2017年3月7日火曜日

使い捨てカメラで遊ぶ

一眼レフカメラを使えば、良い画質の写真を撮影することができまし、スマホのカメラを使えば気軽にたくさんの写真を撮影できます。一方で、もっと“遊び心”のある写真を撮影して“楽しい写真”を撮影するには?ということで、スナップショットには使い捨てカメラが面白いです。

今どき、使い捨てカメラ(レンズ付きフィルムカメラ?)、例えば、“写ルンです”を使っている人は皆無でしょう。画質も良いわけではなく、レンズも固定(しかも安価なプラスチック)、すぐに撮影した写真を確認できないし、写真1枚あたりのコストも高くなるので気軽に取り直したりバシャバシャと撮影もできない。空港のセキュリティを抜けるときは、X線に気を使って「ハンドチェック」をお願いするべきですし、今どきそんなことを言っている人はいないでしょうし。

39枚撮りの写るんですを使って、使えそうな写真は25枚程度です。そして、キタムラカメラにて現像とJPEG画像にてCDを焼いてもらいます。(合計で1,000円程度です)。使える写真であっても、Adobe Photoshop等を使って色々と触れば、なかなか面白い写真に仕上がります。編集済みの写真は、デジカメプリントとしてプリントサービスにまわします。

それでも、不便を楽しむ大人のゆとりというわけではないですが、使い捨てカメラには写真を撮影する楽しさを思い出させてくれるアイテムかと思います。ちなみに、デジタル一眼レフやiPhoneも併用して重複して撮影はしているのですが、意外と味のある写真が撮影できたかと思います。