2017年9月29日金曜日

マッサージ器を米国から個人輸入しました

シンガポールのチャンギ空港にてマッサージ器の試用をさせてもらいまして、筆者の遺伝子レベルにて刻まれた代々の肩こり症で悩んでいる人間としては本気で欲しいと思っていました。しかし、価格が日本円にして2万円と言われまして、商品のスペックから考えるとせいぜい1万円程度だろうと考えていましたのであきらめました。

帰国してからやはり気になって仕方がないので、パンフレットをもらった会社のホームページを見ながら色々と調べていましたところ、どうやら米国のマッサージ器メーカーが販売している商品を輸入していることが分かりました。同じように日本でも輸入代理店が取り扱っているのですが、やはり価格は2万円と強気の設定になっていました。

一方で、米国のネット通販を調べてみると、本体、配送料、関税をひっくるめて考えても、1万円でお釣りがくることが分かりました。というわけで、わざわざ業者を通すのもアホらしいので、気になっていたマッサージ器を個人輸入することにしたという次第です。ちなみに、キャンペーン期間中に引っかかったようでして、本体価格が通常価格の3割引きになっていました。

通常時と比べて浮いたお金を使って、関税手続き等もすべて前払いにてコミコミの速達書留便にて、米国本土から送ってもらうことにしました。参考までに、送料・税金・手数料だけで4,000円近くもかかりましたが、火曜日に注文して金曜日には手元に届くという国内通販と同じ感覚で利用できます。普通便にすればもう少し安価です。

トラッキング情報によりますと、米国のインディアナ州のホワイツタウンを出発した荷物は、空輸されてケンタッキー州のルイビルに到着した様子です。そのあと、昭和の時代に日本-欧州路線で経由されていた、アラスカ州のアンカレッジに向かいました。昔のテレビや映画を見ると良く耳にする都市名なのですが、最近は1万キロ程度は直行便で移動できるので、今の時代のアンカレッジの利用については、人間というよりも貨物の集積地としての働きがあるようです。


日本には大阪において関税手続きをした後、福岡まで運ばれてきたようです。


遠路はるばるとやってきたマッサージ器です。それにしても、注文確定から4日後に届くということは、海外通販であっても国内通販と同じペースで利用できるわけで、恐ろしい時代が到来しているなと思いました。

2017年9月26日火曜日

iPhone SE と Apple watch 2 をアップデートしました

筆者の手元にある iPhone SE と Apple watch 2 について、先日メジャーアップデートした OS をセットアップしてみることにしました。iPhone SE については、iOS 11 になりまして、注意事項としては 32 bit アプリが動作しなくなる点が挙げられます。事前に調べてみたところ、筆者が利用しているアプリはすべて 64 bit でしたので、大きな問題はないかと思いました。

iPhone のアップデート方法はいくつかありますが、万が一のトラブルを防ぐために、デスクトップパソコンに iPhone SE を接続して、iTunes ソフトから行いました。OS アップデートを行う前に、iTunes 上にて完全なバックアップをとっておき、その後、アップデートをはじめました。とくにトラブルもなくセットアップが完了しました。

次に、Apple watch 2 について、watch OS 4 へのアップデートになります。iPhone SE を自宅WiFiに接続して、アップデートプログラムのダウンロードに1時間、そのあと検証・確認などの準備に1時間かかりました。Apple watch 2 は昨晩に 100%充電させておき、かつモバイルバッテリーに接続した充電器に載せた状態にて、1時間ほどでアップデートが完了しました。途中でパスワード等の入力待ちがあったようですので、適当なタイミングで様子をうかがう必要がありました。

iPhone SE の OS アップデートに伴いまして、大きな問題はなく、従前に利用していたアプリはすべて動作することを確認しました。また、apple watch 2 についても、とくに変化はなく、問題なく動いています。ちなみに、apple watch 2 のパスワードを入力する際に表示されるテンキーがこれまでよりも大きくなりましたので、指が太い筆者にとっては打ち込みやすくて便利になりました。

2017年9月25日月曜日

Apple pay が海外でも使えるようになった?

