2017年3月13日月曜日

新生銀行の両替サービスのキャンペーン

新生銀行の外貨宅配サービスの開始にともないまして、特定の条件を満たした場合、送料が無料になるキャンペーンを実施しているようです。キャンペーンを適用させた場合、ワールドカレンシーショップと比較すると次の通りです。

米ドル
300
500
1,000
2,000
新生銀行
34,902 58,170 116,340 232,680
Wカレンシ
35,340 58,900 117,800 235,600

欧ユーロ
200
500
1,000
2,000
新生銀行
25,096 62,740 125,480 250,960
Wカレンシ
25,388 63,470 126,940 253,880

シンガポール
400
1,000
1,600
2,400
新生銀行
33,860 84,650 135,440 203,160
Wカレンシ
34,760 86,900 139,040 208,560

英ポンド 200 500 1,500 1,800
新生銀行
29,630 74,075 222,225 266,670
Wカレンシ
30,402 76,005 228,015 273,618

ちなみに、外貨パックの構成は次の通りです。

米ドルであれば、50ドル紙幣以下が便利なので、300ドルまたは500ドルパッケージのいずれかが選択肢といったところでしょうか。もし、1,000ドルパックであれば100ドル札が9枚もくるので、手強いように思いました。


ユーロについては、最大で50ユーロ紙幣までとなっているので、いずれのパックでも問題は無いように思いました。しかし、多額の現金を持ち歩きたくないでしょうから、500ユーロ、700ユーロあたり、または1,000ユーロくらいでしょうか。


シンガポールドルについては、いずれのパッケージにも100ドル札が入るようです。個人的には50ドル札くらいまでは困ったことはないのですが、100ドル札は使い道が難しそうです。一方で、10ドル紙幣もそれなりに枚数があるので、うまく崩しながら使えばなんとかなるかなと。例えば、600シンガポールドルのパッケージは、10シンガポールドルが30枚、50シンガポールドルが6枚とかの構成であれば最高ですね。もし使うとすれば、600ドルまたは1,000ドルのパッケージになるかと思います。