2016年5月21日土曜日

一眼ミラレースカメラ CANON EOS M3を買いました

がんばった自分にご褒美というわけではないのですが、久しぶりに物欲が沸いてきました。筆者は一眼レフカメラとして、CANON EOS 7Dを愛用しています。最近、7D Mark IIが発売されたようですが、浮気をせずに初代7Dです。ただし、7Dは良い仕事をしてくれるのですが、本気で写真を撮るゾという気持ちで望まないときは、やはり小型軽量のカメラが欲しいところです。

そこで、ミラーレス一眼レフカメラとしてCANON EOS Mを持っています。例えば、EOS Mをメイン機として、iPod touchやスマホ(Priori 3)をスナップショット用に使い分けています。やはり、ミラーレスとはいっても一眼レフカメラなので、7Dには及ばないものの、結構良い仕事をしてくれます。また、小型軽量である最大の利点を考慮すれば、多少のことは無視できるかと思います。

CANON EOS Mの最大の欠点は、オートフォーカスが遅すぎるところです。まあ、普段使いのなかでオートフォーカスの遅さで困ったことはそこまでないのですが、パチパチと写真を気持ちよく撮りたいときはストレスの原因になります。そこで、EOS Mの後継機として、1つ飛ばして、EOS M3を買ってみることにしました。初代EOS Mを持っているので、レンズなどは共有できるため、本体のみ買うことにしました。

とりあえず、スナップ写真程度のF22のEOS Mシリーズのレンズを取り付けました。ズームレンズもあり、結果的には使いやすいかと思いますが、単焦点レンズが好きなのでこちらにしました。フィルム時代の一眼レフカメラや、7Dで使われているEFレンズのマウンターも持っているので、例えば、EOS Mに、7Dに取り付けているレンズを流用することもできます。

いずれにせよ、スマホと比べて良い写真がとれ、7Dと比べて場所をとらないということで、EOS M3は良い選択肢だと思います。このブログをクアラルンプール行きの飛行機の中にて執筆しているのですが、7Dに取り付けているレンズを持ってくれば良かったかなと少し思いました。ただし、現実的に、場所をとるので使わないかなぁとも思います。