2016年10月27日木曜日

新型Macbook Proが気になりますね

新しいMacbook Proの販売がはじまりました。ラインナップとしては、13インチと15インチになります。


まだ実物を見ていないのでなんとも言えないのですが、カタログスペックと写真をみる限りにおいては、かなり薄く軽く作り込んできたのかなという印象です。筆者が持っているMacbookとは差分があるように思いますが、Mabook airに対しては完全に上位互換という印象があります。


新型Macbook proの大きな特徴としては、Touch barではないでしょうか。他のレビューを見たところ、これは購入意欲をそそられます。また、バッテリーの持ち具合も良さそうです。


内蔵ストレージ(SSD)とCPUのスペックを見てみると、それなりのスペックを載せてきているので、Macbookのように用途が限定されるということもなさそうです。また、インタフェースは、USB-Cを4ポート搭載とMacbookと同様に(USB-Cを1ポート)、かなり挑戦的に攻めてきています。これは、Macbookで筆者は慣れているので嫌悪感はないのですが、人によって好き嫌いが分れるところかもしれません。


これはいいなぁ。とここまでの評価は抜群です。さて、お値段は?というところで、20万程度(15万~30万)といったところでしょう。価格としては、ぼったくっているという気はそんなにしないのですが、筆者は別に欲しくはないなと結論づけました。