2017年12月28日木曜日

つみたてNISA設定を済ませました

来年よりNISAにつきましては積立てNISAに変更しています。その積立て設定が12月26日より可能になるという通知が来ていましたので、少し遅くなりましたが設定だけは済ませておくことにしました。


1年間あたり40万円までとなりますので、1カ月あたり33,333円とキリが悪い数字になってしまいます。さてさてどうしようかと思っていますと、ボーナス月については上乗せ設定ができるようです。そこで、毎月3万、年2回だけ2万円を上乗せしまして、キレイに40万円の設定をしておきました。これで、何も考えなくても機械的に積立て貯蓄がなされるのでありがたいです。

2017年12月23日土曜日

アメックスポイントを使ってみました

筆者はメインカードとしてアメックスカードを使っています。アメックスカードのポイント制度としては、100円あたり1ポイント付帯されまして、貯まったポイントに応じた商品と交換ができます。とくに欲しい商品がないときは商品券に交換する方法もあるのですが、3,000ポイントを消費して1,000円に還元されますので、還元率は 0.3% 程度になってしまいます。


筆者はメンバーシップ・リワード・プラスと呼ばれるポイント会員に入会していますので、日常でポイントが使えるポイントフリーダムを使って高還元率で利用できます。そこで、1ポイントを1円として使うために、航空券の支払いに対するポイントフリーダムを活用したポイント払いを試みました。このとき、ポイント還元率は 1% になります。ちなみに、メンバーシップ・リワード・プラスの年会費は3,000円(税別)になりますので、クレジットカードの利用金額が小さい場合は損をしますが、大多数の社会人の方でクレジット決済をメインにされていればお得になるのではないかと推測します。

筆者は iPhone にアメックスアプリをインストールしていまして、ご利用明細の閲覧ページよりポイントを使って支払う手続きを進めてみました。今回は、JAL航空券の支払い12,600円に対して、12,600ポイントを充ててみました。もし、メンバーシップ・リワード・プラス会員でなければ、42,000ポイントが必要になることから、会員になるメリットを感じました。


JAL航空券であれば、ブリティッシュエアウェイズに航空マイルを交換して、one world の制度を使ってチケットを取るという技もあります。こちらの方が還元率は良いのですが、手間がかかって面倒くさいので、このあたりで手を打つことにしたという次第です。

2017年12月19日火曜日

Amazonギフトカードキャッシュバックキャンペーンに申込みました

先日、セブンイレブンにて買物をいたしまして、その際にもらったレシートを見てみると、Amazon ギフトカードを購入するとキャッシュバックキャンペーンを張っていることを知りました。公式ウェブサイトをなかなか見つけることができなかったのですが、セブンイレブンの公式ホームページより小さなバーナーを辿ってたどりつきました。


対象商品は、Amazonギフト券バリアブル、ギフトボックス付きの2券種の合計3券種のみのようです。それ以外であれば対象外になりますので注意が必要です。


早速、電子マネー nanaco に2万円ほどチャージをいたしまして、セブンイレブンに行って参りました。そして、せっかくなのでギフトボックス付きのギフト券をレジに持ってゆき、2万円ほどチャージしてもらいました。


今回のキャンペーンは、4%の還元率なのでそれなりに良いように思います。欲張って5万円とかチャージをしてしまうと、使い道に困ってしまいます。そのために、素直に、ここ2~3カ月で使いきれるかなという金額にしました。チャージした金額に比例してギフト券が増えるのではなく、10,000円、20,000円、40,000円、50,000円の節目がベストに感じます...。いかがでしょうか?

2017年12月17日日曜日

インクジェットプリンタを購入しました

週末に年賀状を刷ろうかと考えまして、インクジェットプリンタをセットアップしましたところ、カラーインクは正しく出力されるのですが、黒インクが全く出ないという症状に悩まされました。そこで、ノイズクリーニングを数回試したのですが、インクが減るだけで何の効果も得られず、ノズルヘッドの掃除を試みたところEPSONの複合タイプは分解することは難しくあきらめました。とはいえ自宅にカラープリンタがないと不便なので、急きょ、新しいインクジェットプリンタを購入することにしました。

プリンタについては、筆者は EPSON または CANON のいずれかを選択しています。以前、 CANON IP100 を使っていまして、ノズルヘッドが完全に消耗して印刷が完全にかすれてしまうまで頑張ってくれました。その後継機種として CANON IP110 がありましたので、少し値が張るのですが購入することにしました。CANON IP 110 の良いところは、モバイルタイプになりますので持ち運びが簡単にできるところです。そのため、出先でも使うことができ、また普段は本棚にでも収納しておき、使いたいときだけセットアップすればよいわけです。

ヨドバシカメラ博多店にでかけまして、プリンタコーナーに行ってみました。すると、年賀状の季節であるためか、ここ一番、新しいプリンタの宣伝をしていました。ただし、お客さんは感心はあまりがないようでした。やはり、最近は年賀状をやりとりするという時代でもありませんので仕方がないということでしょう。店員さんに声をかけて手配をしてもらいました。店員さんには予備のインクをすすめられましたが、たちまち、高々、数枚の年賀状の印刷さえできれば良いのでインクは別途購入することにしました。


