2016年3月30日水曜日

「平成28年度分から福岡市税はクレジットカードにて納付できます」の件

福岡市の税金がクレジット決済にてオンラインで処理できるようになったようです。ただし、10,000円ごとに73円の決済手数料が発生するようです。したがって、素直に、コンビニ払いからのナナコ決済のルートを維持ということでしょうか。

いずれにせよ、新しい決済ルートが新設されたことは喜ばしいことです。

2016年3月29日火曜日

いよいよビットコイン登場か?

マネーパートナーズ証券がビットコイン事業に乗り出す可能性は、ずいぶん昔から示唆されていたかと思います。ふと、ホームページをみてみると、ビットコインに関する情報配信がはじまったようです。


私的にはビットコインのような裏付けのない通貨は信用力の点で避けているのですが、決済や他の用途に使えないか興味深いところではあります。某国ではマネーフライトに使われていたり、怪しい商品の決済に使われていたりしているようですが、もっと建設的に利用できないか期待したいところです。

2016年3月28日月曜日

祖父の七々日の法要を終えました

先週末は祖父の七々日の法要のために、松山に帰省していました。うちの父親が亡くなっている関係で、その代理としての役割もあるわけで、とても疲れました。いずれにせよ、今年は色々とバタバタする一年になりそうです。

2016年3月22日火曜日

この支払い方法はマスターしたい

JALカードが提案しているこの支払い方法はちょっとマスターしたい。

2016年3月21日月曜日

天神を散策しました

三連休も終わりを迎えるということで、天神エリアを軽く散策しました。福岡三越、岩田屋あたりにて、衣料品を適当に買いました。ビッグカメラ、ロフト、カホパーツあたりはルート外だったので、次回はそのあたりをマニアックに攻めたいと思います。

また、久しぶりに大丸も冷やかしに行ってみると、ハラダのラスクが出店していました。これで、博多の阪急百貨店まで買いに行かなくても、天神エリアで購入できるので便利になりました。

2016年3月19日土曜日

三連休です

三連休のはじまりです。とりあえず、洗濯物を片付けたあと、鳥栖プレミアムアウトレットモールにでかけることにしました。福岡市内を9時30分ころに出発して下道をコトコト行こうとしたのですが、大渋滞に巻き込まれてしまいました。結局、鳥栖に着いたのは12時をまわってしまいました。

ウォーキングシューズやTシャツを適当に買って、筑紫のインターチェンジまではバイパスを使い、それ以降は高速道路を使って帰りました。やはり、三連休ということで、皆、考えることは同じということでしょう。福岡市内から郊外(とくに鳥栖方面)にかけて大渋滞でした。一方で、逆方向はそんなに混雑していませんでした。

2016年3月18日金曜日

新幹線の車内販売にてクレジットカードが使えるようになったのか(素晴らしい!)

新幹線の車内販売にて、クレジットカードが使えるようになったようです。ただし、JR九州・JR西日本・JR東海にまたがる、九州新幹線・山陽新幹線の区間、鹿児島中央~東京では、博多~新大阪までに限定されるようです。なんと、中途半端なシステムだ。たとえば、博多から名古屋に出張するとなれば、車内販売は新大阪までに済ませておかなければならないということです。

筆者は車内販売では、水やお茶を良く買います。そして、そのためだけに、お釣りの苦労をかけたくないので、小銭をジャラジャラと用意しています。これが、キャッシュレスになると考えると、とても素晴らしいと思います。

2016年3月17日木曜日

新しいeMAXISシリーズが追加されていました

筆者が愛用している投資信託シリーズのひとつであるeMAXISシリーズに、新しいラインナップが増えていました(http://emaxis.muam.jp/text/release_160314.pdf)。新しい金融商品は、完全にパッケージ化されて中身が見えないという欠点があるものの、リスクとリターンの計算が面倒くさいという人は好都合かもしれません。

筆者は、「ダイヤモンドザイ4月号」において、福岡県・31歳・男性の読者の声に採用された通り、引き続きコツコツと長期のインデックス投信の積立を目標としたいと思います。そのうえで、eMAXISシリーズの8資産分散だけで十分かと思います(あくまで筆者のスタイルですよ。)。

