2017年9月23日土曜日

鳥栖に出かけた帰りに筑紫野にある日本ソバを食べました

所用により鳥栖に出かけまして、その帰り道に日本ソバが食べたくなりましたので、筑紫野にある江戸ソバが食べられるお店に行きました。筑紫野インターチェンジに近い場所にあり、古民家をリフォームして店舗として営業しています。車も3台ほど止まっていまして、筆者の他に2組のお客さんがいました。職場の地元の人から教えてもらったお店でして、完全に隠れ家のようなお店ですので、確実に一見さんお断りのような雰囲気がありました。

2種類のソバと卵焼きを注文してみました。店主のお兄さんより、ソバが乾く前に早く食べて欲しいとコメントをもらいました。細いソバ麺に、関東風の濃口しょうゆのツユでいただきました。配膳された器にもこだわりが感じられまして、おそらく地元の小石原焼きを中心に揃えているという印象です。ただし、醤油差しについては明白に”備前焼き”でして、サンギリの景色が良い一品です。


店内の雰囲気、そば、ツユ、わさび(本わさびでした)、ギョク、器といずれも素晴らしいです。そば茶とそば湯についても、初めて飲み干してしまいました。良かった!

2017年9月21日木曜日

楽天カードが改悪して終わった...

楽天カードから電子マネー nanaco と suica にチャージしたとき、そのチャージ金額に対するポイント付帯がなくなるようです。ついにこのときが来てしまったかという印象でして、この改悪によって完全に終わってしまった感が強いです。


今後、nanaco と suica については、アメックスカードに一本化して、クレヒス磨きに使うことにします。また、電子マネーの優先利用順位として、QUICPay、WAON、Edy、nanaco、suica、iD  の順番になりそうです。

残念だ....。

2017年9月19日火曜日

スターバックスのカードをもらいました

諸ルートよりスターバックスのカードをもらいました。カードには1,000円ほどチャージされていると記載されていましたので、図書カードのように、スターバックスで使える電子マネーカードのようなものかと思いました。一方で、カード本体にはオンライン登録を促すような記述も見受けられましたので、一度、スターバックスのホームページにて調べてみることにしました。


筆者はスターバックスはあまり利用したことがないので詳しくは知らなかったのですが、国内の店舗で使えるオンラインサービスや電子マネーを提供していたようです。ひとまず、スターバックスの会員登録をサクッと済ませてみました。


マイページにログインしてみますと、マイスターバックスカードというメニューがありました。なるほど、ここで、先のカードを登録すれば良いということのようです。ちなみに、筆者の手元にあるカードは福岡限定デザインのようでして、他にもいくつかの種類があるようです。信者の皆さんはコンプリートを目指されたりしているのでしょうか?コレクションしたくなるようなカードですね..。


ウェブサービスのほかにモバイルサービスも提供しているようでして、おサイフケータイのようにタッチ&ゴーにて支払いができるようです。残念なことに筆者の手元にあるガラケーには対応していないようでして、また Android スマホが必要のようですので、このサービスは利用できないかと思います。


一方で、iPhone アプリとして、スターバックス公式アプリがリリースされているようですので、早速、手元の iPhone SE にインストールしてみて、ログインをしてみました。しっかりと、残高が1,000円と表示されました。次回、スターバックスに出かけることがあれば、使ってみたいと思います。

2017年9月16日土曜日

台風の進路が気になりつつ福岡に帰ります

台風18号が日本に近づいて来ているようでして、東京から福岡への空の移動が心配になってきました。今週前半は予報円が大きすぎてなんとも分からなかったのですが、だんだんと台風の予想ルートと時間が分かりはじめました。明日の日曜日の移動は難しいかもしれませんが、なんとか本日の移動はギリギリ間に合うかなという状況かと思います。