以前使っていた IP 100 と違う部分といえば、Wi-Fi のボタンが増えた点、フルカラーにて印刷をしてみたところ、IP 100 より印刷速度が遅くなったように感じた点かと思います。


せっかく良い商品を買ったので、定期的に趣味の写真プリントにも使いたいと思います。インクジェットプリンタは、頻繁に使わないとすぐにノズルヘッドが壊れてダメダメです...。

2017年12月13日水曜日

良さげな楽天ファンドを発見しました

楽天証券のウェブサイトを閲覧していまして、『楽天・全米株式インデックス・ファンド』と『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の2種類を発見しました。これらのファンドについては、楽天・全米株式インデックス・ファンドは『バンガード・トータル・ストック・マーケットETF』(VTI)、楽天・全世界株式インデックス・ファンドは『バンガード・トータル・ワールド・ストックETF』(VT)を購入していることになります。

素直に考えるとわざわざ楽天を介して手数料を支払ってまで米国ETFを買わなくても、直接マーケットで購入すればいいのではないかという考え方もあります。一方で、手間、購入単価、円建て、そのたの面倒くさいことをすべてラップしてくれるのであれば、あえてこれらのファンドを仲介させる利点は大きいように思います。また、類似の投資信託と比較しても、楽天の中抜きはそれほどひどくなくて、良心的な手数料水準であることも評価できるように思います。

こういうカタチで、VTIとVTを買えるのは素晴らしいです。どちらの方がパフォーマンスが良いのか甲乙付けがたいところがありますので、両者をドルコスト平均に従って積立てて様子をみてみたいという衝動に駆られます。

2017年12月10日日曜日

長崎に散歩に行きました

せっかくの休日なので、長崎の海を見に行きました。また、復路では馴染みの嬉野温泉にて体を温めました。長崎といえば、ちゃんぽんが有名かと思いますが、同じカテゴリーに属するとおぼしき皿うどんにしてみました。揚げた麺にあんかけ野菜をたっぷりのせた、本場の長崎の味を堪能しました。お腹いっぱいに食べて大満足でして、これで700円の定食になるのでコスパ良好でしょう。

2017年12月5日火曜日

寒い夜に一杯のお酒

今日は一段と冷え込みます。仕事が終わって鍋をいただきまして、馴染みの近所の温泉にて体を温めてきました。帰りの車のフロントガラスには、雪ともミゾレともいえる雨粒があたりまして、どうやらさらに冷え込みそうです。こんな日は一杯のウイスキーで体を芯から温めるのがベストです。サントリーの響はクセがなくてスッキリと美味しく飲めるので、個人的に好きなジャパニーズウイスキーの銘柄のひとつです。

2017年12月2日土曜日

私用のために松山に移動しました

今日は私用のために松山に移動する必要があります。始発便の飛行機は7時すぎでしたので、朝は5時起きにて空港に向かう必要があります。今回は日帰りの旅ですので、利便性やコスパを考慮して、福岡空港の国内線ターミナルの公式駐車場に車をおいておくことにしました。結局、昨晩は21時すぎに布団に入って熟睡しましたので、早朝3時すぎには目が覚めてしまいました。

自宅最寄りの福岡都市高速のインターチェンジから上がりまして、そのまま福岡空港まで移動しました。休日ですので正規運賃よりも多少安いようです。福岡空港のターミナルビルに至る渡り廊下は3階で繋がっていますので、どうしてもその近辺のフロアは混雑します。流石に朝一番でしたので3階に駐車することができました。さて、早々にセキュリティを抜けまして、上級会員向けのラウンジにてコーヒーブレイクにしました。


福岡空港のラウンジは改修されたばかりですので、快適に過ごすことができます。外の飛行機を眺めながら、通称『お勉強机ゾーン』にてデジタルガジェットを充電しながら、チョロチョロと作業をすすめました。


松山行きの飛行機はほぼ満席状態でした。松山空港に到着した後はレンタカーを手配していましたので、空港デスクより送迎を依頼しました。ひと休憩を入れたのちにストックしておくべきものを買い出しに出かけまして、お昼はコメダ珈琲にて簡単に済ませました。写真では分かりづらいのですが、他の地域と比べて、海と空の色が違います。やはり、慣れ親しんだ地元の色は落ち着きます。


午後からは私用を済ませまして、ゆっくりと体を休めて、夕方にはレンタカーを返却してそのまま松山空港まで送迎をしてもらいました。福岡空港に到着した後は駐車場にて向かいまして、都市高速を使って自宅最寄りまで移動しました。また、冷蔵庫が空っぽなので、24時間営業のスーパーマーケットにて当面の食べるものだけをササッと買いました。

2017年11月29日水曜日

アルミの片手鍋を買いました

ひとり暮らしをしていると、片手鍋がとても便利です。すでにステンレス製の鍋を大小と2個持っているのですが、もうひとつあれば何かと便利かと思いまして、新たにひとつ買うことにしました。近所のホームセンターに行ってみると、アルミ鍋がセールをしていましたので、軽さは正義なのでひとつ買ってきました。


鍋焼きうどんをするのであれば、下写真のようにするのが正解かと思います。ただし、後片付けの手間を考えると、結局、片手鍋で済ませるのが正解に思います。また、煮炊きだけをするのであれば、テフロン加工が下手にされていない鍋の方が長持ちするように思います。

