2016年7月3日日曜日

VISAゴールドカードが国際線の宅配サービスのキャンペーンです

本記事は、VISAカードを持っている人、そのVISAカードのステータスがゴールドカード以上の人、そして今年の夏に海外旅行に出かける人すべての条件に当てはまる人限定の情報です。

クレジットカードの上級会員向けサービスのひとつに、海外旅行の際に重くて運ぶのが大変なスーツケース宅配サービスというのがあります。もちろん、正規料金になりますが、クレジットカードを持っていない人や非上級クレジット会員の人たちも利用できます


例えば、福岡から羽田空港を経由してハワイに行く場合や福岡から成田空港を経由してグアムに行くとき、自宅から空港までの区間を宅配してくれるというサービスがあります。帰りには、お土産などで重くなったスーツケースを一生懸命に運ぶのも良いですが、“お金で解決できる問題はお金で解決するという”考え方もあります。ちなみに、往路(自宅→空港)は2,600円復路(空港→自宅)は2,170円になりまして、フルサービスにて5,000円近くになります。

5,000円だったら自分で運ぼうかなという人であっても、VISAゴールドカードを保有する人は、復路に関しては、スーツケース1個あたり500円、そして今なら1個100円です。このサービスを1年に1回使えば年会費の元が取れそうな勢いです。



ちなみに、筆者は、アメックスカード(グリーン)を持っているので、1個まで、往路・復路は“無料”です。やはりVISAカードは“決済性”に重心があるのに対して、アメックスカードは、“大人のための大人の遊びを大人のやり方でたしなむ”人向けのT&Eサービスには定評があるように思います。


筆者は、三井住友VISAカードだけではなく、アメックスカードもメインカードとして併用して使っています。たとえ最上級カードを手に入れたとしても、所詮、決済カード。遊びたいときは、そういう性質のカードもまた必要です。ハイ。

ちなみに、国際線の話題ではないのですが、JAL国内線でも類似のサービスを行っています。例えば、沖縄に遊びに行って、レンタカーにダンボールを置いてお土産をどんどんと詰め込んでいきます。空港にはカートがあるので、ダンボールがいくつかあっても気にならず、預けて荷物にする時点にて1個1,000円を払えば、後は自宅のドア前まで運んでくれます。国内移動のときに、別便にて宅急便やゆうパックを送っていた筆者としては、1個1,000円は、魅力的なサービスに思いますが、いかがでしょうか。