2016年3月16日水曜日

信学会の総合大会に参加するために九大(伊都キャンパス)にでかけました

うちの研究室の学生さんの学会デビュー戦に付き添うために、九州大学の伊都キャンパスにでかけました。地下鉄七隈線にて天神に出てから、直行バスに乗ろうかと考えていました。しかし、通り過ぎるバスは人が大量に乗っており、臨時バスが出ているとはいっても長い行列が捌ける気配はありませんでした。

そのため、その行列を通り過ぎて地下鉄空港線に乗り換えて、九大学研都市駅まで移動しました。案の定、駅を出ると九大行きのバスを待っている長い行列ができていました。ただし、次々とバスがやってきて人を運んでいるので、思ったよりも待ち時間なく会場に到着できました。

とりあえず受付を済ませて、ホットコーヒーを仕入れてから、発表会場に行きました。すでに学生さんは待機をしており、必要な書類などは済ませていたようです。午前の最初のセッションの最終発表なので、待っている時間が辛かったかと思います。初めての発表にしては、よくがんばっていたように思います。これから徐々に慣れていけば良いかと思いました。

筆者の前に座っていたひとは、予稿集をチェックしながら、手帳に何かしらのメモをとっているようでした。意外と関心があるようなテーマだったのかもしれません。また、質疑応答に関しては、聴講者からの挙手があり、案外と活発な議論があったように思います。ただし、ある程度は学生さんの力だけで頑張ってもらおうかと思っていたのですが、いよいよの所では、今回だけは少しヘルプを出してあげました。

追伸:逆の立場で、筆者のときは、何のヘルプもなく、セッションが終わって、廊下でニヤニヤしていたり、必死で死ぬ気でやっているときに遅れてこられたときには、ときとして殺意さえわいたこともあります。そういう思いだけは、学生さんにはさせないように肝に銘じています。


2016年3月14日月曜日

2週間ほど福岡を離れていたので色々と片付けることが多々...

学会のはしごをしていたので、かたづけなければならないことが多々あります。午前中は出張報告書類を片付け、午後からは書類の整理と5月のクアラルンプール移動の確認、そして9月の国際会議投稿のための下準備を済ませていきました。並行してうちの学生さんが初めての学会発表を明後日に控えて、いくつか技術面以外の部分のアドバイスなどをしてみました。

自宅に帰ってからは、洗濯物を片付け、ゴミを片付け、部屋を片付けです。しばらく、慌ただしくなりそうです。

2016年3月13日日曜日

3月上旬の移動生活を終えて

今回のハワイ移動を終えて、ようやく3月上旬の慌ただしい移動生活も終わります。また、SKYPEにて、うちの学生さんより、3アマの免許証が届いたという、うれしい連絡もはいりました。自動車の運転免許証と同じように、無線従事者の免許を持つと、実際に電波を出して運用したくなるものです。幸いな事に弊学には、アマチュア無線クラブもありますので、自分自身の無線局を開設するまでの間は、試しに利用させてもらうことも考えなければなりません。

さて、来週からは、信学会の総合大会がはじまります。学会のはしごの締めくくりと言えるかもしれませんが、地元にて開催されるということで、幾分、足を運びやすくなっています。とはいっても、今回は、仕事を片付けていきたいので、共著にて投稿している発表にだけ軽く顔をだしておくだけにしたいと思います。

できる限り、仕事をすすめておき、週末の三連休はゆっくりと体を休めたいところです。

2016年3月12日土曜日

クオーターコインコレクション

筆者の密かな楽しみのひとつに、米国のクオータコイン集めがあります。クオーターコインとは、25セントコインで、日本人の感覚から言えば、25円玉なんてなんて使い勝手が悪いのだろうと感じますが、これが何かと重宝します。そして、クオーターコインには、普通のコインの他に記念硬貨があります。ちょうど、日本の500円玉で全国の都道府県の柄があしらわれた記念硬貨が発行されているようですが、同じように米国の全州のイラストつきクオーターコインがあります。


銀行に行ってクオーターコインを両替してもらえば早く解決するのかもしれませんが、そういう大人げないことはせずに、自然とお釣りでもらえるクオーターコインの中から記念クオーターを探すのが楽しみです。今回のハワイ移動によって、次の5種類の記念クオーターを入手することができました。ちなみに、全州を制覇した後は、現在も発行されている米国の国立公園シリーズが随時発行されているようです。

・Minnesota
・Oregon
・U.S. Virgin Islands
・Texas
・Indiana

記念コイン集めといえば、子どもの楽しみといわれそうですが、これが結構楽しいです。また、記念コインを集めることによって、米国の州の名前や場所を覚えるという側面もあって良さそうです。本ブログの読者の方は、ぜひとも記念クオーターコイン集めをやってみませんか?