2017年11月26日日曜日

スクエア写真

最近インスタグラムの流行とともに、プリント写真もL判からスクエア判がトレンドのようです。スクエア写真で画面を切り取ると、余計な部分がそぎ落とされて本当に欲しい部分だけを強調することができて面白いです。また、スクエア写真を綴じるための専用のアルバムをAmazonにて注文してみました。


少しずつ写真のコレクションを増やしたいと思います。


2017年11月23日木曜日

嬉野温泉にでかけました

日々の忙しさを受けて体も心もリフレッシュさせたいなと思い立ちまして、嬉野温泉にでかけました。良好な泉質の温泉にゆっくりと浸かると、体も楽になりました。九州はレベルが高い本場の温泉がたくさんあってありがたいです。

2017年11月19日日曜日

ゴリラポットを買ってきました

今週末は自宅でゴロゴロと休息をとりました。土曜日は一日中寝て、夕方から温泉に行ったくらいです。そんなぐーたらな週末ではもったいないので、本日は博多ヨドバシに行くことにしました。とはいえ、昼過ぎまで2度寝ならぬ5度寝をしまして、ゴソゴソと出かけました。地下鉄にて移動するのはシンドイので、例によってヨドバシ博多店に車をおいておき、徒歩にて散策するというスタイルです。

さて、以前より気になっていました、ミニカメラスタンドとして、ゴリラポットを買うことに決めました。YouTuber の人たちのレビューをみて、下手な商品を買うよりも良いなと感じていました。実はキタムラカメラにて実物を触っていたのですが、2~3種類しかなかったために決め手に欠けました。さすがに博多ヨドバシに行くと、全種類が展示されて在庫もありましたので、じっくりと見比べることができました。

筆者が購入したのはゴリラポッド500になりまして、500gまでのカメラを搭載させることができます。足が磁石になっているタイプもあったのですが、バッグの中に入れて運んでいるときに、通帳やカードの磁気を乱して使えなくしてしまうと考えまして、磁石なしのタイプにしました。もうひとまわり小さいサイズもあったのですが、大きさや重さの違いをあまり感じられず、そうであれば大は小を兼ねるという格言に従って500を選択しました。


開封してみると思ったよりも軽いなという感想です。この手のバッタモンや類似品は数多くありますが、さすがに公式の純正品なので、足の作りもしっかりしています。もちろん、値段もしっかりしていますw


さっそく三脚のように立ててみました。やはり、“みんな”が持っているだけあって、やっぱり良い!

2017年11月17日金曜日

アヒージョをつくってみました

今週も無事に終わりまして、先日にコストコに買物に行ったときに買っておいたアヒージョを作ることにしました。オリーブオイル、ニンニク、魚介類のセットになりまして、各々を単品で買いそろえたとしても良いかと思いますが、結局、コストコのセットが手軽で便利です。


コストコのアヒージョはパスタソースとして利用するのが相性が良くて、ペペロンチーノの具材多いバージョンというイメージでしょうか。オリーブオイルとニンニクをよく炒める(というよりも揚げる?)ことによって、そして魚介類エキスも含めて溶け込むことによって、思ったよりも脂っこくないかと思います。ちなみに、標準で付いているオリーブオイルに加えて、先日にイタリア移動の際に購入していた現地オリーブオイルも足しました。


コストコ・アヒージョのパスタと、イタリアで購入したテーブルワイン級の赤ワインをあわせてみました。本当であれば白ワインなり、他の選択肢を選ぶべきでしょうが、まあ、金曜日の夜なんもんでして、冷蔵庫を片付けたいですし、何でも酔えば一緒ということで...。ご愛嬌。

2017年11月15日水曜日

一眼レフカメラについて気がついたこと

筆者は一眼レフカメラとして、CANON EOS 7D と CANON EOS M3 を愛用しています。これまで、EOS 7D の方が EOS M3 と比較して高性能だと思っていたのですが、実はそうとも言えないということが分かりまして、驚いたためにブログ記事にまとめてみました。

撮影素子については、発売時期の関係にて 7Dと比べて M3 の方が良いことになります。記録媒体は、7D は CFカード、M3 は SDカードになります。CF カードの方が基本性能は上になりますが、昨今の普及具合を鑑みると SD カードの方が利便性が高いです。筆者の場合、Let's note に SD カードスロットが具備されているため、新たにカードリーダーを持ち歩く必要がない利点があります。


動画の撮影能力については両者は互角になりますが、筆者は一眼レフカメラを使って動画撮影をしないためにこの項目については気にしません。一方で、シャッターとドライブの性能については、明白に 7D の方が勝っています。とくに連写性能は M3 はおまけ程度の機能になってしまいますが、7D はバチバチといけます。すなわち、連写機能等をフル活用したいときは 7D が必要ですが、旅行中にスナップショットを撮影するだけであれば、M3 でも十分になります。


オートフォーカスについては、カタログスペックでは違いがあまり分かりませんが、実際に使ってみると明白に 7D の方が勝っているように思います。とりわけ、EOS-Mの初代はオートフォーカスが全くの役立たずで、7D との併用が必須でした。初代機のアップグレード版として M3 になると、旅先での利用に限定すると許容範囲かと思います。あと、両者の最大の違いはミラーレスか否かになりまして、重さと大きさに違いとして現れてきます。