先日の iOS のアップデートに伴いまして、Apple pay が国内だけでなく海外でも使えるようになったというアナウンスがなされました。筆者はアプリの互換性の観点より、iOS 11 へのアップデートは行っていないのですが、しかるべきタイミングにてアップデートも考えるべきかもしれません。

アメックスカードのアナウンスによると、筆者の場合、※2にある通り、iPhone SE と Apple watch 2 を組み合わせて Apple pay を利用していますので、iOS 11 へのアップデートによって対応可能かと思います。そもそも、Apple watch 2 に内蔵されている NFC は、type F だけでなく、type A/B も対応しているはずです。とくに、Amex express pay は type A/B 方式なので、先の制限がなくなれば必然的に使えるというメカニズムのように思いました。


公式ウェブサイトを見たところ、従前の iD、Suica、QuickPay、に加えて、type A/B のNFC のアイコンが増えていました。


イマイチ情報が少ないのでよく分からないのですが、この件については、引き続きフォローしておきたいところです。

2017年9月23日土曜日

鳥栖に出かけた帰りに筑紫野にある日本ソバを食べました

所用により鳥栖に出かけまして、その帰り道に日本ソバが食べたくなりましたので、筑紫野にある江戸ソバが食べられるお店に行きました。筑紫野インターチェンジに近い場所にあり、古民家をリフォームして店舗として営業しています。車も3台ほど止まっていまして、筆者の他に2組のお客さんがいました。職場の地元の人から教えてもらったお店でして、完全に隠れ家のようなお店ですので、確実に一見さんお断りのような雰囲気がありました。

2種類のソバと卵焼きを注文してみました。店主のお兄さんより、ソバが乾く前に早く食べて欲しいとコメントをもらいました。細いソバ麺に、関東風の濃口しょうゆのツユでいただきました。配膳された器にもこだわりが感じられまして、おそらく地元の小石原焼きを中心に揃えているという印象です。ただし、醤油差しについては明白に”備前焼き”でして、サンギリの景色が良い一品です。


店内の雰囲気、そば、ツユ、わさび(本わさびでした)、ギョク、器といずれも素晴らしいです。そば茶とそば湯についても、初めて飲み干してしまいました。良かった!

2017年9月21日木曜日

楽天カードが改悪して終わった...

楽天カードから電子マネー nanaco と suica にチャージしたとき、そのチャージ金額に対するポイント付帯がなくなるようです。ついにこのときが来てしまったかという印象でして、この改悪によって完全に終わってしまった感が強いです。


今後、nanaco と suica については、アメックスカードに一本化して、クレヒス磨きに使うことにします。また、電子マネーの優先利用順位として、QUICPay、WAON、Edy、nanaco、suica、iD  の順番になりそうです。

残念だ....。

2017年9月19日火曜日

スターバックスのカードをもらいました

諸ルートよりスターバックスのカードをもらいました。カードには1,000円ほどチャージされていると記載されていましたので、図書カードのように、スターバックスで使える電子マネーカードのようなものかと思いました。一方で、カード本体にはオンライン登録を促すような記述も見受けられましたので、一度、スターバックスのホームページにて調べてみることにしました。


筆者はスターバックスはあまり利用したことがないので詳しくは知らなかったのですが、国内の店舗で使えるオンラインサービスや電子マネーを提供していたようです。ひとまず、スターバックスの会員登録をサクッと済ませてみました。


マイページにログインしてみますと、マイスターバックスカードというメニューがありました。なるほど、ここで、先のカードを登録すれば良いということのようです。ちなみに、筆者の手元にあるカードは福岡限定デザインのようでして、他にもいくつかの種類があるようです。信者の皆さんはコンプリートを目指されたりしているのでしょうか?コレクションしたくなるようなカードですね..。


