2016年9月28日水曜日

MVNOにも飽きてきたのでぼちぼちdocomoに戻ろうかなぁ

本ブログの読者の方には反発をいただきそうですが、そんなことは知ったことではありません。

また、あれほどスマホを嫌ってきたではないか?という疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、筆者は石頭でもなく古い考え方に固執しない“柔軟な考え方”の人間なので、コロコロ変わる人間という訳ではありません。

という前置きを置いてから、そろそろ、格安MVNOのSIMカードにも飽きてきたので、docomoに戻ってもいいかなぁと思い始めました。その動機というか契機というのは、10月から投入される新しいデータ通信プランです。


筆者の現在の携帯回線と固定回線の通信費は次の通りです。

携帯回線
ガラケー・カケホーダイ
2,200
ユニバーサル料
3
eビリング割引き
-20
OCNモバイル(MVNO)
900
ユニバーサル料
6
追加SIMカード
450
OCN光モバイル割り
-200
消費税
267
(小  計)
3,606

固定回線
フレッツ光
4,500
光もっと割り
-880
フレッツスポット
200
ポイント割り
-200
ひかり電話
500
ユニバーサル料
3
消費税
329
OCNプロバイダー
756
(小  計)
5,208

そして、docomoのスマホとドコモ光をまとめて契約すると次の通りになる予定です。

携帯回線
スマホ・カケホーダイ
2,700
spモード
300
ウルトラデータLパック
6,000
テザリング
1,000
ずっとドコモ割引き(10年以上)
-600
はじめてスマホ割引き
-1,520 ※24カ月間
テザリング無料キャンペーン
-1,000 ※翌3月まで
ドコモ光割引き
-900
eビリング割引き
-20
ユニバーサル料
3
消費税
477
(小  計)
6,440

固定回線
ドコモ光(OCN)
4,700

以上をまとめると次の通りです。

これまで
今後のプラン
携帯回線
3,606 6,440
固定回線
5,208 4,700
合 計
8,814 11,140

差額は次の通りです。

差額(1カ月)
2,326
差額(12カ月)
34,392
差額(24カ月)
75,264

この表を見る限りでは、毎月2,326円も多く支払って、1年で34,392円、2年で75,264円はアホらしいという結論もあるかと思います。一方で、例えば、iPhone SEを買う場合を考えると次の表の通りです。

iPhone SE
docomo
Apple
差 額
一括払い
12,960
53,784
40,824
12回払い
1,080
4,482
3,402
24回払い
540

現在のプランにてiPhone SEを買うとなれば、Appleストアにて53,784円になります。12回払いまでは金利手数料が無料なので、1カ月あたり4,482円になります。一方で、新しいプランで同じiPhone SEを買うとなれば12,960円で買うことができ、その差額は40,824円になります。

確かに長く使うことを考えると、端末でお得に買えた分以上に通信料金が高くなってしまいます。一方で、自分の稼ぎでケータイ代を支払っている“社会人”であればそんなに気にするほどでもないように思えます。むしろ、無担保・無保証人で金利手数料無料で、12,960円を12~24回払いにて融資してくれると考えると、案外と悪くない条件にも思います。

ちなみに、筆者の場合、プラン変更をすることによる利点・欠点は次の通りです。

利点:

  • docomo純正の回線を使うことができるので、格安SIMよりも品質が良い(かも)
  • 音声通話はVoLTE対応になるので、品質が良くなる(ただし相手次第かと)
  • 毎月20GBも使えて、翌月に繰り越して利用できる(そんなに使えないかもw)
  • iPhone SEを割安に買うことができる。とくに、docomoの簡単な与信で金利手数料無料にて24回払いが選択できる。あと、Appleストアで買うよりもお得。
  • SPモードに加入するので、docomoキャリアメールがもらえる
  • 携帯回線と光回線をdocomoにまとめられる、NTT西とOCNの組み合わせを変更しなくても良いので手間も最小限で済ませられそう。
  • ガラケー+αを持ち運んでいたけど、iPhone SEにまとめられる
  • iPad、iPod touch、そしてiPhose SEとLightningケーブルに統一できる。
  • MacBook、iPhone SE、iPod touch、iPad air 2を併せて持つことで、ドヤ顔できる(余裕でスタバに行けるHPを得ることができる)。

欠点:

  • iPad に格安SIMを入れられなくなるので、Wi-Fi専用にするか、別の格安SIMで遊ぶかの選択肢になってしまう。
  • テザリングが利用できるが、毎月1,080円のテザリング利用料が発生してしまう(上表の差額は無料キャンペーン終了後の上乗せも考慮している)。
  • iPhone SEにSIMロックがかかっているので解除しなければおもしろい使い方はできない(もっとも、SIMフリー端末は別に持っているので、解除する予定はない)

あと数日で9月も終わるので、10月に入ったら、とりあえずdocomoショップに出かけようと思います。ちょうど、今週末の休みが丁度良いかもしれません。