以上の結果を踏まえまして、筆者は旅行中の主力カメラを EOS 7D から EOS M3 に置き換えようと考えます。一方で、連射やその他の機械的スペックが要する撮影をしたいときは、7D にお世話にならなければなりません。撮影していて楽しいのは、やはり 7D になります。また、ミラーレスシリーズとして、EOS M100、EOS M5、EOS M6 があります。EOS M100 はエントリーモデルとはいえ EOS M3 と互角なので、もし筆者が今買うのであれば、重量が 50g ほど軽い EOS M100 かなと思います。一方で、すでに M3 があるので買い換える必要はないかなと思います。また、EOS M5 や EOS M6 を買うのであれば、素直に通常の一眼レフカメラを買いたいと思います。

カメラは単にスペックだけで選ぶのではなく、自分の生活スタイルに合わせて選ぶというのうが重要です。極端な話をしてしまえば、筆者は使い捨てカメラの代名詞・写るんですも愛用しています。工学部の人間はどうしても、「何で撮影するか」に目先が行ってしまいますが、重要なことは「何を撮影するか」の気持ちを忘れずにです。

2017年11月13日月曜日

革製品のお手入れをしてみました

年末が近づいてきていまして、何かとバタバタと多忙な日々を過ごしています。出遅れ感はありますが、最近は、ノンバーバルコミュニケーションに近い Instagram に投稿されている写真を眺めるのが楽しいと感じています。写真と英短文を組み合わせることによって、簡単に世界中の人たちとつながることができる、興味深いツールだなと改めて思いました。

さて、筆者はいくつかの革製品を使っていまして、ながく使うためにはお手入れが重要になってくるかと思います。そこで、皮革製品用の保湿クリームを用意しまして磨くことにしました。Amazon をうろついていますと、ヌメ革専用という尖った商品を発見しまして、汎用商品よりも良いかなと思いまして購入してみました。


革製品は手の脂のみで保湿させるだけでも十分に思っていたのですが、やはり専用のクリームを使ってみると札入れとスマホケースについては、手触りが良くなってくれました。写真では伝わらないように思いますが、これまでカサカサお肌だったのが、プリプリのしっとりお肌になったという表現が適切かと思います。


筆者はブランド銘柄ではなくて、そのモノに対して自分で判断して購入する派なので、ハイブランドの財布がボロボロになって使い古されている様子を見かけると、極めて残念な気持ちになってしまいます。逆に他人からそのような目で見られないように、日頃のメンテナンスを適度に行うことを心がけたいところです。

2017年11月11日土曜日

セブンネットショッピングを使って50ポイントをもらおう!

セブンネットショッピングを使って12月発売のコミックを予約購入すると、nanaco ポイントが50ポイントもらえるキャンペーンを張っているという案内メールが流れてきました。いつもであればテキトウに流すのですが、右上に名探偵コナンの最新号のイラストがありまして、せっかくなので利用してみることにしました。


筆者が小学生の頃から続いている名探偵コナンのシリーズになりますが、ついに94巻までやってきたようです...。実家には全巻そろっているはずですが、次回帰ったときには、少し片付けをしなければダメです。

2017年11月9日木曜日

バッグについて一考

これまで、何でもポーターのデイパックに突っ込んできたのですが、最近になって鞄が重たく感じるようになりました。そこで、荷物を運ぶときに使うバッグについて色々と考えていまして、YouTuber・Seikin 氏の動画『YouTuberのカバンの中身、見せます!』を視聴して、ひとつの結論に達しました。


筆者の主要な手荷物については、スマホ、ガラケー、クレジットカード、カギ、そして札入れくらいでして、ポケットにすべてが入ってしまうために基本的にバッグは不要です。しかし、それ以外のアイテムをいくつか持ち歩きたいとき、デイパックは大きすぎ、ポケットには入らないという状況を改善するために、大学生の時に使っていたポーターのショルダーバッグを引っ張り出してきました。

ちょっと出かけたいときは手ぶらで、手荷物が少しあるときはショルダーバッグを使いたいと思います。そして、荷物が多いときは、これまで通りにデイパックを持ちたいと思います。デイパックにパソコンを入れると重たくて辛いので、Seikin 氏のようにパソコンバッグではなく、筆者はクラッチバッグを使いたいなと思いました。

そこで、福岡天神の天神地下街に吉田カバンの直営店がありまして、仕事帰りにちょっと寄ってみました。さすが直営店だけありまして、狭いお店ですがほとんどすべての商品が並べられていました。また、色違いについてもバックヤードにストックされているようで、ドキュメントバッグをひとつ購入しました。A4 サイズを余裕で収納することができますので、クラッチバッグとして、またバッグインバッグとして利用したいと思います。


直営店にて購入すると、ポーターのロゴが入った公式の紙袋と布袋に入れてくれました。これからも、適度に冷やかしに行きたいなと感じました。


余談になりますが、筆者は別に吉田カバンが大好きで、とくにタンカー黒に統一しているというこだわりがあるわけではありません。軽くて丈夫な鞄を探し求めると最終的にここに落ち着きます。また、同シリーズばかり買っているのは、上手い具合に囲われてしまって、長いものに巻かれた結果になります。はじめにショルダーバッグを買って、それだと大学生のときに物が入らないのでデイパックを買いました。デイパックだけでは衣料品を突っ込むには不便なので...という具合です。

筆者がはじめて購入してから10年近くたちますが、同じシリーズが継続して販売されている様子をみて、息の長い物作りをしているのだなと感銘を受けました。素晴らしい!