ウェブサービスのほかにモバイルサービスも提供しているようでして、おサイフケータイのようにタッチ&ゴーにて支払いができるようです。残念なことに筆者の手元にあるガラケーには対応していないようでして、また Android スマホが必要のようですので、このサービスは利用できないかと思います。


一方で、iPhone アプリとして、スターバックス公式アプリがリリースされているようですので、早速、手元の iPhone SE にインストールしてみて、ログインをしてみました。しっかりと、残高が1,000円と表示されました。次回、スターバックスに出かけることがあれば、使ってみたいと思います。

2017年9月16日土曜日

台風の進路が気になりつつ福岡に帰ります

台風18号が日本に近づいて来ているようでして、東京から福岡への空の移動が心配になってきました。今週前半は予報円が大きすぎてなんとも分からなかったのですが、だんだんと台風の予想ルートと時間が分かりはじめました。明日の日曜日の移動は難しいかもしれませんが、なんとか本日の移動はギリギリ間に合うかなという状況かと思います。


昨日は、せっかく東京にきましたので、月島もんじゃ焼きを食べてみました。他県でもんじゃ焼きを注文すると小麦粉がしっかり入っているので、ネギ焼きのような状況になりますが、本場はさらに薄くするようです。さすがに、これでは満足感は得られませんので、お好み焼きも注文しました。大阪や広島とは違って、パンケーキのようなオシャレなお好み焼きに仕上げてもらえました。


復路の空港では、チェックイン手続きにて荷物を預ける際に、空港宅配サービスを依頼しました。国際線を利用する場合は、JAL ABC カウンターからクレジットカードの特典で無料なのですが、国内線の場合は1個あたり1,000円で宅配をしてくれます。


サービスを利用するにあたり、とくに予約をする必要もなく、荷物をドロップするときに伝票と現金を渡すだけで手続きが終わりました。時間帯のみ指定をしておきました。これで、飛行機を降りてからターンテーブルの前で待機することなく、そのまま自宅に向かって帰ることができます。小さいスーツケースであれば使うことはないのですが、手荷物が多いときはお金で解決をすることも良いかと思います。ちなみに、自宅まで宅急便を使って送ると、1,000円ではムリかと思いますので、お得感はあります。

2017年9月14日木曜日

会議開催中に特別局が運用していました

アマチュア無線局には、個人局、社団局とあります。そのほかとして、記念局として何かしらのイベントにあわせて無線局が運用されることがあります。今回参加している電子情報通信学会は、今年、100周年になりまして、その記念局「8J100EIC」が開設されています。その無線局が公開運用をしていましたので、見学してみました。


8J100EIC局は、東京のNTTのビル?に設置されています。そして、本会場まではインターネットを介したリモート運用にて、無線運用ができるようになっています。通信設備の関係にて、第3級アマチュア無線以上の資格が必要になります。


現在、香川大学のアマチュア無線社団局と協力して、リモート運用をやろうという話になっています。その運用風景がイマイチ分からなかったのですが、なんとなくやり方が分かりました。

2017年9月12日火曜日

某学会参加のために東京に来ています

バタバタと忙しい日々が続いています。今週は某学会のお仕事のために、東京にやってきています。東京に1週間程度滞在するのは久しぶりになります。

福岡からは飛行機で羽田空港に向かいました。羽田空港から滞在先ホテルまでは、リムジンバスにて直行しました。以前は鉄道の乗り換えを駆使していたのですが、最近は滞在エリアがだいたい決まってきていまして、ひとつの目安として羽田からのリムジンバスのエリアかどうかという指標も加味しています。


厳密に言うと、学会会場は東京都になりますが、滞在先は川を渡って神奈川県になります。最寄り駅は武蔵小杉駅になります。筆者は武蔵小杉駅はお気に入りのエリアでして、各私鉄、JR、バスといくつもの路線が交わっている駅になります。また、各路線の乗り換えについても、上下のエスカレーターの移動が可能ですので、徒歩での移動が主体となる都会でも体が楽です。

