2015年12月31日木曜日

松山移動3日目~大晦日

早いもので今年も今日で終わりです。今朝は7時すぎに起きて、朝食を済ませました。環状線沿いにあるJAの青空市にていよかんが欲しいという家族の声を聞いて出かけたのですが、やはり時期が早いようで買うことはできませんでした。一方で、今晩の夕食の材料は買うことができました。それから、国道196号線を今治方面に軽く転がして道の駅に行きましたが、運が悪いことに休みでした。仕方が無いので、そのまま引き返して、旧国道196号線を松山方面に抜けて、コメダコーヒーにて昼食を済ませ、近所のスーパーマーケットにて明日の食料を確保しました。

2015年12月30日水曜日

松山移動2日目~高松に買物に行きました

久しぶりに高松に買物に行くことにしました。7時すぎに起きて朝食を済ませてから、8時すぎに近所のタイムズカーレンタルに歩いて行きました。事前に1,800ccクラスのガソリン車を予約しており、朝8時30分から夜の8時30分までの12時間のレンタルです。一度実家に戻って、荷物を積み込んでから、9時すぎに出発しました。そのまま、環状線を走って国道33号線に抜けました。松山インターチェンジから高速道路に上がり、高松西インターチェンジから国道11号線に入りました。


最初の目的地はゆめタウン高松です。ゆめタウン博多と比べて小規模にやっていますが、筆者が高松に在住していたころは、結構な頻度で通っていました。とりあえず、店内をざっくりと回ってから、1階のコーヒー館で休憩をして、食料品売り場にてお土産や夕食の買物を済ませました。


次に、国道11号バイパスに抜けて、高松中央インターチェンジ方面に向かいました。いつもの和希さんにて昼食にしようかと思ったのですが、あいにく臨時休業になっていました。しかたがないので、某谷川に行くことにしました。年末年始なのでもしかしたらしまっている可能性も十分にあったのですが、運良く営業していました。とりあえず、「大」にしました。久しぶりに「まともな」うどんが食べられて幸せです。


お腹もいっぱいになったところで、林地区にあるJAにて、お米と野菜を仕入れ、レインボー通り沿いにある文具生活に寄ってから、イオン高松店に行きました。イオン高松店には、大規模なモンベルストアがテナントで入っているので、欲しいと思う商品が簡単に手には入ってありがたいです。また、食料品を追加で購入して、ユニクロに寄ってから出発しました。

このまま、高速道路に上がってしまうのもあれなので、とりあえず、国道32号線に抜けて、国道377号線を経て、大野原まで下道をコトコトと走りました。久しぶりに香川の道を走れて懐かしかったです。大野原インターチェンジから高速道路に上がり、豊浜サービスエリアに寄って「観音寺(まんじゅう)」を買いました。これが手に入るのは、本店、JRの2駅、そして豊浜サービスエリア(下り)だけです。知る人ぞ知る隠れた銘菓です。もし、読者からの要望があれば、記事にしたいところです。ちなみに、お土産にしたくても、賞味期限が異様に短いので、遠方での販売には向かないということで、完全な地域限定のお菓子になっているのでしょう。

豊浜サービスエリアをでてからは、ひたすら松山自動車道を松山方面に走りました。西条インターチェンジ周辺、新桜三里周辺の上り坂は、筆者のムーブでは辛いのですが、さすが、マツダ車で1,800ccもあれば、余裕でグイグイとアクセルを踏んだ分だけ加速して車を転がす楽しさを思い出させてくれます。ああ、普通車を買いたいなぁ、買えるけどなぁ、現実的に福岡では要らないしなぁ、必要なときだけ好きな車をとっかえひっかえレンタルすればいいだけだしなぁ。という心の声、というか葛藤に悩まされそうです。

