2017年2月8日水曜日

グアムの周波数を調べてみました

グアムの周波数を調べてみたと言われてピンとくる人は少ないかと思いますが、グアムにて携帯電話を利用するために通信方式と周波数を知っておく必要があるかと思いまして、今回は軽くチェックしてみましたという話題です。

主な通信方式と周波数(またはバンド)は次の通りです。とくに注意したい点としては、LTEは700MHz帯、WCDMAは850MHz帯とマニアックなバンドであるところでしょう。

4G
LTE-FDD
17
3G
WCDMA
5
2G
GSM
900/1800

まず、手元にあるガラケーの対応は次の通りです。LTEに対応していないのは仕方がないとして、現実問題としてはGSMが主流と考えるべきでしょう。ただし、ガラケーに対して求めることといえば、いざというときの音声通話と簡易なテキストメッセージだけなので、ナローであっても十分かと思います。C2-01はバックアップ、N03Dは国際ローミングをオンにしておき、緊急時の連絡回線として確保しておきます。

C2-01
N03D
4G
LTE-FDD
3G
WCDMA
×
2G
GSM

次に、Apple系です。手元のiPhone SEはすべてに対応しているのですが、国際ローミングはオフにする予定なので(機内モードに設定のうえ、Wi-Fiにて運用する予定)、あまり意味がないかもしれません。ちなみに、iPhone SEにかかってきた電話は留守電サービス(と録音した音声はメール転送)に設定しているので、とりたてて問題はないと考えています。また、iPad air 2はApple SIMを入れているので、必要に応じて現地セルラ会社のデータパッケージを購入することは可能かと思います。しかし、こちらも普段通りWi-Fiにて運用する予定なので...ですね。

iPhone
iPad
4G
LTE-FDD
3G
WCDMA
×
2G
GSM

さいごに、Android系です。Priori 3には、ハローシムとチャットシムの2枚を挿入しています。とりあえずいえることは、GSMに対応しているので音声(と最低限のテキスト)での運用は可能と理解しましょう。一方、Wi-FiルーターであるGlocalMeは、期待通りにすべてに対応しています。現地にてWi-Fiがない場所でのインターネットアクセスのメインはGlocalMeに期待したいと思います。

Priori 3
GlocalMe
4G
LTE-FDD
×
3G
WCDMA
×
2G
GSM