2016年3月11日金曜日

ハワイ移動6日目(3/10-11)~日本に帰ります!

名残惜しいですが、日本に帰る日がやってきました。 <※ようやく、おうちに帰れます。 >朝7時すぎに起きてから、二度寝をして、8時すぎに本格的に起きました。適当にパンを2切れほどかじってから、スーツケースの最終的なパッキング作業を済ませました。ホテルのフロントに寄ってチェックアウトをして、リゾートフィーを50ドルほど支払いました。タクシーを呼んでもらおうと尋ねてみると、エントランスにいるドアマンが呼んでくれるシステムのようでした。荷物を抱えてエントランスに出ると、タクシーを手配してくれ、丁寧に御対応いただいて<※あろうことか>スーツケースの積み込みまでやってくれました<※チップが必要になってくるじゃないか、余計なことを...>。

素晴らしいワイキキエリア<※良いカモからお金をふるい落とさせるための専用エリア>を離れて、ハイウェイに乗って、約30分弱で空港に到着しました。タクシー料金として、50ドルほど支払いました。空港からワイキキエリアのタクシー料金は、片道あたり40から60ドルほど必要なようです。空港に到着してから、早速、手荷物を預けるためにJALカウンターに寄りました。前回は搭乗チケットにゴールドゲートという表示がありましたが、今回はありませんでした。そこで、カウンターのお姉さんに今回はゴールドゲートではないのですか?と尋ねてみると、ゴールドゲートと書かれたシールをぺたっと貼ってくれました。おかげさまで、抜けるのに2時間はかかりそうな長蛇の列を尻目に、セキュリティエリアに難なく抜けることができました。

制限エリアに入ってからとりあえずお腹が減ったので、フードコートにて朝食をとることにしました。アメリカンスタイルとして、トースト、スクランブルエッグ、ベーコンのプレートにしました。コーヒーのスモール(小)サイズを頼んだのですが、ドリンクコーナーにて好きな飲み物を好きなだけ飲めというシステムです。これであれば、ラージサイズ(大)を買うのではなく、小のカップで2杯なり3杯なり飲むという選択肢が正しいように思いました。ちなみに、飲んでも飲んでも珈琲がなくならないのでふとカップの下を見てみると、500mLのカップでした。仮に1杯分の珈琲を飲むと言うことは、ペットボトル1本分ということでしょう。もったいないとは思いましたが、3分の1ほど残しました。



機内持ち込みのスーツケースに、若干の隙間があったので、制限エリア内のショップにてホノルルクッキーをいくつか買いました。ちなみに、実家に電話をかけてみると、母ももっと欲しいと言ってきたので、さらに買い足しておきました。11時頃からサクララウンジにてパソコンで作業をしてから、12時すぎには待合スペースに移動しました。

優先搭乗にて飛行機に乗り込んでから、ウトウトしている間に、1時間ほど寝てしまいました。目が覚めてから、往路にチェックしておいた、007の映画「スペクター」を鑑賞しました。この時点で3時間、あと5時間近く残っています。夜間であれば少しでも寝ておいて体を休めるのですが、昼間の移動になるので、へたに昼寝をすると夜が眠れなくなって時差ボケになってしまいます。そこで、ノート型パソコンにて、ひたすらに論文執筆にいそしみました。日本語かな漢字変換ソフトATOKさんが、「入力が長くなってきたので休憩しろ!」と警告をだしてきたので、フライトアテンダントさんにホットコーヒーをリクエストして一息入れました。

