2015年8月18日火曜日

シンガポール移動(1日目)

 昨夜は22時すぎに寝はじめ、今朝は5時すぎに目が覚めました。最終準備を済ませてから、セブンイレブンで買っておいたおかずで簡単に朝食を済ませました。プランAでは7時すぎに自宅を出発する予定でしたが、準備が早く終わったので、定刻よりも20分早く出発しました。国際線ターミナルに到着すると、ほとんど人がおらず、がらんとしていました。1階の到着エリアに降りて、Global Wi-Fiを受け取りました。受付は7時30分だったのですが、早めに受渡しをしてくれました。

 3階の出発エリアに移動して、シンガポール航空のカウンターに行きました。チェックイン手続きは、7時30分だったので、数分ほど近くのベンチで待ってから済ませることができました。セキュリティの開始は8時なので、ここで20分ほどの待ち時間がでました。まあ、遅れて手続きができないよりはましなので、気にせず近くのベンチに座って、資料のチェックをしていました。セキュリティゲートでは、うっかりと携帯電話をポケットに入れたままゲートを通ってしまったので、ボディチェックと再度ゲートをくぐらなければならなくなりました。先日の会員カードを忘れたり、セキュリティのうっかりミスと、凡ミスが続いているので、本当に気を引き締めないといけないと改めて思いました。

 制限エリアに入ると、コンセントが付いているパソコンスペースがありました。iPadとMacBookの充電を100%にしつつ、ブログ記事の編集作業を進めました。それと同時に、機内滞在に備えて、手荷物の入れ替えを済ませました。出発エリア、到着エリア、そして制限エリアと、無料の福岡シティWi-Fiの電波が吹いていたので便利だと思いました。一方、せっかくNTT docomoのdocomo Wi-Fi の会員になっているにも関わらず、認証の部分でエラーが生じてログインできませんでした。肝心なときに限って、使えないサービスだと思いました。帰国後に、再度確認をする必要があると思いました。

 出発の30分前から搭乗がはじまりました。はじめにビジネスクラスや優先搭乗の人たちが、そして機内後方の座席の人たちから順番に3グループに分けて機内に乗り込みました。フライトの時間は6時間30分だと想定していたのですが、機内スクリーンに表示された時間をみと5時間30分になっていました。どちらが正しいのかわからないのですが、早く到着する分には大いに結構なので、とくに気にすることなく過ごすことにしました。

 シンガポールに到着して、飛行機を降り、入国手続きに向かいました。シンガポールはアジアのハブ空港なので、誰かの後ろをついて行く方式は危険で、自分の頭でキチンと考えて自分の意志で進まなければなりません。また、私的には、アメリカ本土の次にシンガポールは入国審査にうるさいので結構緊張していました。実際、二人前の方は入国手続きの途中に別の担当官に変わって、ビザがどうたらこうたらと話しているようで、結局、入国することなく折り返していました。また、筆者の前の人は、入国書類の記入に不備があったのか、時間をとられていました。そんな状況でかなり怖かったのですが、筆者は何も聞かれることなく、何も言うことなく、無事に手続きをあっさりと済ませられて一安心しました。

 預けた手荷物をターンテーブルの前で待っていると、やはりプライオリティタグがついていないせいか、かなりの待たされました。ロビーを出ると、両替所の前にたくさんの人だかりができていました。シンガポール空港で両替するのがお得、そしてみんな現金から両替することが長蛇の列の原因だと思いました。筆者はそのれつを横目にタクシー乗り場に向かいました。その前に御手洗いを済ませておこうとトイレに向かう途中にATM群がありました。経験的にCITIバンクのATMは100ドル札が出てくる確率が高いので避け、VISA系列のPLUSのマークがあるOCBC銀行のATMを選択しました。クレジットカードが飲み込まれるリスクを低減するために、どこかの男性が使って問題ないことを確認してから、二番目に利用しました。マイナー通貨の両替は、クレジットカードのキャッシングが一番便利です。さしあたり、250シンガポールドルほど引き出すと、50ドル札が5枚でてきました。100ドル札が出てこなくて良かったです。

 その後、タクシー乗り場に戻って、係のおばちゃんに、レギュラータクシーを1台頼みました。今回のジュロン地区は、チャンギ空港から見て端と端になります。空港からホテルまでのタクシー料金は、28シンガポールドルでした。そこで、30シンガポールドルを渡しておきました。無事にホテルにチェックインを済ませたあと、近所にあったJ-CUBEや伊勢丹が入っているショッピングモールを軽く偵察に行きました。また、ジュロン駅の周辺では地元の屋台がたくさん出ていて、若い人たちで賑わっていました。並んでいる食べ物はとても美味しそうに見えるのですが、筆者の胃腸には厳しいと判断して見るだけで終わりました。