松山に到着してから、松山インターチェンジを国道56号線へ抜ける標識に従い進んでみました。いわゆる、現在工事中の外環状線です。前回走ったときは、脇道みたいな所を少しだけ走って、高架橋をちょっと走ったところで終点になりました。今回は、最初から高架橋を走れた所は進化していますが、すぐに終点になる部分はまだまだ工事が終わっていないようです。一方で、市坪あたりにて再度高架橋に上がれて、そこから、国道56号線にアクセスする部分は工事が完了しているようです。前回、松山に帰省したときは完成していなかった部分なので、少しずつ工事が進んでいるようです。

実家に到着してから、荷物をすべて降ろし、いつも行っているセルフのコスモ石油にてガソリンを満タンにしました。結局、25リットルほど飲んだので、思ったよりは燃費が良いという印象です。夜20時30分までレンタル時間はあったのですが、18時すぎには返却しました。帰りにセブンイレブンに寄って、体を温めてから帰りました。

2015年12月29日火曜日

松山移動1日目~親戚まわりと買い出しそのた

朝4時30分すぎに目が覚めると、船内放送にて松山・観光港へ到着したことが放送されました。基本的な下船の流れとしては、5時に到着した段階で車両で乗船した人と降りたい人は降ります。そして、一度、タラップが外され、次回は7時すぎに再度下船できるタイミングがやってきます。筆者の場合は車で降りてから実家に移動するだけですが、例えば観光客の場合であれば早朝に降ろされても困るわけで、町が動き出す7時すぎまでは船内休憩をすることができます。

松山観光港から徒歩にて移動する場合、最寄りの高浜駅までバスまたは徒歩にて移動して、それから市内方面の電車に乗って移動できます。とにかく不便な場所なので、荷物がある場合や急ぎである場合は、素直にタクシーを拾う選択肢が現実的かと思います。もうひとつの選択肢として、最近、松山観光港に隣接するタイムズ駐車場にてタイムズカーシェアが設置されました。もし観光港を玄関として松山の足を短期で確保するのであれば、タイムズカーシェアリングを利用する選択肢もあります。

さて、実家に帰って荷物を降ろし、朝食を済ませて一息をいれました。前回のたこ部屋と違って個室空間が確保されていたので、体がだいぶ楽でした。9時すぎくらいから、親戚周りと松山三越に買物に行きました。昼食は三越のレストランにて軽く済ませました。帰宅してから色々と片付けをしているとあっという間に夕方になりました。

夕食はキムチ鍋と、先日、某先生にいただいた日本酒をちびちびとやりました。私は半合ほどで満足したのですが、うちの母親は黙ってどんどん欲しいということで、好きなだけ注いであげると1合近くは軽く飲んでしまいました。年明けの繁枡はあるので良いのですが、大切に飲まないとあっという間になくなりそうです。


日本酒の後は、愛媛の石鎚山の麓にある西条市で作られている「石づち」と呼ばれる日本酒を使った米焼酎でちびちびしました。熊本・鳥飼に匹敵する、美味しい米焼酎です。愛媛県は栗も結構取れるみたいで、栗焼酎という興味深いお酒もあるようです。


何かと飲み会のときに、地元・愛媛の美味しいお酒を聞かれることが多いので、今回の帰省で愛媛と香川の美味しいお酒を予習しておこうと思います。とりあえず、愛媛の美味しい日本酒は、「石鎚」と「梅錦」 は確定しました。

ちなみに、お酒売り場を見ていて気がついた事は、愛媛と広島は文化交流が盛んなためか、酒所として知られる広島・西条の日本酒が幅をきかせているように感じました。

2015年12月28日月曜日

推薦入学組の入学説明会からの松山移動0日目~松山へ出発

今日の午前中は推薦入試合格者を対象とした説明会の日でした。例年、この時期に行っているのですが、今年はうちの学科のみ開催して他の学科はやらないようです。そのため、受付やその他の処理をすべてこちら側で手配する手間がありました。9時すぎに大学に行き、9時30分すぎから受付をはじめました。早い時間帯から高校生たちがウロウロしており、皆、初々しいです。また、高校の先生らしき人が、自分のところの人がきちんときているかどうか確かめにきていました。

