2016年8月29日月曜日

シンガポール移動3日目〜チャンギ空港を散策して帰国に

シンガポール移動も最終日を迎えました。今日はチャンギ空港をゆっくりと散策して、深夜便にて福岡に帰国します。

朝7時すぎに起きてから、軽くパンを食べて、荷物の最終パッケージを行いました。9時すぎにホテルをチェックアウトして、ドアマンの人にタクシーを呼んでもらいました。そういえば、チェックインのときに、デポジットやクレジットカードを見せるようなこともなく終わりました。

チャンギ空港に到着してから、スーツケースの隙間に入れるお菓子をかってから、チェックイン手続きのためにカウンターに向かいました。シンガポール航空のエコノミークラスのカウンターでは、たくさんの自動チェックイン機が並んでいて、自分で搭乗券の発券だけでなく、荷物タグの印刷と貼り付けもセルフサービスでした。一方で、ここまでの作業を自分ですれば、あとは、荷物をカウンターにて預けるだけなので、従来の人の手によるチェックインと比べて待ち時間が少ない(並んでいる列の進み具合も早いです)ように思いました。

そのあと、出国手続きを済ませて、早々に制限エリアに入りました。昼食には時間が少し早かったのですが、3階にあるフードコートに移動しました。ここのフードコートでは事前にカードを購入しておき、支払いはそのカードからのみ受け付ける方式です。もちろん、残高があれば、払い戻しを受けることができます。とりあえず、25シンガポールドルほど入金してカードを発券してもらいました。


午後は第3ターミナルだけではなく、第1ターミナルと第2ターミナルを制覇していきました。ターミナルごとに、入っているお店はほとんど同じなのですが、少しずつ売っている商品が違うように思いました。チャンギ空港の中に入っている飲食店もなかなか良いところが多かったです。


夕食は適当なレストランにでも入ろうかと考えたのですが、フードコートと比べて2倍近くのお金が必要でもったいないので、昼食を食べたフードコートにて別のメニューを選択しました。


19時すぎに、チャンギ空港のいつも利用しているクイックマッサージ店にて、指圧形式のマッサージを45分ほど受けました。これで、体が元気になりました。また、22時すぎに、一風堂の出店があり、綾鷹の緑茶があったので買いました。


日付が変わって0時20分からセキュリティを抜けて、0時40分すぎから搭乗手続きがはじまりました。フライトは6時間ほど、離陸後から1時間ほど寝て、夜中に1時間弱ほど目が覚めて、それ以降は朝までぐっすり寝ました。筆者の後ろの席にはだれも座っていなかったので、座席を限界まで倒せたので少しは楽でした。

福岡空港に到着して、入国審査では、外国人エリアは大混雑していましたが、日本人エリアは並ばずに通過できました。また、筆者はシンガポール航空(または、スターアライアンス/ANA系列)では上級会員ではないので、優先サービスが一切ありません。そのため、搭乗手続き、搭乗案内、荷物の受け付けなどで平民扱いなので、慣れている人間としては辛かったです。