2016年10月13日木曜日

Apple Pay の話題が盛り上がってきました

ホットな話題として、10月下旬からサービスがはじまると言われている“Apple Pay”ですが、三井住友VISAカードが、早速、登録に関する案内メールが流れてきました。


現段階でできることといえば、事前に登録しておくことにより本登録がスムーズに行えますよということでしょう。


iPhone 7/7+、Apple watch 2を持っていれば、内蔵されているFeliCaチップによりiD決済が使えます。一方、アプリケーションを導入することにより、オンライン決済としても利用できるようになるみたいです。ここまでは事前情報として知られており、筆者もとりあえず後者のサービスに登録しようと考えていました。しかし、注意※によると、Masterブランド限定という意味深な表記があります。

三井住友VISAカードは、名称通りVISAブランドが定着していますが、密かにMasterブランドも発行しています。もしかしたら、そのMasterブランドの三井住友VISAカードが必要になるということでしょうか...。

追加でいうと、タイムリーにも、岩田昭男氏の記事『Apple Payに登録できて得するクレジットカードは?iPhoneでクレジットカードや電子マネーを利用して決済できる「Apple Pay」の長所や短所を徹底解説!「Apple Pay」のメリット・デメリットを徹底解明!(1)』の速報が入ってきました。岩田氏は、クレジットカードの“プロ”で、有益な情報を提供してくれます。

先のブログ記事の内容に対しては、筆者は目新しい内容はありませんでした。しかし、共感できる部分として、Suica、iD、QUIC Payの3種類しか使えない点は欠点すぎるかと思います。