く到着する分には大いに結構なので、とくに気にすることなく過ごすことにしました。

 シンガポールに到着して、飛行機を降り、入国手続きに向かいました。シンガポールはアジアのハブ空港なので、誰かの後ろをついて行く方式は危険で、自分の頭でキチンと考えて自分の意志で進まなければなりません。また、私的には、アメリカ本土の次にシンガポールは入国審査にうるさいので結構緊張していました。実際、二人前の方は入国手続きの途中に別の担当官に変わって、ビザがどうたらこうたらと話しているようで、結局、入国することなく折り返していました。また、筆者の前の人は、入国書類の記入に不備があったのか、時間をとられていました。そんな状況でかなり怖かったのですが、筆者は何も聞かれることなく、何も言うことなく、無事に手続きをあっさりと済ませられて一安心しました。

 預けた手荷物をターンテーブルの前で待っていると、やはりプライオリティタグがついていないせいか、かなりの待たされました。ロビーを出ると、両替所の前にたくさんの人だかりができていました。シンガポール空港で両替するのがお得、そしてみんな現金から両替することが長蛇の列の原因だと思いました。筆者はそのれつを横目にタクシー乗り場に向かいました。その前に御手洗いを済ませておこうとトイレに向かう途中にATM群がありました。経験的にCITIバンクのATMは100ドル札が出てくる確率が高いので避け、VISA系列のPLUSのマークがあるOCBC銀行のATMを選択しました。クレジットカードが飲み込まれるリスクを低減するために、どこかの男性が使って問題ないことを確認してから、二番目に利用しました。マイナー通貨の両替は、クレジットカードのキャッシングが一番便利です。さしあたり、250シンガポールドルほど引き出すと、50ドル札が5枚でてきました。100ドル札が出てこなくて良かったです。

 その後、タクシー乗り場に戻って、係のおばちゃんに、レギュラータクシーを1台頼みました。今回のジュロン地区は、チャンギ空港から見て端と端になります。空港からホテルまでのタクシー料金は、28シンガポールドルでした。そこで、30シンガポールドルを渡しておきました。無事にホテルにチェックインを済ませたあと、近所にあったJ-CUBEや伊勢丹が入っているショッピングモールを軽く偵察に行きました。また、ジュロン駅の周辺では地元の屋台がたくさん出ていて、若い人たちで賑わっていました。並んでいる食べ物はとても美味しそうに見えるのですが、筆者の胃腸には厳しいと判断して見るだけで終わりました。

2015年8月17日月曜日

海外渡航前の最終準備を済ませました

 明日から週末まで海外にでるので、出国前の最終調整などを済ませました。午前中は大学に寄ってから、研究室のウェブサイトのアップロードと設定を行いました。午後からは、天神湯の華に行き会員証を受け取り、温泉と簡単に昼食を済ませました。それから、りらくマッサージに行き、帰りにガソリンを満タンにして帰宅しました。

 ナフコに寄って、携帯用ののこぎりを買い、駐車場の前にあるイチジクの木の枝が邪魔で駐車スペースに入れにくいので、暫定的にいくつかの枝を切りました。帰国後に駐車場の大家さんに電話をかけて、なんとかしてもらおうかと思います。残念なことに先週はお盆の週で休み、今週は海外なので早くても来週早々になります。木の成長は早くて、わずか1週間たらずで大枝が出入り口にはみ出してきます。

 木の枝を切ってから、邪魔にならない場所に片していると、近所に住んでいるおばさんが声をかけてきました。どうやら、邪魔にならない場所が、近隣の人の通路になっているようで、いいがかりをつけてきました。そもそも、筆者は駐車スペースを借りているだけで、本来であれば大家さんの仕事を仮にやっただけなのに、いちゃもんがうっとうしかったので反論していました。どうやら、相手は筆者が管理人だと勘違いしていたらしく、通路として利用している場所も、本来は通り抜けできない場所のようでした。すなわち、筆者には全く非がなく、変ないいがかりをつけてきたおばさんもばつが悪くなったのか、最後は早く話を済ませたがっていました。

2015年8月16日日曜日

ルーターが突然死しました

 自宅でノンビリ過ごしていると、とつぜんに、自宅のWi-Fiがつながらなくなりました。有線系ネットワークは生きていたので、どうやらWi-Fiルーターが故障したようです。Wi-Fi接続ができないと極めて不便なので、ヨドバシカメラ博多に買いに行くことにしました。いくつかの種類があったのですが、3,000円弱の11n/a/b/g対応のコレガのWi-Fiルーターを2台買いました。