10時すぎから学科主任の挨拶と学科紹介を行ったあと、入学までの間に行う課題の説明、休憩を挟んで数学と物理の試験を行いました。12時前に規定プログラムが終わったので、工学部の他の校舎を見学したあと、早々に食堂に向かいました。生徒さん(一応高校生なので...)たちに話をきくと、往路の地下鉄で知り合ったり、会場で知り合ったりと早速友だちができていました。案外とこのタイミングでできた友だちは、4年間一緒に行動することになったりするものです。また、LINEの交換をはじめて、LINEグループを結成したり、午後から二次会に向かう有志たちもいるようでした。

すべての日程が終わって、大学院生の子と簡単に世間話をしていると、4年生の子もやってきて世間話の輪に入りました。自宅に戻ってから最終の洗濯物を行い、松山移動に向けての最終の荷物の準備を行いました。それから、16時すぎまで1時間ほど休憩をしてから、荷物の運び入れと戸締まりを確認しました。16時30分すぎに自宅を出発して、いつものコインランドリーに向かいました。ここ数日の洗濯物を乾燥機にかけ、17時30分すぎに七隈エリアを出発しました。

本来であれば、ここからゆめタウンに行く予定だったのですが、状況から考えると思ったよりも時間がギリギリになるリスクが高いので、素直に高速道路に上がって小倉フェリーターミナルに向かうことにしました。福岡都市高速の西公園インターチェンジから上がって、福岡インターチェンジから九州道に入りました。途中の古賀サービスエリアにて、夕食としてちゃんぽんとチャーハンセットを食べました。


サービスエリアを19時すぎに出発してから、北九州方面に向かいました。途中のジャンクションから北九州都市高速に入り、小倉北インターチェンジを目指してグイグイと進みました。20時前に小倉フェリーターミナルに到着すると、車両搭乗の待ち行列の最後尾に駐車して、乗船手続きのために窓口に向かいました。窓口は空いており、すぐに自分の順番が回ってきました。前回はたくさんの人であふれかえっていたので覚悟をして挑んだのですが、拍子抜けしてしまいました。


前回のフェリー移動は、2等席にしたため、タコ部屋での宿泊になりました。今回は、前回の反省を踏まえて、2等寝台をとりました。両者の差額は3,000円程度あるので、往復にて6,000円近く必要になります。しかし、混雑が予想されるときにゆっくりと寝て疲れをとりたいので、そう考えると6,000円の価値は十分にあるかと思います。21時すぎからフェリーへの乗船がはじまりました。

フェリーに乗った後、指定された部屋にいくと、2段ベッドの上側が寝床でした。とりあえず、30分ほどは室内灯にてタブレットをいじっていたのですが、急激な眠気に襲われたので、携帯電話を4時30分にセットして、マナーモードにてポケットに忍ばせておきました。

2015年12月27日日曜日

ハローシムにチャージしました

ハローシムの有効期限は、最後に残高の変化があってから1年間になります。今年3月のクアラルンプール移動の際に通話利用をして以来、とくに利用した実績がありません。ハローシムを国内で利用するためには、別途登録手続きが必要です。筆者はこの登録手続きは済ませているので、例えば、国内でムダに電話を1本かけるだけでも良いことになります。しかし、それはもったいないので、年度末のハワイ移動に備えて、チャージによって残高を変化させることにしました。

ハローシムのホームページから個人ページにログインして、チャージを選択します。


チャージするボタンをおすと、チャージ可能な金額が選択できます。チャージ額は米ドル建て、請求は円建てになります。そのため、ドル円の相場によって、同じ1,000円をチャージしたとしても、チャージされる金額が変わってきます。すなわち、円高のときにチャージすれば多少はお得ということになるかもしれません。


支払方法としてクレジットカードを選択すると、VISAとMASTER以外であっても、JCB、AMEX、DINERSと、国際5大ブランドはすべて選択できるようです。もう一つの支払方法として、PayPalがあります。筆者はPayPalを利用しています。