成田空港に到着してから、入国審査を終えて、ターンテーブルにて流れてくる荷物をピックアップしました。それから国内線のカウンターに移動して、クラスJシートに残席があるということで、1,000円でアップグレードしてもらいました。国内線の普通席からクラスJシートにアップグレードしてもらうときは、1,000円+αの料金が必要です。しかし、国際線の乗継ぎのために国内線を利用するとき、クラスJシートにアップグレードするときは、税金か何かの関係で、1,000円でお釣りが返ってくる料金になります。少しお得です。福岡空港に到着してから、日本円の現金が2,000円しかなかったので、福岡空港内にあったセブン銀行のATMにて現金を調達しておきました。

2016年3月10日木曜日

ハワイ移動5日目(3/9)~座長と発表とフィナーレへ

今日の日程としては、11時からの午前IIセッションの座長と、15時からの最終セッションでの発表があります。朝8時すぎに起きてから、うだうだしながら、昨日買っておいたシリアルに牛乳をかけて食べて簡単に朝食を済ませました。9時30分すぎにはホテルを出発して、会場のヒルトンホテルまで移動しました。午前Iセッションがはじまっていたので、静かに聴講をしてみました。

午前Iセッションが終わってから、最前列のエリアとAC電源のコンセントを確保して、コーヒーブレイクにしました。今回、頼まれていたセッションは学生さんの発表がメインで、5件のプレゼンテーションで構成されていました。無事に座長の任務を終えてから、昼食のためにロイヤルハワイアンセンターのフードコートに行くことにしました。

ワイキキビーチを、海を眺めながら散歩をすると、「風を感じる」というか「Feel fine! by Mai-k」を口ずさみたくなります。砂浜の近くのベンチに腰かけて、実家に軽く生存確認の電話をかけてみました。また、ワイキキビーチの教会みたいなホテルから、日本人の新郎新婦がうれしそうにでてきて、よく遭遇しました。本人同士が良ければそれで良いかなと思いつつ、ローカルの人たちや景色を眺める方が私の好みでした。

さて、本日の昼食は、ローカルのハンバーガーにしました。会場の近くにマクドナルドやバーガーキングはあったのですが、わざわざホノルルにまできて、マクドナルドという気分にはなれませんでした。テリヤキバーガーのダブルを注文したのですが、再考してシングルに注文を変えました。注文をしてから商品が出てくるまで長く待たされたのですが、これはすなわち、オンデマンドで焼いて作っていると考えられ味に期待が膨らみます。案の定、シングルにして正解でした。シングルにもかかわらず、日本のマクドナルドのダブルクオーターパウンダーチーズ並の肉が1枚になって挟まれていました。ダブルにすれば、クアッド・クオーターパウンダーということになるのでしょうか...。恐ろしい。



昼食を終えて、会場に戻りました。きたみちをそのまま折り返しました。午後Iのセッションを適当に聴講してから、午後IIのセッションで発表する会場に早々に移動しました。発表も無事にこなすことができたので、会場を後にしてホテルに戻ることにしました。帰りにフードパントリーに寄って、スーツケースを埋めるものと、夕食、明日の朝食を買って帰りました。

フードパントリーのデリコーナーにある、ビーフステーキのテイクアウトがマイブームになっています。

2016年3月9日水曜日

ハワイ移動4日目(3/8)~ワイキキビーチの散歩とバンケット

今回のハワイ移動も折り返しを迎えました。朝食は適当に買っていた食べ物で簡単に済ませました。午前中のセッションをこなしてから、昼食はロイヤルハワイアンセンターのフードコートで済ませることにしました。今日は小雨がぱらつくこともあっったのですが、基本的には曇りの天気なので、ワイキキビーチを、風を感じながら散歩するのも良いものです。適当なベンチに座って休憩しながら、ワイキキビーチからの眺めを楽しみつつ、日本宛に電話をかけてみました。

ロイヤルハワイアンセンターのフードコートに到着してから、何を食べるかというのが重要になってきます。とりあえず、適当にリブロースステーキのプレートランチに決定しました。ドリンクはダイエットコーラです。とにかく肉・肉・肉です。箸休めにポテトサラダやキムチを併せて、底に敷かれたご飯も相まって、大変満足できます。ただし、はじめは美味しく食べていたのですが、だんだんと義務的に食べなければならなくなってきてちょっと辛かったです。