 自宅に帰ってからさっそく設定を済ませてみると、あっさりと接続が完了しました。ブラウザベースのWi-Fi設定のやり方が分からなかったので、自動設定モードを利用してみました。とくに不満はないのですが、新型MacBookやiPad air2は11ac対応なので、帰国後にAmazonにて11ac対応のWi-Fiルーターを注文してみようかと思いました。

 また、サイフの中身を整理していると、天神湯ノ華の会員カードがなくなっていることに気がつきました。すぐに、フロントに電話をかけて事情を話すと、どうやら筆者の会員カードはフロントに届いているとのことでした。とりあえずよかったのですが、少し気が緩んでいるせいか、何かと抜けているような気がしたので、気を引き締めていきたいと思います。

2015年8月13日木曜日

福岡に向けて出発します

 お盆の一週間はのんびりと松山に滞在したいところなのですが、来週早々にはシンガポール移動があるので、早めに福岡に戻ることにしました。朝8時の防予フェリーにて山口に渡り、山陽道、中国道、関門海峡、そして九州道のルートにて福岡に入る予定です。

 ゴールデンウィークの場合であっても、防予フェリーは予約なしでも乗船できました。今回も予約なしで乗船ができたのですが、かなりきわどい状況でした。予約なしの車は筆者を除いて数台あったのですが、おそらく、最後の何台かは積み残しになった可能性があります。往路に関しては柳井港への到着時刻がよみにくいので予約をすると辛い部分がありますが、復路に関しては、予定時刻は十分に想定可能なので、次回からは確実に電話による予約をしておこうと反省しました。

2015年8月12日水曜日

ケーズデンキに行きました

 お盆経も終わったので、ケーズデンキに買い物に行きました。実家の家電関係の買い換えと、小型のモバイルバッテリーが欲しいと考えていました。また、最近のモバイル機器は充電の際に必要な電流が多く必要になることが多いので、旧来の旅行の際の充電関連セットのパック内容を見直し買い換えることにしました。

 昼食は近所に新しくできたコメダコーヒーにて済ませました。また、店内にはドコモのWi—Fiのスポットが敷設されていました。福岡でもソフトバンクのWi—
Fiスポットは簡単に見つかるのですが、ドコモはナカナカ出会えることが少なく、松山ではなおさらその傾向が強いかと思います。意外な場所でWi-Fiスポットに出会えました。

2015年8月11日火曜日

伊予鉄高島屋に行きました

 昨日とは違って少し曇っています。松山三越よりもにぎやかな伊予鉄高島屋にでかけることにしました。駐車場には車を止めることができたのですが、結構な混雑具合でした。やはり、夏休みなので、子ども連れの家族が多くきていました。いくつかめぼしい物を買ってから、地下に降りて食料品を購入して、上層階のレストランに移動しました。瀬戸内料理を提供する東雲にて、竹コース(松竹梅コースがありました)を選択しました。釜飯の具材は、もちろん、鯛めしにしました。伊予鉄高島屋では、2,000円以上購入すると、駐車場が2時間まで無料になります。しかし、少しオーバーしてしまったようで、160円ほど追加で料金を支払いました。

 夕方ごろから、外が涼しくなってきたので、再度、出かけました。近所のドラッグストアと、モンベル松山店に寄ってから、親戚の伯母さんの家に遊びにいきました。明日は、お盆経にお坊さんがやってくるので、ちょっとだけ気が張りつめそうです。

2015年8月10日月曜日

松山三越に行きました

 お盆を迎えるにあたって、買い物をするために、松山三越に行きました。福岡三越と比べて、人が少なめでした。ごったがえした店内と比べて、ゆっくりと買い物をすることができました。また、品揃えとして、松山のご当地のモノが多くあったので、福岡の三越とはちょっと違う感じがしました。

 帰りに新型MacBookのUSB-Cと一般的なUSBを変換するアダプターを買うために、ケーズデンキに寄りました。また、うちの母親が、扇風機が欲しいということで、小型の縦型の送風機を購入しました。夏場は扇風機として、冬場は温風ヒーターとして使えるタイプでした。ケーズデンキでは、購入額の5~10%を支払うことで、延長保証をつけることができるようでした。しかし、アメックスカードで支払ったため、自動的に家電の5年延長保証がつくためお断りしました。

