2017年6月4日日曜日

国内であってもマネパカードは便利かもしれない件

筆者はマネーパートナーズ証券を利用していまして、同社が提供するマネパカードを便利に使わせてもらっています。マネパカードの魅力を語りはじめると本日のブログ記事で終わらないので割愛します...が、マネパカードの最大の特徴として、日本円以外に米ドル、欧ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルがチャージできることです。また、マネーパートナーズ証券の為替口座を利用していると、さらなる便利な使い方ができます。


さすがに年会費を支払っているアメックスカードや三井住友VISAカードと比べても仕方がないかと思うわけですが、クレジットカードの補償機能としては必要十分なサービスが付帯しているように思います。とくに筆者が便利だと思うところは、ICチップが搭載されている点、カードを利用した場合などにメール通知が送られる点、そして公式ホームページ(最近スマホサイトがはじまりました)にてカードの利用停止・再開が行える点です。


たとえば、クレジットカードと同様にショッピング保険が付帯していますのでいざというときは安心です。ただし、いくつかの商品については対象外である部分と、保険期間と自己負担額が設定されているのは注意です。素直に消耗品で割り切って決済に使うのが精神衛生上は良いかと思いました。


また、クレジットカードを利用するとポイントが付与されたりしますが、マネパカードの場合は最大2%のキャッシュバックにて還元されるしくみです。筆者の場合は通常は1.2%還元になりますが、6月30日までは1.7%還元にキャンペーンが適用されます。普段より為替取引きをして行っていて必然的に月間100枚の取引があれば良いのですが、ポイント還元率を上げるためだけに取引実績を作るのは割に合いそうにないように思いました。


いずれにせよ、海外専用のイメージが強かったマネパカードですが、ある種の使い方をすれば便利に使えそうな予感がします。そんなことに気がついた今日この頃でした。