2017年9月26日火曜日

iPhone SE と Apple watch 2 をアップデートしました

筆者の手元にある iPhone SE と Apple watch 2 について、先日メジャーアップデートした OS をセットアップしてみることにしました。iPhone SE については、iOS 11 になりまして、注意事項としては 32 bit アプリが動作しなくなる点が挙げられます。事前に調べてみたところ、筆者が利用しているアプリはすべて 64 bit でしたので、大きな問題はないかと思いました。

iPhone のアップデート方法はいくつかありますが、万が一のトラブルを防ぐために、デスクトップパソコンに iPhone SE を接続して、iTunes ソフトから行いました。OS アップデートを行う前に、iTunes 上にて完全なバックアップをとっておき、その後、アップデートをはじめました。とくにトラブルもなくセットアップが完了しました。

次に、Apple watch 2 について、watch OS 4 へのアップデートになります。iPhone SE を自宅WiFiに接続して、アップデートプログラムのダウンロードに1時間、そのあと検証・確認などの準備に1時間かかりました。Apple watch 2 は昨晩に 100%充電させておき、かつモバイルバッテリーに接続した充電器に載せた状態にて、1時間ほどでアップデートが完了しました。途中でパスワード等の入力待ちがあったようですので、適当なタイミングで様子をうかがう必要がありました。

iPhone SE の OS アップデートに伴いまして、大きな問題はなく、従前に利用していたアプリはすべて動作することを確認しました。また、apple watch 2 についても、とくに変化はなく、問題なく動いています。ちなみに、apple watch 2 のパスワードを入力する際に表示されるテンキーがこれまでよりも大きくなりましたので、指が太い筆者にとっては打ち込みやすくて便利になりました。