 アメックスカードの家電保証をつけておけば、家電長期保証を受けるために、その都度保険料を支払ったり、エディオンのようにそこでしか買えないというような制約がないので便利だと思いました。もっとも、5年保証をつけたところで、実際にその恩恵を受けたことがないのですが、保険という商品の性質上、それは致し方ないということでしょうか。

 実はMacBookも保証を付けるためにアメックスで支払った上に、今回の家電の購入だったので、来週のシンガポール移動の際のクレジットカードのショッピング枠を多少意識せざるを得ませんでした。おそらく、30万円程度までは、与信が降りていると考えられるので、なんとかなりそうだとは思います。

松山に到着しました

 昨日の夜22時すぎに福岡を主発して、福岡都市高速、九州道、関門海峡、中国道、山陽道を経由して山口に入りました。熊毛インターチェンジから下道におり、柳井方面にすすんでいき、約30kmほど走ると柳井港に到着しました。往復のチケットを購入して、乗船のための車列にて1時間ほど待機しました。

 4時に出港だったのですが、乗船は10分位前までにははじまりました。筆者を除いてトラックが1台と普通車が数台だけでした。客室に移動して横になっていると、ウトウトしているうちに寝てしまっていました。柳井(山口)〜三津浜(松山/四国愛媛)の海上では、NTT DoCoMoのLTEが入っていました。瀬戸内海のほとんどは、携帯電話の海上エリアにはいっているので、モバイル環境としては良さそうです。

 朝6時半すぎに松山に到着して、そのまま自宅に向かいました。太陽が本格的に活動する前に移動が完了することができたので、ひとまず良かったと思いました。

2015年8月9日日曜日

松山に帰省するための準備をすすめます

 昨日は、弊学のオープンキャンパスがあり、私どもの研究室も展示を行っていました。風のうわさでは、なかなか評判が良かったようで、学生さんの努力の成果が結果として評価されたように思いました。その反省会という名の打ち上げ飲み会は、天神駅のビル内の居酒屋にて行いました。また、二次会は薬院駅の方へ繰り出しました。

 さて、本日は、深夜に松山に帰省するための移動を開始します。福岡-松山間の移動は、セオリー通りであれば飛行機を使うところですが、荷物を運ぶことや時間にルーズに移動できるという利点を考慮して、うちのおんぼろ軽自動車を使うことにします。19万キロを超えてきたので、長距離ドライブは避けたいところですが、まあなんとかなると安易に考えたいと思います。福岡から松山に移動させる荷物としては、120サイズのダンボール4箱、布団一式、あとスーツケース2個分の荷物です。120サイズのダンボールを2段重ねにして160サイズにして、ゆうパックを使うことを考えると、けっこうな節約になります。

 九州と四国を結ぶことを考えると、普通、大分の臼杵と佐田岬のルートを思い描くかもしれません。しかし、筆者は山口へ抜けて、柳井から松山に入りたいと思います。山口ルートを利用するメリットとしては、山陽自動車道が利用できるため大分道特有の山道ではない点、九州の渋滞スポットである鳥栖を避けられる点、ガソリンスタンドの心配が要らない点などがあります。また、大分ルートを使う場合、一般道を走行する区間がどうしても長くなってしまうため、山口ルートの方が運転の疲れも軽減できます。ちなみに、距離はどちらも同じくらいで、料金も目立った差は感じられないように思います。

2015年8月8日土曜日

久しぶりにブログをまじめに再開します

 何かと忙しい日々を送っていたという言い訳をしながら、久しくブログをサボっていました。筆者はLINEやTwitterといった、情報伝達速度が早すぎるツールは使う気がせず、また、Facebookはリアルな人間関係上、下手な投稿をすることができなくなりました。だからというわけではないのですが、文字制限やその他の制限なしで存分に記事を書くことができるブログというものを再開したくなりました。

 筆者が大学生や大学院生のときは、毎日投稿することが日課となっていました。そのときの感動というわけではないのですが、多少はキーボードをたたいて、“仕事”以外の部分でも、少し、インターネットの世界を楽しんでみたいと思います。確実に自己満足で、何の脈絡のない文章を徒然に綴ることになるかと思いますが、誰かが読んでくれることは全く期待せずに、テキトウに楽しみたいと思います。

過去の投稿は削除して新しくブログをはじめます

 過去のブログ記事は基本的に削除して、新しくブログをはじめることにします。よろしくお願いします。