午後のセッションも聴講してから、一度ホテルに戻って荷物を置き、一服してから会場に再度向かいました。バンケットは国際会議の会場のホールを貸し切って行われる形式でした。食事はビュッフェスタイルで、各テーブルにはワイン類が置かれていました。とりあえず、乾杯はスパークリングワインからはじめて、カリフォルニアの赤ワインに合いそうな食べ物をセレクトしていきました。

また、併設されているバーにて、好きなドリンクを選択できるチケットをもらっていました。学生さんたちは、かわいらしいカクテル(バーテンさんも美人かと...)を注文していました。筆者は結果的にスコッチを2杯もらいました。また、今回、ミスハワイが遊びに来てくれたようです。ミスハワイ直々のフラダンス講習があったり、記念撮影などがありました。並んでいる学生さんたち(専ら男ども)は.....。バーにてスコッチをもらっているときに、ミスハワイのお顔をじっくりと拝見したのですが、たしかに、選ばれるだけのことはあるなと思いました。

2016年3月8日火曜日

ハワイ移動3日目(3/7)~用務の合間を使ってワイキキビーチを散策

今回の国際会議はワイキキにて行われる上に、同伴者もいない男の一人旅なので、気楽にワイキキエリアを適当に散策して終わろうかと思います。ちなみに、お土産や買物も済ませたので、心の中では、おうちに帰りたくなっています。

さて、国際会議の休憩時間を使って、ワイキキビーチを散策しました。このあたりは細かい店の移転や新規オープンはあるものの、根本的な景色は変わらないように思いました。また、夕食はうちの師匠夫妻と一緒に、ビーチ近くのレストランにてステーキを食べました。以前からYouTubeで気になっていた、アメリカンビーフを使った本格派ステーキはとても美味しかったです。

2016年3月7日月曜日

ハワイ移動2日目(3/6)~ホノルルに到着からのスタートアップ

ハワイは日付変更泉の向こう側にある関係で、日本と比べて日付が1日戻ります。すなわち、3月6日の夜に日本を出発するとき、3月6日の朝にホノルルに到着するということになります。復路にて調整されるわけですが、余計に1日多く使えるような気分になり、少しお得な感覚になります。ブログの日付は日本時間にてタイムスタンプを打ちますが、ブログの内容は現地時間にて記載しております。

さて、成田空港は定刻30分遅れにて出発しましたが、ホノルル空港には定刻通りに到着しました。飛行機を降りてから人の流れに沿って入国手続きのカウンターに向かいました。入国手続きでは、2008年以降にESTAにて米国に入国したことがある人は、機械で手続きを簡単に済ませることができるようになっていました。その後、荷物をピックアップしてから、タクシーにてホテルに向かいました。

事前に購入しておいたプリペイドSIMカードですが、空港に到着したときに早速iPadに入れて電源を入れてみたのですがネットワークにはつながりませんでした。らちがあかないのでホテルでゆっくりと設定を見直そうかと考えていたのですが、ホテルに到着して改めて見てみると、知らない間にインターネットに接続できるようになっていました。どうやら、自動的に行われるアクチベーションには多少のタイムラグがあるようです。

チェックイン時刻は15時にはなっていたのですが、到着してからすぐに部屋に案内してもらえました。とりあえず、荷物を置いてから、アラモアナ方面にむけて出発することにしました。JCBカードを持っている人は、ピンクラインのバスが乗り放題になります。しかし、筆者の経験として、ピンクラインは混雑しているので、JAL PAKのバスをゆったりと利用して移動しました。滞在ホテルからの最寄りバス停は、アラモアナ方面は丸亀製麺の前、降車バス停はホテル正面の通りをワイキキビーチ方面に向かった場所です。

アラモアナショッピングセンターに到着して、まず、腹ごしらえをするためにフードコートに行きました。ロコモコ丼とドリンクを注文してみました。ドリンクはカップだけ渡されて、隣に設置されていた自動販売機で購入する仕組みのようです。


自動販売機に到着すると、大人しそうな大学生らしい男の子が、氷しか出ない機械を相手に格闘していました。筆者が近づいたことに気がつくと、さっと場所をあけて静かに見られていました。何があるのか?と思いつつ、上のディスプレイの表示(英語)に従ってタッチパネルを操作していくと、所望のダイエットコーラが注がれました。その後、現地の若い女の子も例の学生さんをいぶかしく見ながら、さっさとドリンクを注いでいました。その間にじっとこちらを眺め続けているので、そこまでシャイにならなくても、声をかけて聞けば良いのにと思いました。そういう所から交流がはじまるのに、情けない...

