2017年10月27日金曜日

海外旅行の電源関係を見直しました

YouTuber・Appleが大好きなんだよ 氏の『来週の海外ベトナム・カンボジア出張準備中:iPhoneなどApple製品を中心に今回の機材は?』を視聴いたしまして、筆者も旅行関係の電源関係のアイテムを見直すことにしました。動画は以下の通りです。


筆者が利用している電源ケーブル関係につきましては、基本的に USB type A に統一しています。そして、マイクロ USB、USB type C、Apple watch 充電器、Lightning になります。あと、USB-C to USB-C のケーブルと商用電源とメガネ型ケーブルを併せて持っています。


商用電源から USB type A に電流を供給するために、以前は JUST SYSTEM より購入したものを利用していたのですが、最近になって Anker PowerPort+ 5 に切り替えました。先の動画でも紹介されていますように、USB type A の 4 ポートにつきましては 5V/2.4A が供給されています。また、USB-C ポートにつきましては USB-C Power Delivery (PD) に対応しているので、Macbook への電源供給アダプターとしても利用することができます。そのため、この機器を 1 台だけ持って行くだけで解決するために荷物がコンパクトになります。


海外のコンセントは日本のそれとは違うときがありまして、プラグ形状の変換アダプタもあると便利です。以前は全世界対応アダプターを使っていたのですが、本体やケーブルの重さによってコンセントから抜け落ちてしまうことが多々ありました。そこで、下の写真のようなアダプターに加えて、事前に調べておいた個別のプラグと、Apple の充電器には専用の全世界アダプターのコネクタ部分を持って行きます。

また、先の動画でも紹介されていますように、ホテルではコンセントの数が少ないときがありますので、ポートを増やすためのタップをひとつ持っています。すなわち、メガネ型ケーブルをコンセントから這わせて、それを Anker PowerPort+ 5 やノート型パソコンのAC/DC アダプタにつなげます。そして、その途中に下写真の OA タップを挟むことによって、コンセントの数を 2 個増やすというわけです。