2016年12月31日土曜日

発電機の動作確認をしました

本年最後のブログ記事になります。

実家の耕耘機を動かすために買ったガソリンが少し余っていたので、発電機にも少し足して定期動作確認を行うことにしました。ガソリン携行缶にガソリンを入れてもらいたいときは、セルフスタンドではなく有人スタンドに行くのが原則になります。ただし、店舗のスタッフさんにガソリンを1リットルくださいというのは少し恥ずかしいので、行きつけの農協系列のスタンドにて購入しました。


福知山のお祭りの事故でクローズアップされましたが、とにかくガソリンの取り扱いには十分に気をつけなければなりません。筆者の持っている携行缶には10リットルまで入りますが、これまでに3リットルくらいまでした入れたことがありません。必要最小限のガソリンを入れて、もし余った場合には、バイクや車などに入れて使い切りたいところです。


半年ぶりくらいに発電機を動かしたのですが、とくに問題なく動作してくれました。ガソリンエンジンは、定期的に動かさないと壊れてしまうので、手間はかかりますが必要不可欠な作業です。そろそろ、エンジンオイルも劣化している時期だと思いますので、適当なタイミングにてオイル交換も行いたいと思いました。