2016年1月27日水曜日

「米国は『ビザ免除プログラムの改定』の施行を開始します」の件

ハワイ移動に関係して、国際会議の事務方からメールが流れてきました。ビザ免除プログラム、要するにESTAの条件が変更になったようです。結論から言えば、「イラン、イラク、スーダン、シリア」に行ったことがある場合、通常のビザ発行手順を踏む必要があるということです。


筆者は、アフリカ、中東、南アメリカの土地を踏むことは生涯ないと考えています。そのため、既にESTAはOKをもらっており、かつ上記の条件に引っかかることはないのでOKかと思います。念のために、既に取得済みのESTA登録情報を閲覧してみましたが、もちろんOKのままでした。

この影響としては、ビザ発行手続きの期間が長引くことになりそうです。今でも1カ月はみているかと思うのですが、2カ月はゆとりを持たせた方が良さそうです。