PayPalは、メールアドレスを使った決済ができます。すなわち、クレジットカード番号という最重要情報をやたらとばらまきたくないとき、PayPalは最大の力を発揮します。PayPalについては、読者からの要望があれば、別途記事をまとめたいと思います。


ハローシムのページからPayPal決済のページに飛んでから、PayPayアカウントににログインをします。


内容を確かめてから、決済の続行ボタンを押します。


すると、ハローシムのページに戻って、SIMカードへのチャージ完了ページが表示されます。


念のためにマイページに戻ってみると、きちんとチャージが完了していました。

2015年12月26日土曜日

今日は2つのことを勉強になりました

1件目は、筆者が利用している「みずほマイレージクラブ・セゾン・ビュー・スイカ」と呼ばれるクレジットカーについて、このカード自体に搭載されているスイカの機能はクレジットカードの有効期限と同じであることを初めて知りました。今年の5月に期限が切れたクレジットカードには、まだ50円の残高が残っていました。


そこで、使い切ろうとして地下鉄の改札をタッチして抜けようとしたところエラーになりました。今使っているカードの有効期限は当面先ですが、こういう事態を防ぐために、モバイルスイカに一本化しようと思いました。

2件目は、「福岡市内で石を投げると、福岡大学関係者に当たる」というアノマリーです。そんなことはないと思っていたのですが、天神市内の某ショップの店員さんが福岡大学の卒業生だったようです。福岡市内のアルバイト労働力は、福岡大学の学生と中国人留学生でまかなわれているという説も、案外と本当かもしれないと感じました。

今日は天神まで出かけたので、夕食を準備するのが面倒なので、天神三越にて適当なお総菜を買ってきて済ませました。先日買っておいた、新潟・八海山の米焼酎を試してみました。これはこれで美味しいのですが、やはり、熊本・鳥飼の方が好みです。

2015年12月25日金曜日

三井住友VISAカードの付帯保険サービスをまとめてみました

はじめに、筆者はメインカードとして、三井住友VISAカードを愛用しています。最近、JCBプロパーカードのホルダーに使い心地を聴いてみて、育てるのであればJCBプロパーも良いなと隣の芝が青く見えております。ポイント還元率を重視する方は別のウェブサイトに行ってもらうとして、やはり、メインカードは三井住友VISAカード、JCBプロパーあたりからはじめるのが正解だと改めて思いました。

三井住友VISAカードの年会費は次表の通りです。表示は税抜きです。

年会費
クラシック クラシック(学生)
0円
クラシックA(学生)
250円
クラシック
1,250円
クラシックA
1,500円
ゴールド プライムゴールド
5,000円
ゴールド
10,000円
プラチナ プラチナ
50,000円

このとき、国内・海外の旅行保険は次表の通りです。ちなみに、旅行代金を当該クレジットカードにて決済をしたことを前提としています。また、クラシックカードは適用条件があるので注意が必要です。

クラシック ゴールド プラチナ
国内 傷害死亡・後遺障害 2,000万円 5,000万円 10,000万円
入院保険(日額) 5,000円 5,000円
通院保険(日額) 2,000円 2,000円
手術保険金 20万円 20万円
海外 傷害死亡・後遺障害 2,000万円 5,000万円 10,000万円
治療費用 100万円 300万円 500万円
賠償責任 2,500万円 5,000万円 10,000万円
携行品損害 20万円 50万円 100万円
救援者費用 150万円 500万円 1,000万円
国内・海外 乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航 2万円
手荷物遅延費用 2万円
手荷物紛失費用 4万円

海外旅行に無保険でいくアホは無視するとして、クレジットカードの付帯保険をベースとして、不足している部分をバラ掛けの保険で補うスタイルでも十分かと思います。とくに、治療費用保険は、100万円から500万円とありますが、最低でも2,000万円は欲しいところだと思います。

