2016年2月16日火曜日

高松移動2日目~福岡に帰ります

朝7時すぎに起きてから、ホテルを8時すぎにチェックアウトしました。兵庫町商店街を片原町方面に移動していると、適当な喫茶店があったので、30分ほどコーヒーブレイクにしました。


それから、琴電・片原町駅から乗って、太田駅にて降りました。太田駅から香川大学工学部があるインテリジェントパーク方面にはシャトルバスが走っています。筆者が高松を離れるときに試験運転をしていたのですが、案外と需要があるということなのか、本格的な路線バスに昇格しているようです。今まで香川大学工学部へのアクセスは、バスしか選択肢がなくて、とても不便だったのですが、アクセスが多少なりとも良くなった印象です。琴電からバスにIRUCAと呼ばれる琴電のローカルIC電子マネーを使うと100円引きとなるため、実質的にバスの運賃の100円が無料になるようです。

10時に師匠を訪ねて、12時すぎまで打合せを行いました。うちの大学は卒論しめきりはすでに終わっているのですが、香川大学さんは今がその時期のようで、先生方も慌ただしい様子でした。どうしても、卒論・修論、そして入試関係が終わらないと、なかなか年度として一段落が付きにくい状況はどこも変わらないようです。

14時すぎに太田駅にて別れて、そのまま琴電にて高松築港駅まで移動して、快速マリンライナーにて岡山駅まで移動しました。岡山駅から新幹線に乗り換え、18時すぎに博多駅に到着しました。博多駅からは地下鉄を使って、最寄りの別府駅まで移動しました。途中の三越天神にて夕食と翌日の朝食を仕入れて帰りました。


追伸:高松のお土産は、高松の有名な日本酒「金陵」にしました(写真の右側)。また、来週のタコパの話をしたところ、うちの師匠より、もう一つ有名な高松の日本酒「綾菊」を手土産にて差し入れてくれました(写真の左側)。高松の地酒として有名なツートップを来週のタコパにて差し入れいたしますので、関係者の皆様はお楽しみに...。