アラモアナショッピングセンターにてお土産類を購入してから、ウォルマートに移動してさらに購入していきました。明日から国際会議の日程がはじまるので、今日の半日が勝負になります。お土産購入リストで見積もっていた通り、50ドル札7枚、合計350ドルはあっという間になくなってしまいました。筆者は以前の記事にて50ドル札は両替専用と述べましたが、ハワイのような観光地でウォルマートやアラモアナショッピングセンターのような場所では、例外的に50ドル札を使って支払いを行います(ちょっとしたTIPS)。復路もJAL PAKのバスを使ってホテルに戻りました。

15時頃にホテルに戻り、1時間ほど横になって休憩しました。16時すぎに再度ホテルを出発して、国際会議の会場であるホテルに向かい、現地レジストレーションを済ませました。その後、パントレイと呼ばれるワイキキ地域にひとつしかないスーパーマーケットに寄って、現地での食料を買い出ししました。夕食はどこかに出かけるのは面倒くさいので、パントレイ内のフードコート内のグリルのお店にて、ステーキ弁当をテイクアウトしました。ちなみに、筆者の後からきた日本人らしい若い女性は英語での注文に苦労していたようです。適当に受け答えすれば、それらしいものが出てくるので、適当に注文すれば良いのになぁと思いました。律儀な日本人、おおらかな現地人の違いというものでしょう。


ホテルのWiFiが思ったよりも快適だったので、日本への電話連絡はiPadを使ったIP電話にて行えることが分かりました。通信費が安価に済ませられるのは助かります。

2016年3月6日日曜日

ハワイ移動1日目~ホノルルに向けて出発

朝9時すぎに起きてから、昨日にゆめタウンで仕入れていたおかずと昨晩炊いておいた白飯にて朝食を簡単に済ませました。預け手荷物の最終パッキングは昨日終わっていたので、機内持ち込み手荷物の最終パッキングを行いました。11時すぎからオンラインデータのターミナライズ処理、キャッシュカード類の利用停止状況の解除(海外にて利用可能にするための処理)を済ませました。また、ブラステルの電話番号のチェック、国際携帯電話のチェック、ローミング携帯電話のチェック、IP電話関係の最終チェックをすべて完了させました。すべての作業を完了させた所で実家に電話をかけて、生存確認の電話コールの時間を打合せておきました。

12時すぎに自宅を出発して、地下鉄七隈線の別府駅から地下鉄に乗り、天神にて空港線に乗り換えて福岡空港に移動しました。とりあえず、JALのカウンターにて預け手荷物を渡してから、東京までの搭乗券を受け取りました。昼食がまだだったので、3階に上がってレストランを探しました。男一人なので、吉野家にていつもの「並つゆだくAセット(ゴマ)」にしました。それから、セキュリティを抜けてサクララウンジに移動して、搭乗手続きがはじまるまで待機することにしました。ビールサーバーやおつまみだけではなく、各種焼酎(黒霧島ほか)が並んでいたのですが、飛行機に乗るときはアルコール類は一切やらないので、素直にグラスに氷と水で済ませました。

15時すぎから搭乗手続きがはじまりました。今回は非常口席だったので、何かあったときは協力するという説明がありました。非常口席は座席下のスペースにモノを置けない最大の欠点があるのですが、広い座席なのでゆっくりと座ることができます。ちなみに、東京からホノルルに向かう国際線の座席も非常口席なので、前の人のリクライニング問題も関係なく、ビジネスクラス並にくつろぐことが期待されます。

17時すぎに手荷物を受け取るなどの処理を終え、成田空港行きのリムジンバスに乗るためのチケットを購入しました。残念なことに、タッチの差(ほんの数分)で前便が出発してしまったので、20分を丸々待たなければならなくなりました。成田空港に到着すると、後ろから声をかけられました。誰かと思えば、うちの師匠夫妻でした。どうやら、同じバスで羽田空港と成田空港を移動したようです。全く気がつきませんでした。

