2017年12月28日木曜日

つみたてNISA設定を済ませました

来年よりNISAにつきましては積立てNISAに変更しています。その積立て設定が12月26日より可能になるという通知が来ていましたので、少し遅くなりましたが設定だけは済ませておくことにしました。


1年間あたり40万円までとなりますので、1カ月あたり33,333円とキリが悪い数字になってしまいます。さてさてどうしようかと思っていますと、ボーナス月については上乗せ設定ができるようです。そこで、毎月3万、年2回だけ2万円を上乗せしまして、キレイに40万円の設定をしておきました。これで、何も考えなくても機械的に積立て貯蓄がなされるのでありがたいです。

2017年12月23日土曜日

アメックスポイントを使ってみました

筆者はメインカードとしてアメックスカードを使っています。アメックスカードのポイント制度としては、100円あたり1ポイント付帯されまして、貯まったポイントに応じた商品と交換ができます。とくに欲しい商品がないときは商品券に交換する方法もあるのですが、3,000ポイントを消費して1,000円に還元されますので、還元率は 0.3% 程度になってしまいます。


筆者はメンバーシップ・リワード・プラスと呼ばれるポイント会員に入会していますので、日常でポイントが使えるポイントフリーダムを使って高還元率で利用できます。そこで、1ポイントを1円として使うために、航空券の支払いに対するポイントフリーダムを活用したポイント払いを試みました。このとき、ポイント還元率は 1% になります。ちなみに、メンバーシップ・リワード・プラスの年会費は3,000円(税別)になりますので、クレジットカードの利用金額が小さい場合は損をしますが、大多数の社会人の方でクレジット決済をメインにされていればお得になるのではないかと推測します。

筆者は iPhone にアメックスアプリをインストールしていまして、ご利用明細の閲覧ページよりポイントを使って支払う手続きを進めてみました。今回は、JAL航空券の支払い12,600円に対して、12,600ポイントを充ててみました。もし、メンバーシップ・リワード・プラス会員でなければ、42,000ポイントが必要になることから、会員になるメリットを感じました。


JAL航空券であれば、ブリティッシュエアウェイズに航空マイルを交換して、one world の制度を使ってチケットを取るという技もあります。こちらの方が還元率は良いのですが、手間がかかって面倒くさいので、このあたりで手を打つことにしたという次第です。

2017年12月19日火曜日

Amazonギフトカードキャッシュバックキャンペーンに申込みました

先日、セブンイレブンにて買物をいたしまして、その際にもらったレシートを見てみると、Amazon ギフトカードを購入するとキャッシュバックキャンペーンを張っていることを知りました。公式ウェブサイトをなかなか見つけることができなかったのですが、セブンイレブンの公式ホームページより小さなバーナーを辿ってたどりつきました。


対象商品は、Amazonギフト券バリアブル、ギフトボックス付きの2券種の合計3券種のみのようです。それ以外であれば対象外になりますので注意が必要です。


早速、電子マネー nanaco に2万円ほどチャージをいたしまして、セブンイレブンに行って参りました。そして、せっかくなのでギフトボックス付きのギフト券をレジに持ってゆき、2万円ほどチャージしてもらいました。


今回のキャンペーンは、4%の還元率なのでそれなりに良いように思います。欲張って5万円とかチャージをしてしまうと、使い道に困ってしまいます。そのために、素直に、ここ2~3カ月で使いきれるかなという金額にしました。チャージした金額に比例してギフト券が増えるのではなく、10,000円、20,000円、40,000円、50,000円の節目がベストに感じます...。いかがでしょうか?

2017年12月17日日曜日

インクジェットプリンタを購入しました

週末に年賀状を刷ろうかと考えまして、インクジェットプリンタをセットアップしましたところ、カラーインクは正しく出力されるのですが、黒インクが全く出ないという症状に悩まされました。そこで、ノイズクリーニングを数回試したのですが、インクが減るだけで何の効果も得られず、ノズルヘッドの掃除を試みたところEPSONの複合タイプは分解することは難しくあきらめました。とはいえ自宅にカラープリンタがないと不便なので、急きょ、新しいインクジェットプリンタを購入することにしました。

プリンタについては、筆者は EPSON または CANON のいずれかを選択しています。以前、 CANON IP100 を使っていまして、ノズルヘッドが完全に消耗して印刷が完全にかすれてしまうまで頑張ってくれました。その後継機種として CANON IP110 がありましたので、少し値が張るのですが購入することにしました。CANON IP 110 の良いところは、モバイルタイプになりますので持ち運びが簡単にできるところです。そのため、出先でも使うことができ、また普段は本棚にでも収納しておき、使いたいときだけセットアップすればよいわけです。