2017年11月7日火曜日

アメックスのコメダコーヒーのキャンペーンに申込みました

上島珈琲店とコメダ珈琲店にて、1,000円以上をアメックスカードにて支払いを行うと、キャッシュバックキャンペーンを張っています。せっかくなので、事前登録を済ませまして、無事に先着順の対象枠に滑り込むことができました。


念のために対象店舗のPDFファイルを見まして、筆者がよく訪れる2店舗が対象になっていることを確認しました。注意点としては1,000円以上を支払うことが条件なので、420円のアメリカンコーヒーと580円のミックストーストを注文して、合計1,000円ピッタリのコースが良いかなと...。というわけで、せっかくなので、早速、行ってきました。


2017年11月5日日曜日

紅葉狩り・雲仙に出かけました

3連休の最終日は少し遠出をして、島原半島の雲仙普賢岳を見に行きました。長崎、嬉野、鹿島あたりまでは行ったことがありましたが、そこから先の半島エリアにつきましては筆者は未踏の地でした。雲仙普賢岳といえば筆者も幼い頃の記憶には、「雲仙普賢岳」と「土石流」の2つの言葉だけは残っていました。その恐ろしさについては、YouTube にもいくつかの動画として残されていまして、子どもの頃にみた映像と大人になって改めて見る映像は全く違って見えます。




上記の映像にも度々出てきた、水無川や○○木場地区を訪れてみて、被災家屋が保存されていました。古い日本家屋の1階部分が完全に埋まっており、その周りに転がっている石は火山から降ってきたことが分かるような軽石のような形状でした。


天気が良かったので雲仙普賢岳とその周辺の山々をキレイに見ることができました。説明パネルと比較してみると、目前の山から噴煙が上がって、そこからの土石流がここまで到達してきた考えると恐ろしいです。まさか、そんなことが起こるか?と疑ってしまいたくなりますが、記録されたアーカイブ映像と実物の建物を見て信じられないと驚くばかりです。


このあと、雲仙岳の周辺の国道を通って秋の紅葉狩りを楽しみました。周辺の道路はバイパスや広域農道も整備されて、かつての災害が風化するのではないかという心配の声が挙がるのも納得させられます。自分の目で見たもの以外は信じられない性格なのですが、思っていたよりも衝撃的でした...。

2017年11月4日土曜日

USB-C to Lightning という手段

昨日、ヨドバシカメラにて入手したアイテムとして、Apple 公式の USB-C to Lightning ケーブル (1m)があります。その名称からお分かりいただけますように、Macbook 12in の USB-C 充電器から変換アダプタを介することなく、直接、Lightning にて充電が行えるというアイテムです。また、iPhone 等を Macbook の USB-C に直接つなぐことができたりもするようです。


実際に開封してみたところ、一般的な USB-A to Lightning のケーブルと比較してケーブルが太いように思います。一番の理由としては、USB-C の Power Delivery (PD) への対応ということで、iPhone 8、iPhone 8 plus、新型 iPad pro 等の高速充電の兼ね合いかと推測します。


ちなみに、このケーブルは世間的にはあまり知られていないようでして、店員さんにこのケーブルを取ってもらうようにお願いすると、「そのようなケーブルはない」という返答でした。それに対して、筆者は「あっ、もう、そういうのはいいので、要するに1メートルのやつをください。(ヨドバシオンラインにて博多店の在庫有りを確認して来店したので) 在庫もあるかと思いますので、お願いします....。」とやさしくお願いしました。

今回は博多駅の駐車場の無料特典を得るためと、以前もらった JCB ギフト券を消化するためにヨドバシに来ました。一方で、こういう面倒くさい手間を挟まなければならないのであれば、素直に Apple ストアに行けば良かったです...。

さて、ひと仕事を終えたので、ホノルルコーヒーにてコナブレンドにて一服しました。お隣の席では、カップルらしき人たちがリア充をしていまして、とくに男性側が持論を語っているのが聞えてきました。失礼ながら薄っぺらい内容に笑いをこらえつつ、それに興味津々な表情で食いついている彼女さんに対して、心から『おつかれさま』と伝えたかったです(笑)。それにしても、こちらもスマホでポチポチと作業をしているので、もっと静かに喋って欲しいと強く思いました。

2017年11月3日金曜日

博多駅方面に出かけて iPhone X を触ってみました

世間様と同じように3連休をいただいています。さて、本日は、Apple 社の新型 iPhone X の発売日となります。せっかくなので、ちょっとヨドバシカメラに行ってみて、実物を軽く触ってみることにしました。さすが、iPhone の発売となると全国ニュースになっていますね。


