2016年6月18日土曜日

三越伊勢丹のエムアイ友の会に興味がわきました

ノマド的節約術というウェブサイトに投稿されたブログ記事にて、エムアイ友の会に改めて興味が沸いてきました。結論から言うと、筆者の場合は入会するメリットがないので見送ってきたのですが、今の時代を考えると結構悪くないと感じます。ちなみに、「ノマド的節約術」にはなかなか興味深い話題が提供されています。ただし、個人的には“よくある話題”という印象かつ“記事の内容にミス”が時々あると感じていますので、冷やかし程度に眺めるには丁度良い印象です。

さて、エムアイ友の会とは何かと言えば、毎月5,000円とか10,000円とかを積み立て、満期にはボーナスがもらえるというサービスです。一番手軽なのは、毎月5,000円を6カ月積み立てて、満期には2,000円のボーナスがもらえるタイプです。


このときの利回りを計算するとき、先のブログ記事には以下の通りに記述されています。
ちなみに6ヶ月コースは、5,000円コース一択になります。ボーナスは2,000円で、12ヶ月コースよりは利率が下がってしまいます。その代わりに小さな金額から積み立てできるメリットがあるんですよね。6ヶ月積み立てたときの受取額は32,000円で、利回りにすると年利約6.6%です。12ヶ月コースと比べると見劣りしますけど、それでも利回り換算するとかなりお得ですよね。
ちなみに、年利計算としては、2,000÷30,000×100=6.66から求めたのではないかと推測します。しかし、実際に年利を求めるときは、毎月一定額を積み立てていることから、“複利的に”考える必要があるので、実際は22.2%のパフォーマンスが正解です。従って、近い将来に確実に三越伊勢丹で買物をする予定がある場合、たかだが0.001%の金利の銀行でてコツコツ貯めるよりも、22.2%の金利の友の会で積み立てた方が、お得であることは明白かと思います。

筆者がなぜこんなお得なエムアイ友の会に入らないかといえば、エムアイ友の会で積み立てたお金と株主優待カードを併用することができないからです。株主優待カードがなければ、エムアイ友の会に入会しているでしょうね。