ヨドバシカメラ博多店にでかけまして、プリンタコーナーに行ってみました。すると、年賀状の季節であるためか、ここ一番、新しいプリンタの宣伝をしていました。ただし、お客さんは感心はあまりがないようでした。やはり、最近は年賀状をやりとりするという時代でもありませんので仕方がないということでしょう。店員さんに声をかけて手配をしてもらいました。店員さんには予備のインクをすすめられましたが、たちまち、高々、数枚の年賀状の印刷さえできれば良いのでインクは別途購入することにしました。


以前使っていた IP 100 と違う部分といえば、Wi-Fi のボタンが増えた点、フルカラーにて印刷をしてみたところ、IP 100 より印刷速度が遅くなったように感じた点かと思います。


せっかく良い商品を買ったので、定期的に趣味の写真プリントにも使いたいと思います。インクジェットプリンタは、頻繁に使わないとすぐにノズルヘッドが壊れてダメダメです...。

2017年12月13日水曜日

良さげな楽天ファンドを発見しました

楽天証券のウェブサイトを閲覧していまして、『楽天・全米株式インデックス・ファンド』と『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の2種類を発見しました。これらのファンドについては、楽天・全米株式インデックス・ファンドは『バンガード・トータル・ストック・マーケットETF』(VTI)、楽天・全世界株式インデックス・ファンドは『バンガード・トータル・ワールド・ストックETF』(VT)を購入していることになります。

素直に考えるとわざわざ楽天を介して手数料を支払ってまで米国ETFを買わなくても、直接マーケットで購入すればいいのではないかという考え方もあります。一方で、手間、購入単価、円建て、そのたの面倒くさいことをすべてラップしてくれるのであれば、あえてこれらのファンドを仲介させる利点は大きいように思います。また、類似の投資信託と比較しても、楽天の中抜きはそれほどひどくなくて、良心的な手数料水準であることも評価できるように思います。

こういうカタチで、VTIとVTを買えるのは素晴らしいです。どちらの方がパフォーマンスが良いのか甲乙付けがたいところがありますので、両者をドルコスト平均に従って積立てて様子をみてみたいという衝動に駆られます。

2017年12月10日日曜日

長崎に散歩に行きました

せっかくの休日なので、長崎の海を見に行きました。また、復路では馴染みの嬉野温泉にて体を温めました。長崎といえば、ちゃんぽんが有名かと思いますが、同じカテゴリーに属するとおぼしき皿うどんにしてみました。揚げた麺にあんかけ野菜をたっぷりのせた、本場の長崎の味を堪能しました。お腹いっぱいに食べて大満足でして、これで700円の定食になるのでコスパ良好でしょう。

2017年12月5日火曜日

寒い夜に一杯のお酒

今日は一段と冷え込みます。仕事が終わって鍋をいただきまして、馴染みの近所の温泉にて体を温めてきました。帰りの車のフロントガラスには、雪ともミゾレともいえる雨粒があたりまして、どうやらさらに冷え込みそうです。こんな日は一杯のウイスキーで体を芯から温めるのがベストです。サントリーの響はクセがなくてスッキリと美味しく飲めるので、個人的に好きなジャパニーズウイスキーの銘柄のひとつです。

2017年12月2日土曜日

私用のために松山に移動しました

今日は私用のために松山に移動する必要があります。始発便の飛行機は7時すぎでしたので、朝は5時起きにて空港に向かう必要があります。今回は日帰りの旅ですので、利便性やコスパを考慮して、福岡空港の国内線ターミナルの公式駐車場に車をおいておくことにしました。結局、昨晩は21時すぎに布団に入って熟睡しましたので、早朝3時すぎには目が覚めてしまいました。

自宅最寄りの福岡都市高速のインターチェンジから上がりまして、そのまま福岡空港まで移動しました。休日ですので正規運賃よりも多少安いようです。福岡空港のターミナルビルに至る渡り廊下は3階で繋がっていますので、どうしてもその近辺のフロアは混雑します。流石に朝一番でしたので3階に駐車することができました。さて、早々にセキュリティを抜けまして、上級会員向けのラウンジにてコーヒーブレイクにしました。


福岡空港のラウンジは改修されたばかりですので、快適に過ごすことができます。外の飛行機を眺めながら、通称『お勉強机ゾーン』にてデジタルガジェットを充電しながら、チョロチョロと作業をすすめました。


松山行きの飛行機はほぼ満席状態でした。松山空港に到着した後はレンタカーを手配していましたので、空港デスクより送迎を依頼しました。ひと休憩を入れたのちにストックしておくべきものを買い出しに出かけまして、お昼はコメダ珈琲にて簡単に済ませました。写真では分かりづらいのですが、他の地域と比べて、海と空の色が違います。やはり、慣れ親しんだ地元の色は落ち着きます。


午後からは私用を済ませまして、ゆっくりと体を休めて、夕方にはレンタカーを返却してそのまま松山空港まで送迎をしてもらいました。福岡空港に到着した後は駐車場にて向かいまして、都市高速を使って自宅最寄りまで移動しました。また、冷蔵庫が空っぽなので、24時間営業のスーパーマーケットにて当面の食べるものだけをササッと買いました。