今回発売されました iPhone X に関する詳細なレビューにつきましては、Appleが大好きなんだよ 氏の動画 『iPhoneXキター!待望の新機種1stレビュー:開封・セット・基本操作・外観比較』と『iPhoneX 2ndレビュー!:画面表示・メガネなど細かいことのまとめ&ご質問への回答』が参考になります。



筆者が実際に触ってみた感想としましては、別に普通でした。むしろ、世間が騒いでいて妙に期待を煽られたがゆえに、拍子抜けをしたという表現が適切かもしれません。また、ヨドバシカメラの店員さんに話を聞くと、ガチの信者の人たちは早朝7時より販売をはじめ、200人から300人の人たちの予約を捌いて、皆、ひとしごとが終わったとのことです。まだまだ、熱狂的なイベントであることには変わらないようです。すごいなぁ...。

一方、直近の iPhone につきましては、10万円を超える価格設定になっています。とりわけ、iPhone 8 は 12万円、iPhone X にいたっては 14万円が目安になります。このとき、10万円を超える商品に対する分割払いは、クレジット審査などの取り扱いが難しくなるようです。そのため、転売目的の人たちや、与信面で低属性に該当する人たちは、販売拒否になって少なからず揉めているようです。

いずれにせよ、このくらいの価格帯の商品であれば、面倒くさい手続きを避けて、現金一括でサクッと買うのが精神衛生上良いでしょう。しかし、昨今の経済の低迷の影響により、一般層の人たちは、それすらできないのが実情であるのは知っています。そうなると、改めて知らず知らずのうちに国民総中流から国民総貧乏になってしまったと認識させられます。働き方改革や年収400万で役職を希望せずに地元を離れないという人たちの気持ちはよく分かります。ただ、そのしわ寄せが、こういう部分で如実に表れているということでしょうか...。

2017年11月2日木曜日

iPhone SE を使って Bluetooth テザリング

携帯電話会社との間にてセルラ回線を契約していない端末を使ってインターネットアクセスをする場合、Wi-Fi を使うのが一般的のように思います。一方で、すでに、iPhone を持っていて、相応のデータ通信プランを契約しているのであれば、その iPhone をモバイルルーターのように使って、携帯電話会社-(セルラ回線)- iPhone -(Wi-Fi)- iPad やパソコン等、とすれば良いかと思います。

このように、Wi-Fi を介してインターネットアクセスをするとき、思ったよりもバッテリーの消耗が激しいように思います。とりわけ、専用の Wi-Fi ルーターであればバッテリーがなくなってもそれだけで済む話かもしれませんが、iPhone であれば電話やメッセージ等を送受信できなくなるのは不便です。

そこで、インターネットのデータ伝送速度は下がってしまうかもしれませんが、消費電力が大きくて高速な Wi-Fi をやめて、Bluetooth を介してみようかと検討中です。個人的には、Bluetooth を使う他の理由としては Apple watch にて Bluetooth をオフにできないので、どうせだったらという気持ちもあります。また、ペアリングを済ませた端末機器同士でしか相互接続がされないので、セキュリティ面でも面倒くささはありません。最近は、Wi-Fi の主要な暗号化方式に脆弱性が見つかったとタイムリーにも話題になっています。

格安SIMを別途購入することを比較すれば、まあ、ベターな選択肢のように思います。

2017年10月31日火曜日

Macbook 12in は新しいカテゴリのパソコンかも?

筆者は Macbook 12in を愛用しているのですが、いまいち使いづらくて、どのように活用するべきか思案している状況です。そして色々と考えているうちに、実は Macbook 12in は全く新しいパソコンのカテゴリに属するガジェットかもしれないということに気がつきました。

基本的な話として、Macbook 12in のスペックはそれほど高くないために、それを十分に理解したうえで使う必要があると思います。そのため、ノート型パソコンとしてサブ機として利用するには必要十分な性能がなく、「使えない」という烙印を押されているように思います。製造者側(Apple)の意図していることを読み解くとき、ノート型パソコンが欲しければ、黙って Macbook pro 13in を買えということでしょう。

低スペックになることを覚悟して低電圧版の CPU を採用し、打ちにくくなることを覚悟のうえでキーボードをペラペラにした理由として、薄さと軽さの追求である点は言うまでもありません。インタフェースについても、USB type A が欲しいところですが、それでは薄さを実現できないので、ギリギリの選択として USB type C を1ポート載せるのが限界ということでしょう。

パソコンとモバイル機器は下記の通りにカテゴライズされ、隣接するカテゴリには多少のオーバラップを許容しているように思います。そして、各々のカテゴリに属する端末から、自分の生活スタイルに適合したデバイスを選択して、またその時々の状況に応じて選択したデバイスを厳選してゆけば良いということかと思います。そして、Macbook 12in については、タブレット端末の延長線上にあるけれど、ノート型パソコンではないという位置かなと感じています。

1.メイン・デスクトップパソコン
自宅や職場に据え付けて利用する形態で、スペックや入出力環境を自由にカスタマイズすることができます。従って、作業効率は最も高い反面、それ以外の環境に移動して使うことは難しいです。例えば、自作WindowsパソコンやiMacが該当するように思います。