また、現金ニコニコ払いでは得られない得点として、ショッピング保険があります。クレジットカードを使って買った商品にトラブルが発生したときに補償が受けられるサービスです。

クラシック ゴールド プラチナ
ショピング 補償限度額 100万円 300万円 500万円
補償対象 分割・リボ すべて すべて
自己負担額 3,000円 3,000円 3,000円
対象期間 90日間 90日間 90日間

ここまでの内容を踏まえると、クレジットカード初心者の人はクラシックカードから使い始めて、クレジット決済に慣れる必要があるかと思います。一方で、付帯サービスだけではなく、付帯保険を見ても、たとえ年会費が高くなったとしても、クラシックカードよりもゴールドカードの方がコスパが良いかと思います。このあたりは、平均的な日本人のビジネスマンをよく分析して、ピッタリと合せてサービスを提供しているなという印象が強いです。

2015年12月24日木曜日

出張の際のモバイル環境を考える

筆者のモバイル環境は、OCNモバイルONEと呼ばれる格安SIMをiPad air2に入れて運用しています。ノート型パソコンにてインターネット接続をしたいときは、iPad air2をテザリングすることによって、モバイルルーターのように利用しています。データ専用プランにて1日あたり110MBまではLTEフルスピード、それを超えると200kbit/sに帯域制限がかかります。

さて、何ヶ月かに一度、学会などで出張することがあります。その際のモバイル環境としては、1日110MBでは何かと不安なところがあります。以前はWiMAXの1日プランを必要に応じて購入していたのですが、筆者が保有する端末は初期のWiMAXであるため、最近のWiMAX2には対応していません。ひとつの方法として、、WiMAX2に対応した端末を買うということを思案していました。

さて、ふとOCNモバイルONEのウェブサイトを眺めていると、追加容量オプションなるサービスを発見しました。このサービスは今日まで知らなかったのですが、540円を支払うことにより、申込みをした日に限って110MBの制限がなくなるというサービスのようです。


例えば、その日は確実にモバイル通信環境が十分に必要だと予想されるときは、朝一にオプションを申し込んでおけば良いということになります。実際に必要になるシナリオとしては、ノート型パソコンとのテザリング利用によると思います。ただし、いくら使い放題といえども、動画ストリーミングや大容量データの送受信だけは慎むことは心得ておく必要があると思います。


オプションの申込み方法は、アプリからインターネットにて手続きが完了するようで、簡単で便利だと思います。


これは、いい情報を仕入れたと思います。次回、必要なときは、OCNモバイルONEの容量追加にて対応したいと思います。

2015年12月23日水曜日

ハワイ移動に備えて米国からプリペイドSIMカードを取り寄せました

これまでのブログ記事において、海外における電話やインターネット接続に関するコンテンツをアップロードしていました。一方で、SIMフリー端末を持っており、3G(W-CDMA)、GSM、LTEの通信方式に対応しており、かつ各種メジャーな周波数バンドに対応していれば、国際ローミングをする必要性さえも微妙になります。すなわち、現地の携帯電話会社のプリペイド通話・データ通信プランのSIMカードを入手すれば、格安にてモバイル接続を達成することができます。

アジアの国々では空港のカウンターにて、手軽に現地プリペイドSIMカードを購入することができます。一方で、米国(やカナダ)では、手軽に購入とまではなかなか行かないのが実情です。そこで、今回はReady SIMと呼ばれる米国のMVNOサービスのプリペイドSIMカードを公式ウェブサイトにて注文して、国際郵便にて個人輸入することにしました。

Ready SIMには2つのプランがあり、通話+データ通信プラン、およびデータ通信専用プランになります。通話に関しては、別途国際ローミングした携帯、ハローシム、インターネットに接続された端末からSkypeやIP電話をかければ解決します。また、筆者はiPad air2にて使うことを考えいるので、素直にデータ通信専用のプランにしました。


