2017年9月23日土曜日

鳥栖に出かけた帰りに筑紫野にある日本ソバを食べました

所用により鳥栖に出かけまして、その帰り道に日本ソバが食べたくなりましたので、筑紫野にある江戸ソバが食べられるお店に行きました。筑紫野インターチェンジに近い場所にあり、古民家をリフォームして店舗として営業しています。車も3台ほど止まっていまして、筆者の他に2組のお客さんがいました。職場の地元の人から教えてもらったお店でして、完全に隠れ家のようなお店ですので、確実に一見さんお断りのような雰囲気がありました。

2種類のソバと卵焼きを注文してみました。店主のお兄さんより、ソバが乾く前に早く食べて欲しいとコメントをもらいました。細いソバ麺に、関東風の濃口しょうゆのツユでいただきました。配膳された器にもこだわりが感じられまして、おそらく地元の小石原焼きを中心に揃えているという印象です。ただし、醤油差しについては明白に”備前焼き”でして、サンギリの景色が良い一品です。


店内の雰囲気、そば、ツユ、わさび(本わさびでした)、ギョク、器といずれも素晴らしいです。そば茶とそば湯についても、初めて飲み干してしまいました。良かった!