2017年7月19日水曜日

札幌移動2日目~美味なモノ食べた

本日札幌移動2日目ということでして、研究会1日目になりまして、研究成果の報告と聴講のお仕事になります。具体的な内容について言及することはできないので、それ以外の部分について適当にログを残しておきます。

朝食の買い出し、現金の調達、資料の追加印刷を済ませるために、ホテル最寄りのセブンイレブンに行きました。資料をPDFファイルに変換してUSBメモリーの保存しておけば、セブンイレブンのコピー機にてプリンタ代わりに印刷ができるので便利です。出先にて急きょ資料を印刷しなければならなくなったとき、とくにありがたみを感じられます。朝食は北海道産のサラダとおにぎりにて簡単に済ませました。


本日の日程を終えてホテルに帰るわけですが、夕食は北海道の海の幸を楽しみたくなりました。そこで、JR札幌駅のフードストリートにて寿司でも食べようかと思ったのですが、既に30組待ちとなっていました。戦時中の食料配給じゃあるまいし、わざわざ並んで、自分の順番がきたら他の人から焦らされて食べるのはしんどいです。そこで、『北海道の食卓』をコンセプトとした和食屋を選択しました。

とりあえず、生ビールと親子丼を注文しました。ここでいう親子は『鶏』ではなくて、『鮭』になります。アパタイザーとして現地のサッポロビールの生ビールは、イクラ・サケの組み合わせにもマッチしているように思いました。札幌駅前の大通りを定点観測しながら、暮れゆく時をゆっくりと楽しみました。


今日は昼食を食べそびれていましたし、もう少し札幌を堪能したかったので、ホッケの炭焼きにて現地のジャガイモを使った焼酎をチビチビと楽しみました。北海道の大地が生んだジャガイモを焼酎にしてしまい、それとホッケと組み合わせるととても良かったです。札幌でホッケを食べると、あぶらがしっかりと乗って大根おろしをつまみながらがベストでした。


札幌は福岡とは違ったウマさがありました。美味!