ちなみに、通話+データ通信のプランは、有効期限とデータ通信容量の組み合わせにて、4種類のプランがあります。もし筆者が今回の移動にて買うとすれば短期滞在なので、7日のプランを選択するかと思います。


次にデータ通信専用プランを見てみると、容量別に500MB、1GB、2GBに分れています。筆者の普段の利用状況を考えると1GBで十分なのですが、もし途中で使い切ってしまった場合に容量を追加購入することは可能かと思いますが面倒くさいので、素直に2GBのプランをい選択しました。1週間ほどの滞在で、2GBを使えるということで、普通に使う分には全く困ることはないように思います。


国際郵便の荷物は、内側にプチプチが張られた厚手の封筒にて送られてきました。40ドルの代金に、送料として10ドルが必要でした。ただし、今回はキャンペーン期間だったので、この10ドルを差し引くことになりました。さすがに10ドルも取るだけあって、国際書留郵便の扱いで送られてきました。


パッケージは、薄っぺらい画用紙のカードです。4G LTE対応データ通信専用プラン、容量2GBまで、30日間有効のパッケージです。SIMカードのサイズは、iPad air 2に挿す関係でNano SIMです。


ちなみに、台紙パッケージを開けると、中にクレジットカードサイズのSIMカードが入っていました。良くあるパターンとしては、通常サイズ、マイクロサイズ、ナノサイズに対応した切れ込みが入ったSIMカードであることが多いかと思いますが、潔くナノサイズ専用ということのようです。


ちなみに、Ready SIMから広告メールが流れてきて、カナダ旅行の際に利用できるプリペイドSIMカードが紹介されていました。Roam mobility という会社のSIMカードで、滞在日数に応じて3種類のプランから選べるようです。


データ通信容量が500MBと少なめなので、Wi-Fiで節約しながら使ったり、必要に応じて容量を追加購入する必要がでてくるかもしれません。一方、カナダ国内の通話が無制限に無料という部分に着目して、例えばSkype to goと呼ばれるSkypeのサービスと併用すれば、日本宛の国際電話を格安にかけられそうな予感がします。

2015年12月22日火曜日

図書カードが磁気エラーで使えませんでした

某懸賞で当選した1,000円の図書カードを使おうとしたところ、磁気エラーにて使えませんでした。お店の人に封筒をもらい、住所・名前・電話番号を記述して郵送しました。封筒の裏書きによると、額面と同じだけの新しい図書カードを送ってくれるようです。

磁気カードの磁気エラーに遭遇するのは今回で2回目になります。ほとんど出会うことはないのですが、こういうこともあるということでした。

2015年12月21日月曜日

海外にて音声電話をかける別のやり方(続き)

はじめに、今回の記事において紹介する方法は、非常にややこしいです。実際に使うときは、公式ホームページを熟読しなければ使いこなすことは不可能だと思います。人によって、状況によって、場所によって、やり方が異なります。そのため、自分自身で良く勉強をして、最もコスパが良い方法を見つけて下さい。それができなければ、ブラウザをそっと閉じることをおすすめします。

さて、以前の記事「国際ローミングについて考えてみました」の文末において、固定電話回線やインターネット回線を使った、さらなる安価な通話方法があることに言及しました。結論から言ってしまえば、「ブラステル」です。ブラステルは、コンビニで入手できます。


ブラステルは、様々な電話のかけ方があります。基本的な考え方として、何らかの手段でブラステルのアクセスポイントに接続することを考えます。このとき、各アクセスポイントまでの回線の通話料金と、各アクセスポイントを使ったときの使用料金を足し算して、安価かつ便利な手段を選択していきます。

たとえば、ブラステル専用アプリ「050Free」がスマホにインストールされ、十分な通信品質のある回線に接続されているときは、050Freeを使ったIP電話が安価です。このとき、相手が国内の携帯電話であれば、1分間あたり11円で接続できます。ちなみに、国内トークパック60と呼ばれる、通話パックの料金設定もあります。

