2017年5月4日木曜日

ゴールデンウィークの唯一のドライブ旅行

ゴールデンウィークこと民族大移動週間には、基本的にどこかに出かけるということをしないのですが、この期間しか開催されていないイベントもあります。というわけで、山口の萩焼まつりに出かけてみることにしました。福岡からであれば山口県は関門海峡を渡ってすぐなので、逆に山口の人たちはよく福岡に遊びにくるようです。

萩焼まつりに来るのは実は10年ぶりくらいになります。というのも、うちの父親がまだ本格的な闘病生活に入る前で、体がまだ元気に動いていたときの最後の家族旅行の場所にもなります。相変わらず萩焼まつりの会場もその周辺の景色も変わった様子もなく、ここ数年は目まぐるしく変化をしているにも関わらず、それは筆者の周りだけの話かもしれなくて、世の中は思ったよりも変化していないような印象を受けました。

さて、会場を見渡してみて、とくに欲しいと思う焼物はありませんでした。萩焼を使った生け花がキレイに飾られていまして良いなと思いました。とくに欲しいものがなかったという話をしていると、会場のおじさんに「これだけたくさんあるのに、ひとつも欲しいものがないの?」と聞かれました。焼物は人との出会いと通じるものがありまして、たくさんの焼物が並べられていても、自分が本気で惹かれて欲しいと思える焼物には出会えないものです。次回に期待したいところです。


少し小腹が空いたので、会場の外のテントで販売されていた、特製ハンバーガーを買ってみました。中の具材は練り物のようで、なかなか美味しかったです。


往復の道路はそれなりに混雑していまして、飲食店や高速道路のサービスエリア等も大混雑していました。今日は天気も良く、皆、どこかに出かけているのでしょう。