2017年6月7日水曜日

新しいパスポートを取りにいきました

先日のブログ記事「パスポート更新の申請をしました」にて述べましたとおり、パスポート更新の申請をいたしまして、新しくできあがったパスポートを取りにいきました。申請書類が受理されたあと下記のパスポート引換証をもらいまして、この引換証とパスポート申請手数料が必要になってきます。


筆者は10年のパスポートにしたので、その手数料は16,000円になります。ちなみに、現金を持参すればよいのですが、手数料の支払いは収入印紙にて14,000円、福岡県の証紙2,000円を現地窓口にて購入する形になります。このとき、現地窓口で買わなければならないという決まりはありませんので、収入印紙や証紙を事前に準備して持って行っても良いかと思います。


筆者は手元に収入印紙がいくらかありまして、額面1,000円の収入印紙を14枚、現金2,000円を持参して現地窓口にて証紙を調達しました。普通、一般の人は両者を窓口で購入するかと思いまして筆者も16,000円と言われましたが、証紙だけ下さいと意表をつきました。また、パスポート引換証に収入印紙と証紙を貼り付ける必要があるのですが、スペースの関係でがんばって14枚を貼り付けました。

隣の若いお兄ちゃんは収入印紙をどうやって紙に貼り付けて良いのか分からないようで、切手や収入印紙の貼り方も知らないのかと心の中で苦笑いしてしまいました。筆者が豪快に収入印紙を水でぬらして紙に貼り付ける様子を見て、ようやくやり方が分かったようです...w。


ベタベタと収入印紙が貼り付けられた引換証を窓口に持って行ったとき、窓口係員のおじさんのなんとも言えない表情に、心の中で少し笑ってしまいました。収入印紙を重ならないように貼り付け、重要な文字には一切かからないように上手く貼り付け、嫌がらせに近いかもしれませんが仕方がないです...。ちなみに、収入印紙は金券ショップにて額面の1~2%割引きで入手することができますのでお得です(ただし、偽造収入印紙には注意が必要かと)。