もし、十分なインターネット回線が使えないのであれば、ブラステルのアクセスポイントまで電話をかけてつなぐ必要があります。例えば、日本の携帯電話から、アメリカの電話に通話をかけるとき、その料金は次のようになります。このとき、ブラステル専用番号「0091-20」よりもフリーダイヤル「0120番」から電話をかける方が少しお得です。ちなみに、フリーレスというのは、050番、03・06・052番のいずれかまでの通話料金は別途必要です。例えば、NTT DoCoMoにおいて、かけ放題であれば、実質的に指定アクセスポイントまでの通話料は無料、アクセスポイントから宛先までは1分あたり3円ほどになります。


ちなみに、海外から電話をかける場合は、各国に設置された国際フリーダイヤルにつなぎます。例えば、ハワイであれば、米国のフリーダイヤル番号に電話をかければ良いことになります。もちろん、カナダであればカナダの番号があります。


電話のかけ方は簡単で、受話器をとって発信音が鳴っていれば、指定された番号に電話をかけるだけです。正しくつながると、いつも聞き慣れたガイダンスが流れてきます。一部の公衆電話において、発信音が鳴らないタイプがあります。そのときは、適当に一番安いコインを入れて発信音を鳴らしてから番号を打てば良いです。ちなみに、筆者がこれまでに使った電話は通話後にコインが戻ってきました。また、ホテルの部屋から電話をかける場合は、フリーダイヤルであったとしても、外線使用量として別途ホテルから請求されることがあります。筆者の経験では、1回あたり50円程度でした。

これ以外の手段としては、現地の携帯電話会社の回線を準備するやり方があります。毎月の定期契約であればハードルが高いかと思いますが、プリペイドSIMカードの契約であれば十分に可能だと思います。当然のことながら、現地の言語(少なくとも英語)によるコミュニケーション能力は必須だと思います。また、利用可能なSIMフリー端末を準備して、設定などの知識がなければムリだと思います。

最後にこれまでの議論をひっくり返すようですが、携帯電話会社の国際ローミングを使って、高額かもしれないけれど確実につながる電話回線を使う方が初心者の方にはベストかもしれません。

2015年12月20日日曜日

国際キャッシュカード(プリペイド)NEO MONEY(ネオ・マネー)について

海外のATMで直接的に現地通貨の現金を引き出す手段としては、クレジットカード(海外キャッシング)、国際キャッシュカード(新生銀行・楽天銀行)の他にプリペイド式のカードもあります。この手のプリペイドカードは色々とあるのですが、筆者はNEO MONEY(ネオ・マネー)を愛用しています。


ネオ・マネーは、大手の流通系クレジットカードの発行母体であるセゾンカードが発行しています。私的には、バックが大きいのは安心感につながります。カード発行の申込みは、インターネットからだけではなく、セゾンカウンターからも申し込むことができます。福岡市であれば、パルコ天神にセゾンカウンターがありました。

筆者の使い方としては、海外に行く前に、近所のセブンイレブンATMからネオマネーカードにチャージをします。そして、現地ATMからチャージした範囲内で現地通貨の現金を引き出しています。対応しているATMには、VISA/PLUSマークがあります。また、海外のVISAカードが使えるお店でもクレジットカードのように使えるようです。チャージして余った残高は、次回の海外旅行のときに使うという選択肢の他に、国内のVISAカード加盟店でも使えるようです。


他社のカードは有料とされていることが多いですが、年会費、カード発行手数料、チャージ手数料、口座管理費用など、維持費関係はすべて無料です。両替手数料としては、VISAインターナショナルが定めるレートに上乗せ4%です。また、ATM引出し手数料として、1回あたり200円が必要になります。国際キャッシュカード、三井住友VISAカードと比較してみます。

為替手数料
ATM手数料
利息
NEO MONEY
4.0%
200円
なし
新生銀行
4.0%
0円
なし
楽天銀行
3.0%
200円
なし
三井住友VISA
1.6%
216円
年利18%