武蔵小杉駅には駅ビルの他に、24時間スーパーマーケットやショッピングモールがありますので、衣食住に困ることはありません。駅ビルに入っていたレストランにて、カレーうどんセットを注文してみました。カレーを和風ダシで割って楽しむという斬新なアイデアに驚きましたが、なかなか美味しかったです。今度、試してみたいと思いました。


首都圏は人が多いので大変です。たまに来るのは良いのですが、ずっと住むのは、ナシかなぁと思います。

2017年9月10日日曜日

研究室の合宿に参加しました

週末は例年の恒例行事となっています、研究室の夏合宿に参加しました。合宿場所は、弊学の九重キャンパスのやまなみ荘になりまして、別府や湯布院に並ぶ温泉地になります。部屋は特別室に案内してもらいまして、和洋室の良い部屋でした。


夕食は屋外にてバーベキュー、朝食は和食がついています。翌月曜日には移動が待っていますので、名残惜しいのですが早々に切り上げました。

2017年9月8日金曜日

モバイルSuicaにEX-ICサービスを紐付けしました

先のブログ記事『EX-IC の iPhone アプリが使えるようになりました』において触れましたが、筆者も EX-IC サービスが利用できるようになりました。せっかくなので、手元のモバイル siuca にも紐付け処理をしておこうと思います。基本的な乗り方の流れとして、ウェブサイトや iPhone アプリより予約を済ませておきます。まず、JR博多駅からJR岡山駅のように、新幹線のみを使う場合に関しては、新幹線改札よりEX-ICをタッチして入出場すればよいことになります。


次に、JR博多駅からJR高松駅のように、在来線の区間がある場合、EX-IC と Suica などの交通系 IC カードを併用する必要があります。一方で、JR四国の駅には自動改札がないことがありますので、そのような場合は紙のきっぷを併用する必要があります。この場合は、suica の代わりということになるかと思います。在来線の区間がある場合は、EX-IC サービスは少し使いにくいように思います。とくに、紙のきっぷしか使えない場合は、さいしょから全区間を紙のきっぷで発券してもらうのが正解に思いました。


本日のブログ題目にありますように、筆者はモバイルsuicaを利用しています。具体的には、NTT docomo のガラケー N03D に搭載されているモバイル suica と、iPhone SE と Apple Watch 2 を併用した Apple Pay の suica になります。


Apple Pay の suica については EX-IC サービスと連携させることはできませんが、ガラケーのモバイル suica については紐付けすることができるようです。また、ガラケーに EX-IC を紐付けした後であっても、これまで通りにカード型 EX-IC も併用できるようです。素直に先述した利用ケースの中では、「EX-IC と Suica などの交通系 IC カードを併用する」場合に相当すると考えるべきかと思いました。


EX-IC サービスが利用できるようになってから、新大阪~東京の区間だけではなく、博多~東京の区間でも非接触ICカードでの利用ができるようになりました。筆者は、松山・福岡・高松を拠点にしていますので、旧サービスは利用することがありませんでした。例えば、東京に行く用事があれば飛行機を使いますし、新幹線を使う場合であっても全区間を紙のきっぷを発行せざるを得ないかと思います。今回のサービス拡張で、山陽新幹線の区間が利用できるようになったのは大きいと思います。さらにいうと、ガラケーのモバイル suica に紐付けすることができましたので、究極的にはガラケーだけで完結できるいえます。


スマホに比べてガラケーは肩身の狭い思いをしていますが、日本独自の進化を遂げてた携帯電話は国内では最強ということかもしれません。スマホとガラケーのどちらか一方だけを選んで選択しなかった方を攻撃するよりも、むしろ両方を持ってしまって良いとこ取りをする戦略も悪くないかなと思いました。

