2015年12月1日火曜日

新型Macbookが起動しなくなりました

はじめてのMacbookということで、今年の夏頃に買った新型Macbookですが、早速電源ボタンを押しても起動しなくなりました。ただし、電源ケーブルを接続すると、数回に1回は起動するという謎の現象です。Windowsパソコンであれば、バラして修理するのですが、Macbookはそれができないので修理を依頼することにしました。

とりあえず、勝手が全く分からないので、Macbookを購入したアップルストア福岡天神店に持って行きました。店頭のスタッフを捕まえて聞いてみると、確かに電源スイッチを押しても電源が入らないということなので、技術サポートが必要と言われました。それで話を終わろうとされたので、どうすれば良いか聞いてみると、コールセンターに電話をかけて予約をとってくれと言われました。

「その電話番号は?」と筆者が聞くと、店員は「スマホか何かお持ちではないですか?」と聞き返されたので、「そんなものは持っていません」と丁寧に返答しました。すると、フリーダイヤルの番号が書かれたメモを渡されました。この時点で、極めて不親切なマニュアル対応にいらだちを隠せないのですが、とりあえず、電話をかけてみました。

当然のことながら長らく待たされて、ようやくアドバイザー?に電話がつながりました。そこで、電源が入らない点、アップルストアに持ってきた点、店員に予約をとれと言われた点を告げると、アドバイザー曰く「今週の金曜日であれば予約が可能であるので出直せ」とのこと。ここで、さすがにくるものが来たので、「わざわざ出向いてきて、サポートの仕組みの説明もなく、3日も待たされ、改めて出直せ?明白に初期不良故障なのだから、さっさとセンターに送って修理対応くらいしろよ」ということをやんわりと(あくまでやんわりと)伝えたところ、提携しているサポート窓口があると代替案がでてきました。

そこで、「お客様の郵便番号は?」と聞かれました。ここで、「自宅の郵便番号を言ったところで、自宅周辺の窓口を案内されても、既に天神に出てきているわけで、また引き返して明日にでも修理依頼をかけろと?状況から考えると、アップルストア天神周辺の窓口を案内するべきではないか?」ということをやんわりと2回ほど伝えたところ、その意図をくみ取ってくれ、ビックカメラ天神店を案内されました。

ようやく次のステップに進めそうです。ビックカメラ天神店に持って行くと、店頭スタッフが気持ちよく対応してくれました。こういうことだったら、パソコンは販売よりも修理サポートこそが命なのだから、意識高い系の巣窟となっているアップルストアをさっさとつぶして、ビックカメラさんのような素晴らしいサポートができる店を増やすべきだと強く感じました。

最終的にどうなったかと言えば、ビックカメラ天神店のスタッフの方により、パソコンのチェックプログラムを走らせ、すべての部品に異常がないことが確認されました。しかし、電源スイッチを押しても電源が入らない症状は確認されているので、修理センターに送って詳細なチェックと疑わしい部品の予防交換がよいだろうということになりました。あとの処理はビックカメラさんに任せて、1週間から10日前後ほど待つことになりました。

今回の一件を受けて、パソコンを買うのであれば、要するにPanasonic Lets Noteだと思いました。また、アップルストアでのサポートはカスなので、提携している良心的なお店を捉まえてそちらをひいきにするのが正解だと思いました。

さらに、このような対応をしているアップルに先はないと思ったので、アップルが関係している株式、その株式が組み込まれている金融派生商品の解約処理をすすめることにしました。逆に、ビックカメラさんの株式は、購入リストに列挙させました。