2.サブ・ノート型パソコン
自宅や職場で移動して利用することを前提とした形態で、ある程度のスペックや入出力環境は保持しています。そのため、デスクトップパソコンと比較して拡張性は乏しく性能は悪いかもしれませんが、日常的な仕事に使う分には必要十分な環境を提供できます。例えば、Let's note SZ や Macbook pro 13in が該当するように思います。重さの目安としては、1kgから1.5kgあたりの端末かと思います。

3.新しいカテゴリーのパソコン
サブ機としては利用するにはスペック不足で使い物にならないが、スマホやタブレット端末と比べてコンテンツを作り出すことはできます。すなわち、タブレット型パソコンのサイズにデスクトップ型パソコンやノート型パソコンと同等の機能を持たせ、かつサイズ・重さ・バッテリーの持ち具合はタブレット型パソコンと同じ機能に仕上げています。例えば、Let's note RZ や Macbook 12in が該当するように思います。重さの目安としては、1kg以下の端末かと思います。

4.タブレット型パソコン
1~3までのパソコンとは異なり、コンテンツを消化することに主軸をおいた形態で、ディスプレイサイズとバッテリーが大きいので、複数人やひとりで落ち着いて動画やウェブサイトの閲覧を行えます。また、なじみ深いスマートホンと同じユーザインタフェースを介して操作することができるために、現代のスマホ世代にとってはパソコンよりも使い勝手の面で優れていると思います。例えば、iPad pro、iPad air 2 等の iPad シリーズが該当するように思います。

5.スマートホン(大型スマートホン、小型スマートホン)
外出先でちょっと空いた時間にコンテンツを消化することに主軸をおいた形態で、電話、メール、ネット閲覧、動画閲覧、ゲーム、その他のあらゆる用途に幅広く利用できます。手の大きさや好みに応じて自分に合ったサイズを選択でき、デジタル端末の入門機の位置づけにあると思います。例えば、iPhone 8、iPhone 8 plus、iPhone SE が該当するように思います。

6.ウェアラブルコンピュータ
スマートホンと連携させて、電子マネー決済や通知などを受け取る形態です。ウェアラブルコンピュータ単体での利用よりも、他の端末と組み合わせて利用することにより、日常生活の中に違和感なくコンピュータを溶け込ませることができます。例えば、Apple watch シリーズが該当するように思います。

7.特定用途に特化したコンピュータ
日本国内を中心に通話・メール・電子マネーに特化した専用デバイスとしてガラケー、音楽を聴くことを前提としている iPod 等、目的に応じて特化された形態です。

社会を構成する人たちが新しい世代の人に交代するとき、新しいコンピュータが登場して、それによって新しいコンピュータのカタチが必要になってくるように思います。すなわち、スマホの延長線上にある新カテゴリのパソコンとしては、iPad pro 12.9in + Apple pencil + キーボードカバーの組み合わせ、または Macbook 12in のいずれかの選択肢になります。言い換えると、前者はタッチパネル・フリック入力と iOS のインタフェース、後者はキーボード・マウス入力と MacOS のインタフェースの違いになります。現在の社会においては後者が優勢に思いますが、最近はキーボード入力よりもフリック入力の方が早いという人が多数派を占めてくるようになるとき、将来的には全面的に前者に置き換わることも十分にありえると思います。

Apple がリリースした Macbook 12in や Panasonic がリリースした Let's note RZ は、そのような新しいカテゴリーのコンピュータかもしれないと思えば、ちょっとワクワクしてきます。一方で、思い返してみると、以前の出張の際にLet's note RZ、iPad air 2、Macbook 12in を持ち出したことがあります。その際には、結局、Macbook 12in の出番は全くなかったことを思い出しました。次回の出張のときは、カテゴリがかぶらないように、Let's note SZ、Macbook 12in、そしてスマホを選択してみます。筆者の理論が正しければ、各々のデバイスの長所を生かすことができるように思います。

2017年10月29日日曜日

とある休日の過ごし方

今日は久しぶりにゆっくりとひとりで過ごすことにします。毎日同じタイムスロットルで動いていると、休日であっても朝7時には目が覚めてしまいます。とりあえず、パソコンでカタカタと論文執筆をしつつ、朝9時すぎに自宅を出発しました。自宅にあった未精米のあきたこまちをコイン精米機に持って行き、そのまま某マクドナルドに行きました。朝マックとして、ソーセージマフィンセットに単品でソーセージマフィンを追加してみました。ここのお店でうちの学生さんが働いていると聞いていまして、注文品が届くまでふとカウンター越しに厨房を覗きますと、一生懸命に働いている姿が見えました。感心いたしました。


さて、10時をすこし過ぎたところで、天神ソラリアの駐車場に向かいました。ここの駐車場は天神界隈ではキャパが大きいのですが、休日は開店と同時に入らなければ長蛇の渋滞に巻き込まれたうえに、駐車することさえできません。出入口のゲートにて渋滞には巻き込まれてしまいましたが、難なく駐車スペースを発見して無事に車を置くことができました。

天神ソラリアの駐車場は福岡三越の売り場に直結していますし、近所のビルにも連絡通路があるために便利です。ひとまず、三越から外に出まして天神の街を歩いて、大手メガバンクが立ち並ぶ方面に向かいました。というのも天神方面にくる用事はほとんどなかったので、銀行の通帳の記帳が半年近く放置していました。あまりにも放置するとき、まとめて記載されてはがきが送られるパターンになってしまい、それはイヤなので、この機会に ATM を巡っておこうと考えました。