2017年9月6日水曜日

EX-IC の iPhone アプリが使えるようになりました

筆者は JR の東海道・山陽新幹線の IC カードサービスとして、EX-IC プラスを利用していました。このたび、EX-IC と EX-IC プラスが統合したようでして、EX-IC プラス会員であっても、博多駅~東京駅の区間で IC カードサービスが利用できるようになりました。それに伴いまして、iPhone にて提供されている、EX-IC のアプリも EX-IC プラス会員でも使えるようになったようです。


はじめてログインをするときは、利用規約に同意する必要があるようです。そこだけは、少しつまずきましたが、とくに問題なく設定を終えました。


新幹線に乗る予定はありませんので、いつになったら利用できるでしょうか...。それまで、お楽しみをとっておきます。

2017年9月5日火曜日

シンガポールでのお金の持ち方

海外渡航でのお金の持ち方というのは悩ましい問題かと思います。最近はクレジットカードを使った電子決済が利用できることが多くなりまして、シンガポールにおいてもクレジットカードがほとんどのお店で使えました。筆者はアメックスカードをメインカードとして利用しているのですが、一部のお店は VISA または Master のみ対応していることにより断られることが少しありました。従って、とくにこだわりがないようであれば、VISA カードを1枚と、予備でMasterカードを1枚、そして少額の現金さえあれば不便はないかと思います。

シンガポールの通貨、シンガポールドルの現金については、市内のいたるところにある両替所にて、日本円の現金から両替すれば良いかと思います。当面の現金については、シンガポールのチャンギ空港の両替カウンターを利用すれば良いかと思います。ただし、いつみても10人程度の人が行列を作っています。従って、時間を節約するという点で、多少手数料が高いかもしれませんが、日本にて事前に1万円程度のシンガポールドルを調達するのが正解かもしれません。

シンガポールのチャンギ空港には、数多くの ATM が設置されていますので、クレジットカードを使った海外キャッシングをするのがベストかと思います。しかし、他のウェブサイトにおいても紹介されている本手法については欠点がありまして、筆者が学生のときは、キャッシング枠を設定することができませんでした。そして、大学院にて非常勤講師をしていたことを理由として、当時三井住友VISAカードのデスクにお願いをして、個別相談の結果として5万円の与信枠をもらった記憶があります。このような状況においては、代替手段として、国際キャッシュカード(例:新生銀行、楽天銀行、セブン銀行など)や国際プリペイドカードサービスを選ぶべきかと思います。

参考程度になりますが、シンガポールドル・円のインターバンクレートにて、80~81円程度のとき、アメックスカードの為替レートは次の通りでした。前回のグアム移動の際『クレジットカードの為替レート』においても感じていたのですが、手数料は2%程度かなという印象でした。

9/1
83.169
9/2
83.383
9/3
83.423

クレジットカード決済については、一般に、Master > VISA > Amex という順番でお得かと思います。ただし、最近は外貨建て決済の手数料を1.6%から2%に値上げしていることもありまして、ポイント還元や利便性を考えるとアメックスも悪くないのかなと思います。また、アメックスカードの良いところとして、クレジットカード決済の利用金額が専用アプリやウェブサイトの御利用明細にあがってくるのが早いように思います。

ちなみに、シンガポールにおいても非接触決済が使える場所が増えまして、アメックスが提供している type A/B 対応の Express Pay は、今回のアメックス決済の半分くらいのお店で利用できました。ちなみに、シンガポールの人たちは、すべてまとめて「ペイウェイブ」と表現していまして、クレジットカード会社が提供しているサービス名の使い分けはあまりしていない印象でした。

2017年9月3日日曜日

シンガポールを散策しました

シンガポールを散策してみました。筆者が滞在しているのは郊外地域ですので、市内の混雑もなくて過ごしやすいです。いくつかのショッピングモールをはしごしまして、適当に冷やかしてまわりました。

昼食は J-cube の建物内にあった、サイゼリアにてハンバーグ定食にしました。シンガポールであっても、日本にいるときと同じようなものを食べることができて素晴らしいです。


