2016年11月20日日曜日

コア資産をどのような構成にするべきか

ここ最近の筆者の悩みといえば、コア資産をどのように構成するべきかという話題に尽きます。

というのも、NISA枠を使って毎月コツコツと積立てを行っています。基本となるのは eMAXISシリーズのバランス型(8資産分散)の投資信託になります。※投資資金の種銭を作るためには、毎月一定額を積立てていくことが基本になるかと思います。積立て貯金なんかやってもムダなので、NISA制度を上手く活用してバランス型ファンドにて形成しています。このあたりの基本的な話題は過去のブログにて言及しています(see http://www.ham-radio.asia/2016/06/emaxis.html http://www.ham-radio.asia/2016/03/emaxis.html http://www.ham-radio.asia/2015/12/nisa.html http://www.ham-radio.asia/2016/06/blog-post_21.html

今回の記事は何かというと、先の積立ててできた50万円または100万円をひとまとめにして1単位として、何に投資をするべきかということです。このとき重要なコア資産として、積極的に運用したいけれども安全にまわしたい、そして値動きに一喜一憂してメインの仕事の支障にならないような精神衛生の面で良い金融商品が望まれます。

いうまでもなく、そのひとつは『個人向け国債』(see http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/)かと思います。また、米国ではコア資産の形成に適した投資信託がいくつかありますが、日本は証券会社のもうけになるだけのクズみたいなものしかありません。その中でもいくつかは、まじめな商品もあるので、そういう類いをうまく自分の構成に組み入れていきたいところですね。

さて、さて...。