2017年2月9日木曜日

不要になった切手を交換してもらうことにしました

不要になった郵便切手は交換してもらうことができます。下の表において丸印が付いている部分はOKというわけで、郵便切手を郵便切手に交換してもらうことは可能ということになります。


手数料としては、1枚あたり5円ということになります。


今回交換してもらう切手は、500円が4枚、420円が1枚、合計5枚になります。2,420円分の切手は、100円切手24枚、2円切手10枚に交換してもらおうと思います。


交換してもらった普通切手は次の通りです。2円切手のうさぎは知っていたのですが、花柄の100円切手については初めて手にしました。なかなか、鮮やかで綺麗な絵柄になったように思います。


ちなみに、チケットショップに行って切手を買うとき、所望の額面の切手がなければ、できるだけ高額の切手(例えば、500円や1,000円とか)を割安で購入します。そして、その切手を郵便局に持ち込んで、1枚5円で希望の切手に交換する手法があります。例えば、500円切手を2枚、96%の額面で買いまして先の手法を適用すれば、交換手数料として10円を加味すれば97%の額面で入手できるという計算になりますね。参考までに...。