昨日は、せっかく東京にきましたので、月島もんじゃ焼きを食べてみました。他県でもんじゃ焼きを注文すると小麦粉がしっかり入っているので、ネギ焼きのような状況になりますが、本場はさらに薄くするようです。さすがに、これでは満足感は得られませんので、お好み焼きも注文しました。大阪や広島とは違って、パンケーキのようなオシャレなお好み焼きに仕上げてもらえました。


復路の空港では、チェックイン手続きにて荷物を預ける際に、空港宅配サービスを依頼しました。国際線を利用する場合は、JAL ABC カウンターからクレジットカードの特典で無料なのですが、国内線の場合は1個あたり1,000円で宅配をしてくれます。


サービスを利用するにあたり、とくに予約をする必要もなく、荷物をドロップするときに伝票と現金を渡すだけで手続きが終わりました。時間帯のみ指定をしておきました。これで、飛行機を降りてからターンテーブルの前で待機することなく、そのまま自宅に向かって帰ることができます。小さいスーツケースであれば使うことはないのですが、手荷物が多いときはお金で解決をすることも良いかと思います。ちなみに、自宅まで宅急便を使って送ると、1,000円ではムリかと思いますので、お得感はあります。

2017年9月14日木曜日

会議開催中に特別局が運用していました

アマチュア無線局には、個人局、社団局とあります。そのほかとして、記念局として何かしらのイベントにあわせて無線局が運用されることがあります。今回参加している電子情報通信学会は、今年、100周年になりまして、その記念局「8J100EIC」が開設されています。その無線局が公開運用をしていましたので、見学してみました。


8J100EIC局は、東京のNTTのビル?に設置されています。そして、本会場まではインターネットを介したリモート運用にて、無線運用ができるようになっています。通信設備の関係にて、第3級アマチュア無線以上の資格が必要になります。


現在、香川大学のアマチュア無線社団局と協力して、リモート運用をやろうという話になっています。その運用風景がイマイチ分からなかったのですが、なんとなくやり方が分かりました。

2017年9月12日火曜日

某学会参加のために東京に来ています

バタバタと忙しい日々が続いています。今週は某学会のお仕事のために、東京にやってきています。東京に1週間程度滞在するのは久しぶりになります。

福岡からは飛行機で羽田空港に向かいました。羽田空港から滞在先ホテルまでは、リムジンバスにて直行しました。以前は鉄道の乗り換えを駆使していたのですが、最近は滞在エリアがだいたい決まってきていまして、ひとつの目安として羽田からのリムジンバスのエリアかどうかという指標も加味しています。


厳密に言うと、学会会場は東京都になりますが、滞在先は川を渡って神奈川県になります。最寄り駅は武蔵小杉駅になります。筆者は武蔵小杉駅はお気に入りのエリアでして、各私鉄、JR、バスといくつもの路線が交わっている駅になります。また、各路線の乗り換えについても、上下のエスカレーターの移動が可能ですので、徒歩での移動が主体となる都会でも体が楽です。

武蔵小杉駅には駅ビルの他に、24時間スーパーマーケットやショッピングモールがありますので、衣食住に困ることはありません。駅ビルに入っていたレストランにて、カレーうどんセットを注文してみました。カレーを和風ダシで割って楽しむという斬新なアイデアに驚きましたが、なかなか美味しかったです。今度、試してみたいと思いました。


首都圏は人が多いので大変です。たまに来るのは良いのですが、ずっと住むのは、ナシかなぁと思います。

2017年9月10日日曜日

研究室の合宿に参加しました

週末は例年の恒例行事となっています、研究室の夏合宿に参加しました。合宿場所は、弊学の九重キャンパスのやまなみ荘になりまして、別府や湯布院に並ぶ温泉地になります。部屋は特別室に案内してもらいまして、和洋室の良い部屋でした。


夕食は屋外にてバーベキュー、朝食は和食がついています。翌月曜日には移動が待っていますので、名残惜しいのですが早々に切り上げました。