2015年12月27日日曜日

ハローシムにチャージしました

ハローシムの有効期限は、最後に残高の変化があってから1年間になります。今年3月のクアラルンプール移動の際に通話利用をして以来、とくに利用した実績がありません。ハローシムを国内で利用するためには、別途登録手続きが必要です。筆者はこの登録手続きは済ませているので、例えば、国内でムダに電話を1本かけるだけでも良いことになります。しかし、それはもったいないので、年度末のハワイ移動に備えて、チャージによって残高を変化させることにしました。

ハローシムのホームページから個人ページにログインして、チャージを選択します。


チャージするボタンをおすと、チャージ可能な金額が選択できます。チャージ額は米ドル建て、請求は円建てになります。そのため、ドル円の相場によって、同じ1,000円をチャージしたとしても、チャージされる金額が変わってきます。すなわち、円高のときにチャージすれば多少はお得ということになるかもしれません。


支払方法としてクレジットカードを選択すると、VISAとMASTER以外であっても、JCB、AMEX、DINERSと、国際5大ブランドはすべて選択できるようです。もう一つの支払方法として、PayPalがあります。筆者はPayPalを利用しています。


PayPalは、メールアドレスを使った決済ができます。すなわち、クレジットカード番号という最重要情報をやたらとばらまきたくないとき、PayPalは最大の力を発揮します。PayPalについては、読者からの要望があれば、別途記事をまとめたいと思います。


ハローシムのページからPayPal決済のページに飛んでから、PayPayアカウントににログインをします。


内容を確かめてから、決済の続行ボタンを押します。


すると、ハローシムのページに戻って、SIMカードへのチャージ完了ページが表示されます。


念のためにマイページに戻ってみると、きちんとチャージが完了していました。