2015年12月13日日曜日

ぬか床をはじめました

うちのボスに触発されて、ぬか床をはじめることにしました。きっかけは、一人暮らしの場合、どうしても野菜を買っても食べきれずに捨ててしまうことが多少なりともあるからです。他の食材については、お米は毎回1合ずつ炊いて余った分は冷凍保存、お肉も500グラムずつ三越の量り売りで買って、70グラムずつに分けて冷凍保存で解決できます。しかし、タマネギなどの長期に保存できる野菜を除いて、冷凍保存で解決できない野菜の処理に困っていました。こういうとき、残ってしまいそうな野菜は、ぬか床に漬けておけばムダ無く食べきれるということです。昔の人の知恵は侮れません。

はじめに、伯方の塩を200グラムを用意して、沸騰した水1リットルに溶かし込みました。


冷めるのを待っている間に、ホームセンター・ナフコで買ってきたホウロウ容器にぬかを850グラム入れました。ここで、先の食塩水が冷めるまで待機です。


午前中に仕込み作業を終えて外出して、帰宅してから続きを行いました。とりあえず、唐辛子、昆布、捨て野菜(キャベツ、大根、ニンジン)を漬けました。これから、ぬか床ができるまでは様子を見たいと思います。