空港に到着して、そのまま預け荷物を預け、セキュリティと出国手続きを済ませて制限エリアに入りました。うちの母から依頼されていた、免税店での化粧品類の購入を行いました。それから、サクララウンジに移動して、機内持ち込みの手荷物のパッキングを行い、ラウンジ内の軽食で簡単に夕食を済ませました。飛行機への搭乗は機材の遅れにより、30分ほど遅延が発生しました。


2016年3月5日土曜日

宮崎移動とハワイ移動の間の一日

明日からのハワイ移動に備えて、宮崎移動の疲れを残さないように、ゆっくりと体を休めるための一日としたいところです。朝8時すぎにおきてから昨日買っておいた弁当にて簡単に朝食を済ませ、ゴロゴロしながら洗濯物を片付けていきました。

10時すぎから古紙リサイクルの収集所に雑誌類を運び、クリーニングを引き取りに行きました。また、ゆめタウンにてジャージのスソ上げを依頼していたので、昼食がてらに車を走らせました。早々にスーパー銭湯にて汗を流してから、午後はのんびりとくつろぎました。

夜には洗濯物があらかた片付いたので、それをコンランドリーにて乾燥機にかけに出かけました。ハワイ移動のための預け荷物のパッキングもなんとか終えられたので、あとは機内持ち込み手荷物の最終チェックをしなければなりません。

2016年3月4日金曜日

宮崎移動3日目~研究会にて発表した後、福岡に戻ります

昨晩は20時すぎから寝始めていたので、朝5時30分すぎに目が覚めました。テレビを付けてみると、丁度良い具合にめざましテレビがはじまっていました。昨日に買っておいた、カップ野菜、インスタントスープ、メロンパンにて簡単に朝食を済ませました。今日は7時45分に宮崎駅を出発してシーガイアに向かう路線バスに乗らなければならないので、7時すぎにはホテルをチェックアウトしなければなりません。そのため、ウダウダとまったりする時間もそこそこに、福岡に帰るための荷物をまとめて、身支度を整えました。

7時30分すぎに宮崎駅のバス停に到着して、しばらく待っていると、シーガイア行きのバスがやってきました。シーガイアに到着すると、ホテルのお姉さんがにこやかに迎えてくれました。ホテルのフロントに大型バスが泊まっていたので、その宿泊客をどこかの観光地に案内する状況のようです。学会の受付を済ませてから、ロビーにてメール関係を処理していると、午前のセッションがはじまる時間になりました。今回は午前中の最初のセッションにて研究成果の口頭発表を行いました。

第一セッションと第二セッションの間の10分の休憩時間に、お世話になった先生方との名刺交換や世間話を行いました。午前の第二セッションをこなすことによって、本日の研究会のメニューは終わりました。残りの時間は、有料の特別招待講演か何かのようです。宮崎出張のノルマはすべてこなせたので、早々に引き上げることにしました。とりあえず、シーガイア発の路線バスにて宮崎駅に移動して、宮崎空港行きの電車がくるまでの30分の間に、フードコートにて軽く昼食を済ませました。福岡行きの航空券は、最終便にて予約を入れておいたのですが、14時30分の飛行機に空席があるということで変更してもらうことにしました。

出発までの約1時間は、空港の制限エリア内にある専用VIPラウンジにて過ごしました。ここは、無料で飲み物(各種アルコール類を含む)が無料で提供されており、外の待合エリアと比べても静かなので落ち着いた時間を過ごすことができます。また、docomo Wi-Fiが敷設されているので、パソコンを使ってかるく作業をすすめていると、丁度良いぐらいの時間になります。

2016年3月3日木曜日

宮崎移動2日目~研究会に参加するためにシーガイアに移動

朝6時すぎに起きてから、うだうだして、7時すぎからホテル内の喫茶コーナーにて朝食(和食)を済ませました。とても天気がよく、気持ちが良い一日がはじまりました。宮崎駅からシーガイアへの路線バスは、1時間に1本しかありません。今日は8時45分のバスに乗りましたが、明日は、朝一のセッションにて発表しなければならないので、7時45分のバスに乗らなければなりません。

