2016年4月17日日曜日

熊本で地震が発生しました(平成28年熊本地震)

熊本地震が発生しました。私的には阪神淡路大震災、芸予地震以来に、地面が揺れていると感じて怖い経験をしました。地震は前震と本震の二段階で発生しました。

前震が起きたとき、筆者はパソコンで作業をしていました。そして、いきなり携帯電話のエリアメールの警告音が鳴ったので驚きました。緊急地震速報を前回聴いたのは、高松にいたときに緊急地震速報の誤報でした。散々たたかれたこともあったかと思いますが、一度聴いていたので、今回は地震だとすぐに分かりました(不謹慎かもしれませんが、高松での経験は良い訓練になりました)。

すぐに携帯電話を開けてみてみると、「震度7」の文字が目に飛び込んできました。これはアカンやつだと思って、とりあえず寝室に移動して頭に枕をかぶって待機しました。地震対策として寝室にはモノを置いていないので、落ち着いて移動できました。福岡市内では震度3または4程度の揺れがあったように思いますが、ちょっと揺れただけで終わりました。表現が悪いかもしれませんが、拍子抜けしたというのがホンネかもしれません。

とりあえず、安否確認のために携帯電話、固定電話あたりを使って松山に電話をかけようと試みたのですが、案の定つながりませんでした。災害伝言板やLINE等のSNSはうちの親は使えないので、結局、電話をかけるしか手段がありません。NHKラジオ第一放送を聴いていると、どうやら熊本を中心とした断層がずれたことによる地震だと分かりました。また、インターネット回線は生きていたので、気象庁のホームページから地震情報を取得しました。

ということは、松山近郊はそれほど電話回線は混雑していないと予想できたので、衛星携帯電話から発信して安否確認の連絡をいれました。ただし、無事であることだけを伝えて、30秒にも満たない通話で、緊急連絡のために電話回線はあけるべきなのですぐに切りました。

翌々日の早朝に本震がありました。夜中寝ていると、再度、緊急地震速報を伝えるエリアメールにてたたき起こされました。またしても、「震度7」の文字が見えたので、寝ぼけた頭ながらにも考えて待機しました。やはり本震といわれるだけあり、揺れの規模と時間が長かったです。福岡は震度5弱だったようです。前震と違って、拍子抜けどころか、かなり怖い思いをしました。

週末は親戚まわりからの安否確認の連絡がちょくちょく入りました。マスメディア報道によると、熊本近郊、阿蘇近郊、大分近郊を中心とした被害であるにも関わらず、さも九州全部が悪く、そして倒壊した家ばかり写すので福岡も全滅したのではという不安にさせるようです。さらにいうと、視聴者が真に欲しい情報は一切流すことなく、センセーショナルな映像ばかり流して、被災地の邪魔をしてムダに心配をさせて本当に必要な情報は流していないという状況のようです。

※筆者はマスメディアが大嫌いで、テレビは一切視聴しないし、新聞も日経新聞にて政治経済以外は一切チェックしません。彼らは本当に伝えなければならない情報は隠して、たいしたことでもないことを煽りに煽って不安を増すように報道して、情報弱者をだまして変な思想を植え付けるようなやり口が大嫌いな理由です。