みずほ銀行では現在の通帳のスペースが足りなくて、途中で新しい通帳が発行されました。通帳発行も機械で自動的に行ってくれるので、窓口に並ばされないので便利です。ちょうど、東京オリンピックの協賛?しているでしょうか、通帳のデザインが凝っていました。そのあと、他の銀行にもはしごをしまして、ふと東北地方のアンテナショップがありましたので、フラッと入ってみました。秋田銘菓のモロコシがありましたので、思わず小さなパッケージにて2つ買いました。


そのあと、天神西通りを抜けまして、アップルストアを冷やかしてきました。11月3日より、iPhone X の販売がはじまるようでして、それを加味しなくても iPhone、Apple watch、そして MacBook を買うために、万札が飛び交っていました。また、修理対応のテーブルにも自慢の MacBook を抱えたお客さんでいっぱいでした。ちなみに、福岡三越・岩田屋にて 5,000円以上買物をすれば、駐車場の無料券をくれます。そこで、昼食は地下の能古うどんを食べて、2回分のお惣菜を買いました。ついでに、熊本・森のくまさんの新米がありましたので 2kg ほど買いまして、ようやく条件を達することができました。

平々凡々な休日のひとこまでした...。

2017年10月27日金曜日

海外旅行の電源関係を見直しました

YouTuber・Appleが大好きなんだよ 氏の『来週の海外ベトナム・カンボジア出張準備中:iPhoneなどApple製品を中心に今回の機材は?』を視聴いたしまして、筆者も旅行関係の電源関係のアイテムを見直すことにしました。動画は以下の通りです。


筆者が利用している電源ケーブル関係につきましては、基本的に USB type A に統一しています。そして、マイクロ USB、USB type C、Apple watch 充電器、Lightning になります。あと、USB-C to USB-C のケーブルと商用電源とメガネ型ケーブルを併せて持っています。


商用電源から USB type A に電流を供給するために、以前は JUST SYSTEM より購入したものを利用していたのですが、最近になって Anker PowerPort+ 5 に切り替えました。先の動画でも紹介されていますように、USB type A の 4 ポートにつきましては 5V/2.4A が供給されています。また、USB-C ポートにつきましては USB-C Power Delivery (PD) に対応しているので、Macbook への電源供給アダプターとしても利用することができます。そのため、この機器を 1 台だけ持って行くだけで解決するために荷物がコンパクトになります。


海外のコンセントは日本のそれとは違うときがありまして、プラグ形状の変換アダプタもあると便利です。以前は全世界対応アダプターを使っていたのですが、本体やケーブルの重さによってコンセントから抜け落ちてしまうことが多々ありました。そこで、下の写真のようなアダプターに加えて、事前に調べておいた個別のプラグと、Apple の充電器には専用の全世界アダプターのコネクタ部分を持って行きます。

また、先の動画でも紹介されていますように、ホテルではコンセントの数が少ないときがありますので、ポートを増やすためのタップをひとつ持っています。すなわち、メガネ型ケーブルをコンセントから這わせて、それを Anker PowerPort+ 5 やノート型パソコンのAC/DC アダプタにつなげます。そして、その途中に下写真の OA タップを挟むことによって、コンセントの数を 2 個増やすというわけです。

2017年10月25日水曜日

電子決済に関するニュース記事を読んで思ったことを徒然に

ニュース記事「日本人の75%は電子マネーを使わない?どうして?」を読んだ感想になりますが、別段、驚くような結果でもないように思います。筆者の周辺を見渡しても、皆、現金決済ばかりです。コンビニやスーパーなどで買物をしたとしても、電子マネーは使っていても、カードタイプの nanaco、Edy、交通系 IC カードのいずれかを使っているように思います。筆者は ApplePay を普段から利用していますが、店員さんのお姉さん方からは、「はじめて見ました~」とよく声をかけられます。知識として知ってはいても、本人を含めて実際に利用している人は皆無ということでしょう。一般の人たちの情報リテラシーは、結局のところその程度ということかと思いますが、それではこれからの時代を生き抜くことは難しくなってくるように感じました。

2017年10月23日月曜日

ANA DESIGN のインナーバッグをもらいました

ANA ショップから届いた電子メールにて、ANA DESIGN シリーズに BLUE LINE と呼ばれる新しいシリーズが追加されたと案内が届きました。デザインがなかなかオシャレだなぁと思ってリンクを辿ってみると、手頃なインナーバッグがありまして、Let's note RZ6 を納めるのに丁度良いかもしれないと思いました。


インナーバックの割りにソコソコのお値段がするなと感じていましたが、スーツケースでおなじみのエース社と ANA のコラボ商品ということで納得できました。丁度、有効期限が迫って処分に困っていた ANA マイレージがありましたので、還元率は悪くなってしまいますがショッピングマイルとして消化することにしました。


ウェブ上のカタログスペックではイマイチ大きさが分からなかったのですが、当初のもくろみ通り、Let's note RZ6 がピッタリと収まりました。このスペースには内側に起毛加工が施されていますので、タブレットパソコンや大型のスマホを納めることが想定されているように思います。