宮崎駅からバスに乗ると、全国共通の交通系ICカードが利用できました。JRの主要駅の区間と路線バスは、suicaがつかえて便利です。バスに乗っている時間はそれほど長くはなかったのですが、片道510円の運賃でした。往復で1,020円と考えるとき、総合的に判断すればレンタカーを借りてしまうのが正解かもしれないと感じました。



ランチは宮崎牛のハンバーグ定食にしました。調理のやりかた、味、いずれにせよ、腹が立つくらい、いちいち、すべて美味しいです。


研究会の全日程が終わってから、宮崎駅に戻りました。ホテルに最寄りの温泉施設である極楽湯宮崎店にでかけました。帰りにホテル最寄りのマックスバリューに寄って、適当なおつまみと氷を買ってきて、密かに仕入れておいた宮崎の芋焼酎を水割りでいただきました。こんな旨い酒を飲んでいたら、宮崎の人は幸せだなと思いました。

2016年3月2日水曜日

宮崎移動1日目~宮崎に向けて出発

明日と明後日に宮崎のシーガイアにて開催される信学会のIN研究会に参加するために、宮崎に前日入りをしたいと思います。筆者の発表日は2日目の最初のセッションなのですが、興味深い報告を聞きたいのでしっかりと聴講したいと思います。また、宮崎移動の後は、すぐにハワイ移動があるので、適度に体をいたわって休めながらすすめたいと思います。

さて、飛行機のフライトは16時45分に福岡空港を出発する便に予約をしています。午前中は大学に寄って作業をしようかと考えていたのですが、ハワイ移動の準備や私用が思ったよりも残っていたので、当面の仕事のターミナライズ作業は昨日中に済ませました。14時30分頃に自宅を出発して、地下鉄七隈線にて天神まで移動して、空港線に乗り換えて福岡空港に到着しました。宮崎行きの改札がある第一ターミナルに移動して、手荷物を預けると同時に搭乗券を発行してもらいました。

定刻の1時間前には改札の前にて待機しながら、ノートパソコンにて軽く作業を進めました。このエリアにはdocomo Wi-Fiが敷設されているので、インターネット接続環境は悪くないです。筆者が到着してしばらくすると、筆者が手続きをすすめる改札にて、松山行きの搭乗手続きがはじまりました。なんとなく、あの中に紛れてしまえば故郷に帰れるのかとふと思いふけていると、隣の改札にてピーチ航空の成田行きの搭乗手続きがはじまりました。興味深いことに、ピーチ航空の成田行きの搭乗手続きがすすんでいくと、筆者の周りに座っていた人たちがごっそりと居なくなりました。東京方面は人が多いかと思う一方、筆者はJAL派なので利用することはないのですが格安航空も根強い需要があるのだと感じました。


宮崎空港に到着してから荷物をピックアップして、JRを使って宮崎駅まで移動しました。うちの師匠の先生と合流して、宮崎地鶏によるチキン南蛮を食べました。とても美味しかったです。それから、ホテルにチェックインしてからそのまま寝ました。

2016年3月1日火曜日

新生銀行のステージがプラチナになりました

今月より、新生銀行の新生ステップアッププログラムのステージが、新生プラチナに格上げされました。参考までに、新生ステップアッププログラムの現在のステージは、口座情報一覧に記載されています。


ここで、自分に直接的に関係がある項目に関して、新生ゴールドとの違いなどを簡単に整理しておくことにします。

  • 都市銀ATMとコンビニATMの手数料が無制限に無料(新生ゴールドと同条件)
  • インターネットによる他行宛て振込み手数料の無料回数が10回(新生ゴールドは5回まで)
  • 米ドルの外貨両替手数料が1米ドルあたり7銭(新生ゴールドは9銭)
  • 海外送金手数料が1回無料(新生ゴールドは1回あたり4,000円)

また、新生プラチナ会員専用のサービスは次の通りです。

  • プラチナ専用ダイヤル(フリーダイヤル)
  • プラチナセンター(大阪・梅田)の専用サロン
  • プラチナ限定セミナー
  • 駐車場無料サービス

個人的にうれしい部分としては、他行宛て振込み手数料の無料回数が10回になる点、米国のオフショア銀行口座に送金する際の為替手数料が7銭と送金手数料が1回無料になる点かと思います。日本国債関係の投資信託を寝かせるのであれば、新生銀行という選択肢もありかと思いました。