2017年5月24日水曜日

積立投信を再開しました

ここ2~3年はNISA枠を活用いたしまして、毎月一定額の積立を行っていました。筆者のスペックを考慮するとき、多少のリスク資産を持ったとしても問題ないので、ミドルリスク・ミドルリターンの軽めの金融商品を積み上げることにしています。具体的にはインデックス・バランス系の投資信託がベターになりまして、筆者が愛用している三菱UFJ国際が提供する eMAXIS シリーズの中でも、「eMAXIS バランス(8資産均等型)」を選んでいました。ちなみに、同シリーズには「eMAXIS バランス(波乗り型)」もありまして、どちらが良いか決定打に欠けていたため、はじめの2年は積立金を半々に分けていました。所感として、結局のところ、インデックスバランスの均等型の方がスケベ心を反映させていない分だけ素直に良いように思いました。

さて、NISA枠については1年あたり120万円しかありませんので有効に活用していきたいところです。筆者は種々の事情によりましてNISAは楽天証券に開設しています。NISA口座を動かすことはしくみの上はできるようになりましたが、めんどうくさいので変更していません。楽天証券の場合、NISA枠を使って株式関係を購入するとき、購入手数料のキャッシュバックが受けられますので、先のような購入手数料が無料の投資信託については、なんだか損をしたような気分になります(貧乏性です..)。

今年からは、購入手数料が必要な東証ETF銘柄や米国株ETFの積立てに割り当てています。とくに、米国株ETFについては、楽天証券の場合は1回あたり25米ドルの購入手数料が必要であるため、ドルコスト平均法にて10万円程度ずつ積み上げるときは手数料がバカになりません。そのため、その購入手数料が無料になる特典は大きいと考えています。

さて、本題に入ることにいたしまして、eMAXIS シリーズの8資産バランス型ファンドにおきましては、2017年5月9日より新たに eMAXIS Slim シリーズが追加されました。両者の違いについては手数料以外は見あたらず、わざわざ手数料が高い eMAXIS 8資産バランスファンドには利点がないように思います。商品がリリースした直後は楽天証券、マネックス証券、SBI証券にて販売されていまして、カブドットコム証券でも取り扱いがはじまったようです。

バランス
Slim バランス
購入時手数料
な し
な し
信託財産保留額
0.15%
な し
運用管理費用
0.54%
0.2376%

やはり、毎月のノルマとして一定額を積立てていかなければお金は貯まらないわけでして、少し様子を見ていたのですが良さそうなので打診的に積立てていくことにしました。筆者は取り扱いのある楽天証券に口座を持っているため、素直に特定口座にて毎月の積立投信の設定を行いました。来月より給料日の3日後に強制的に引き落とすように設定いたしまして、今月分は別枠で個別に購入いたしました。

小さなことから、コツコツと! 地道な貯蓄生活のはじまりです(笑)