午後の散策の合間において、スターバックスにて一息をいれました。甘いホットココアは、疲れた体に染み渡ります。


シンガポールに来ていたとしても、地元にいるときと何ら変わらない生活になっています。もはや、世界中、どこでも一緒ということでしょう。

2017年9月2日土曜日

シンガポールの旅で気がついたこと

週末を利用して、シンガポールに出かけることにしました。福岡からシンガポールまでは、直行便を利用しました。往路のフライト時間は5時間30分ですので、パソコンで軽く作業をして、食事を済ませると、丁度よい時間になります。今回のフライトでは、乗客が案外と多くて、高校生の修学旅行の生徒さん御一行も同じ飛行機のようです。機内食は和食を選択してみたところ、メインディッシュは、焼鳥がごはんの上に乗った焼鳥丼でして、なかなか美味でした。


夕食は、ホーカーと呼ばれているシンガポールの屋台村のような場所にて、天ぷら定食を食べてみました。飲物はコーラが常温で販売されていまして、冷やさずに飲むのか?と思っていたところ、氷の入ったカップを渡されました。なるほど、そういう仕組みのようです。


明日の朝食用にパンを買いました。昨年と同じ場所にて買ったのですが、ショートニングが使われていました。わずか1年足らずで色々な変化を発見しました。


新興国と呼ばれる国々は、日本と比較して、猛烈な勢いがあります。従って、数年前までは考えられなかったと言わざるをえない数々の点について、すでに日本と同等水準にまで向上していることを肌で感じます。そのような国々に対して、高々アジアの小国とバカにしている日本の田舎っぺの方々が居ることは知っています。彼らは生涯にわたって知ることさえないかと思いますが、我々の後を追ってきたはずの人たちの模範となるべき日本と日本人は、既に絶滅しているかもしれないという恐怖を感じてしまいます。

2017年9月1日金曜日

NTT docomo 海外パケット定額サービスをチェック!

スマートホンを国際ローミングした場合には通信料金が高額になりますので、これまで積極的に利用することはありませんでした。一方で、最近はどのような料金体系になっているのか簡単に確認してみました。

まずパケット通信に関してですが、2種類のパケット定額サービスがあるようです。海外パケホーダイに関しては知っていたのですが、海外1dayパケもなかなか良さそうなサービスに見えます。申込み手続きを行ってから24時間以内のパケット通信が、980円、1,280円、1,580円の定額になるサービスのようです。


ちなみにシンガポールについては、980円の地域に該当するようです。例えば、短期間の渡航の場合やモバイル通信環境を限定的に利用したい人にとっては、手間等を鑑みると案外とコスパが良いかもしれないと思います。


注意事項を確認いたしましたところ、当たり前ですが、音声通信やSMS関係は対象外になるようです。また、利用開始から24時間以内の通信料が30Mbyteを超えると、通信速度が16kbit/sに制限されるようです。うっすらと思い出したのですが、そんな割高な条件だったらアホらしいと思って一蹴したような記憶があります。参考までに、この制限が外れるキャンペーンを張っている時期もあるようです。奥が深い。



また、パケット定額にならない海外事業者もあるようでして、間違ってそちらにつないでパケット通信を行った場合は、従量課金で永遠に請求されるようです。恐ろしい!ちなみに、そんな状況に対処するべく、海外パケット通信料が5,000円に達したときにパケット通信を遮断してくれるように設定しました。一安心です。

筆者の手元にある iPhone の場合ですと、設定のモバイル通信において、データローミングをオンにするだけのようです。


参考までに、海外渡航中においては、筆者は iPhone は、常時、機内モードに設定しています。そして、Glocal Me にてパケット通信をしたい場合にだけ Wi-Fi をオンにします。こうしておけば、音声電話の着信もできなくなりますが、高額なパケット通信が発生することはありません。

ちなみに、音声発信の場合の通信料金は次の通りです。

シンガポール
日 本
その他
75円
175円
265円

その他の通信料金は次の通りです。

音声着信 SMS 文字メール
155円 100円 50円

相変わらず、イイ商売しているなぁ...。