2017年1月5日木曜日

私的・電子マネーの勢力が変わりました

楽天カードを保有したことによりまして、筆者の中での電子マネーの勢力が変わりました。

【これまで】
  • 福岡地下鉄:はやかけん、西鉄バス:nimoca
  • セブンイレブン:nanaco
  • WAON > nanaco > 楽天Edy、iD > 交通系IC(Suica 他)
【これから】
  • 福岡地下鉄:はやかけん、西鉄バス:nimoca
  • セブンイレブン:nanaco、イオン・ファミリーマート:WAON
  • 楽天Edy > WAON、nanaco > iD > 交通系IC(Suica 他)
楽天カードと楽天Edyは相性が良い気がします。思った以上にキャンペーンが多いかと思います。まずは、楽天カードに搭載されたEdyには、すでに500円分の電子マネーがチャージされています。


次に、今月のキャンペーンとして、100円以上の買物を1日1回するだけで3ポイントがもらえます。これは、少額決済が多い場合(電子マネーの一般的な用途かと..)に還元率を高めることができそうです。


キャンペーン期間は残りわずかになっていますが、楽天カードから楽天Edyにチャージをすると、チャージポイントが2倍になるキャンペーンを行っています。


率直な感想として、楽天Edyの最大の利点は使える場所が多いように思います。筆者がはじめて手にしたFeliCaもEdyでした...。最近はクレジットカードから電子マネーにチャージしたときのポイントが対象外になる改悪の嵐の中で、結果的に、nanacoとWAONが比較的に還元率が高いので生き残っていました。しかし、楽天カードと楽天Edyを組み合わせると、nanacoやWAONに匹敵するように思いまして、そうなってくると使える場所が多いという最大の強みに惹かれます...。