2017年7月25日火曜日

海外渡航保険に加入しました

今年の秋にちょっとシンガポールに出かける必要がありまして、ひとまずホテルと飛行機の予約は済ませています。あとは海外渡航保険にさえ入っておけば、ちょろっとシンガポールに出かけて、ボチボチとシンガポールの街を散歩できるかと思います。例によって三井住友VISAカード付帯の海外渡航保険を基本として、補償が足りない部分だけをバラカケにて入っておこうかと思います。

さて、筆者の場合、クレジットカード付帯保険で不足している部分は治療費用の部分だけになりまして、損保ジャパン日本興亜ホールディングスが提供する海外渡航保険OFFにて、オンラインにてパパっと手続きを済ませておきます。筆者は賃貸の火災保険等にて損保ジャパンにお世話になっていまして、損保ジャパンIDを取得しています。そのため、マイページにログインすれば、毎度のことでクリックひとつで簡単に加入できて便利です。次表の()内はクレジットカードの補償部分になりまして、これにてめぼしいところは十分かと思います。

死亡・後遺障害
(10,000万円)
1,000万円
治療費用
2,000万円
(500万円)
2,000万円
賠償責任
(10,000万円)
10,000万円
携行品損害
(100万円)
20万円
救援者費用
(1,000万円)
2,000万円
航空機寄託手荷物遅延等費用
(4万円)
10万円
保険料(4日間、シンガポール)
940円
1,610円

年会費が有料のクレジットカードを保有する理由が分からないと聞くことがありますが、そのクレジットカードを提供する会社が想定している人物像にピタリと符合するとき、案外とコスパは良くなる(すなわち、年会費の元を十分にとれる)かと思います。ちなみに、今回の場合、補償内容等を総合的に判断すると、保険料として1,000~1,500円程度は節約できたのではないでしょうか? もしくは、そう思えば精神衛生上良いかもしれません...w