ネオマネーカードは、他の手段と比較して割高感はありますが、そこまで不利な条件というほどでもないように思います。とくに、海外のATMでキャッシュカードやクレジットカードが飲み込まれてしまうリスクを考慮すれば、最悪切り捨てられるカードを1枚持っておくのも便利だと思います。

手数料の他にも、ネオ・マネーには、多彩なチャージ方法が用意されている点もうれしいところです。まず、銀行振込みによるチャージが可能です。対応している銀行は、都市銀行だけでなく、一部の地方銀行にも対応しています(対応銀行は公式ウェブサイトにて確認してください)。

都市銀行であれば、本支店間の振込み手数料は無料ですし、生活費のやりとりがある地方銀行でも、類似のサービスにより慣れた方法でチャージできるかと思います。地元・松山の伊予銀行も対象になっているのが、ちょっとうれしいです。


原則として、本人によるチャージが基本になりますが、手続きにより代理人によるチャージも可能なようです。例えば、本人が海外に留学しているときに、日本にいる家族の人に、少しずつチャージしてもらうというシナリオがあるかと思います。

一方で、海外において、安全なインターネット回線を確保できるのであれば、インターネット銀行からのクイックチャージを利用する方法もあります。本ブログの読者であれば、すでにネットバンクとネット証券を組み合わせて(要するに楽天銀行/楽天証券)利用しているかと思いますので、まどろっこしいことをしなくても、気軽にチャージすることが可能だと思います。

2015年12月19日土曜日

OneDrive が今さらながら便利だと思います

クラウドストレージといえば、Dropboxが有名かと思いますが、Microsoftが提供するOneDriveもなかなか便利だということに気がつきました。OneDriveが有利な点は、Microsoft Office関連との連携がとても素晴らしいことになっています。

はじめに、OneDriveを利用するためには、Microsoftのアカウントを作成しなければなりません。OneDriveのアカウントさえあれば、Skypeのアカウントとも併用できて便利です。無料の特典として、OneDriveのクラウド容量を15GBを提供してくれます。※ただし、来月から5GBに減らされるようです。現在15GBの特典を得ているひとも、申請しなければ5GBに削られるようです。


使い込んでいくうちに、15GBでは容量が不足してくるかと思います。そういうときは、Office 365 soloを契約すれば容量が1TBに拡張されます。


OneDriveの使い方は簡単で、Windowsパソコン、Macbook、Androidスマホ、iPhone、iPadなどの端末に専用アプリをインストールすれば使えます。


筆者が冒頭にて驚いたのは、ブラウザベースのOffice系ツール、Word、Excel、Power Pointが使えることです。Office Onlineと呼ばれるようで、パソコンにインストールされたOfficeの簡易版となっていますが、普通に使う分には十分すぎるほどの性能だと思います。


例えば、オンライン版Wordを使って、簡単な文書ファイルを作成してみました。


作った文書ファイルは、そのファイルが属するフォルダごと、共有することができます。Dropboxのように、アカウントを指定して共有するだけではなく、リンクアドレスを取得して、そのリンクアドレスを知っているユーザが閲覧・編集ができるといった共有が選べます。ちなみに、編集する場合は、マイクロソフトアカウントが必須のようです。 


One Driveのアプリを使わなくても、ブラウザベースにてアップロードやダウンロードが使えます。ダウンロードに関しては、複数ファイルを選択した場合は、ZIP圧縮されたアーカイブにてダウンロードになります。


これだけできて、15GBまで無料です。Office 365ユーザは1TBまで使えます。1TBも容量は不要だし、Office 365を買うのも高い、だけど15GBでは足りないという人は、毎月170円の有料プランに入れば、50GBまで使えるようになるみたいです。


Dropbox大好きユーザーの筆者が、OneDriveに大きな好感を寄せています。Dropboxはプライベードや自分専用ファイルの共有・バックアップ、OneDriveは、他の人たちと共有したりOfficeソフトとの親和性が求められるとき専用と使い分けられそうです。