2016年8月21日日曜日

車を買い換えました

10年・20万キロほど乗った車を買い換えました。エアコンが壊れた(見積り9万)、来年3月の車検(見積り15万)、それ以外の部分も順番に直していくことを考えると、このあたりが潮時だと考えました。新しい車はダイハツ・キャストにしました。

生まれてはじめての“ローン”を組んでみたかったのですが、利息がアホらしいので、素直に現金一括にしました。


せっかくなので、軽く、『やまなみ荘タッチ』をして試運転をしてみました。往路の高速道路の合流は、西公園インターチェンジから上がるのですが、若干の登り坂での合流なので、これまでのムーブでは加速が辛いところがありました。最大トルクが43.8%大きいので、これまで3速からがんばっていたところが、すっと上がることができました。あと、九重の山道を走るとき、これまでは2速でゆっくりと登っていた場所も、割と簡単に登れるようになりました。

一方、高速道路にて追い越し車線にて追い越すときは、これまでの車とあまり変わらないように思いました。最大出力をみても、たかだか数%程度の違いしかないので、スペックからも分かります。

最高出力(kW/rpm)
最大トルク(N・m/rpm)
キャスト・ターボ(新)
47/6,400
92/3,200
ダイハツ・ムーブ(旧)
43/7,600
64/4,000

ちなみに、スズキのハスラーに触発されてダイハツ・キャストが生まれたように勝手に思っているのですが、最近のこの手の軽自動車は値段が高いように思います。ほとんど同じ料金にて、1,300ccの普通車、数十万円を足せば1,500ccの普通車も購入できるかと思います。

維持費や税金の面で優遇されていても、5年とか10年でみたとき、数万円~十数万円程度であるかと思います。そうであれば、筆者のように軽自動車が好きな人間を除いて、コスパを考えるとコンパクトカーを買うのが正解かと思います。

ちなみに、タイムズカーレンタルにて、色々な車を試しているのですが、走りとしては、1,300ccの普通車にちょっと及ばないかなという印象です。いくつかのスペックを比較すると次の通りです。

最高出力(kW/rpm)
最大トルク(N・m/rpm)
キャスト・ターボ(新)
47/6,400
92/3,200
キャスト(NA)
38/6,800
60/5,200
パッソ 1,000cc
51/6,000
92/4,400
デミオ 1,300cc
68/6,000
121/4,000
アクセラ 1,500cc
82/6,000
144/3,500
プリウス 1,800cc
98/5,200
142/3,600
アテンザセダン 2,000cc
114/6,000
196/4,000

さて、やまなみ荘に行く前の最後のJAショップにて昼食を食べました。また、福岡に帰ってきてから、リンガーハットに寄りました。