2017年3月12日日曜日

外貨両替の選択肢~新生銀行v.s.他

新生銀行が外貨両替サービスをはじめたということで、いまいちど外貨両替について再考してみることにしました。外貨宅配サービスとしては、新生銀行のほかには、三井住友銀行とゆうちょ銀行が行っています。もし、近所にJTBのお店があるのであれば、JTBの外貨両替サービスも便利かと思います。一方で、筆者はマイナー通貨の外貨両替については、三菱東京UFJ系列のワールドカレンシーショップを利用しています。

さて、各サービスのレートは次の通りです。

通 貨
新生
三井住友
ゆうちょ
JTB
Wカレンシ
米ドル
116.34 118.23 118.23 118.45 117.80
欧ユーロ
125.48 125.97 126.03 126.17 126.94
英ポンド
148.15 151.14 151.63 152.18 152.01
豪ドル
92.80 98.03 98.06 96.30 96.53
NZドル
85.67 90.05 89.47 89.10 88.51
シンガポール
84.65 86.92 87.06 87.00 86.90
香港ドル
16.39 17.27 17.24 17.27 17.24
カナダドル
91.68 95.91 95.81 93.98 94.10

また、これ以外に、手数料が以下の通りに必要になります。

  • 新生銀行:1パック1,080円 (キャンペーンあり)
  • 三井住友銀行:配送料無料(8万円以上)、600円(3万円以上)、1,200円(1万円以上)
  • ゆうちょ銀行:配送料無料(3万円以上)
  • JTB:配送料無料、またはJTB店舗までの交通費
  • ワールドカレンシー:店舗までの交通費

例えば、欧ユーロ、シンガポールドル、英ポンドについて実際に必要な合計金額は次の通りになります。

欧ユーロ
200
500
1,000
2,000
新生銀行
26,176 63,820 126,560 252,040
三井住友銀行
26,394 63,585 125,970 251,940
ゆうちょ銀行
25,206 63,015 126,030 252,060
JTB
25,234 63,085 126,170 252,340
Wカレンシー
25,388 63,470 126,940 253,880

シンガポール
400
1,000
1,600
2,400
新生銀行
34,940 85,730 136,520 204,240
三井住友銀行
35,368 86,920 139,072 208,608
ゆうちょ銀行
34,824 87,060 139,296 208,944
JTB
34,800 87,000 139,200 208,800
Wカレンシー
34,760 86,900 139,040 208,560

英ポンド
200
500
1,500
1,800
新生銀行
30,710 75,155 223,305 267,750
三井住友銀行
30,828 75,570 226,710 272,052
ゆうちょ銀行
30,326 75,815 227,445 272,934
JTB
30,436 76,090 228,270 273,924
Wカレンシー
30,402 76,005 228,015 273,618

個人的な見解としてまとめると、少額であればワールドカレンシーショップにて両替するのが良いかと思います。また、多少手数料が上乗せされたとしても、すぐに外貨現金をもらって帰ることができるので、ワールドカレンシーショップかと。一方で、空港や街中の両替所であっても、ワールドカレンシーショップと同等のレートかと思いますので、現実的に両替する金額1~2万円程度であれば、自分にとって最も便利な方法で両替すれば良いかなと思いました。

さすがに、1,000通貨近くを両替するのであれば差がでてきますが、海外にツアーで行く人やクレジットカードを併用するかと思いますので...。