2017年5月26日金曜日

アセットクラス別の戦略~国内マーケット

筆者のアセットクラス別の運用戦略をまとめたいと思います。今回は国内マーケットに焦点を当てます。やはり日本で生活をしている以上、国内マーケットは主戦場になることはいうまでもありません。昨今の状況をみて、銀行しか儲からない定期預金については、筆者は完全に無視しています。ちなみに、1年もの定期預金の金利を調べてみると次の通りでした。キャンペーン金利を適用したとしても、こんなふざけた金利でお金を預ける人はいるのでしょうか?疑問です。

三菱東京UFJ
0.01%
みずほ銀行
0.01
三井住友銀行
0.01
ゆうちょ銀行
0.01
新生銀行
0.01
セブン銀行
0.02
楽天銀行
0.03

筆者は元本保証性の資金と一時的なプール資金については、個人向け国債と楽天銀行のマネーブリッジ口座を利用しています。個人向け国債に関しては10年変動に設定していますので、将来的に金利上昇局面があったとしても柔軟に対応できます。保険屋さんが「金利がもっと下がるかもしれませんよ~」と脅してきたことがありましたが、たとえ金利が下がっても個人向け国債は0.05%の最低金利が設定されていますし、その元本は国が保証しています。さらに「国の保証はあてになるの?」みたいなことも言われたことがありますが、国の保証がダメになるシナリオが生じるときはお宅は倒産しているのでは?とか、定期預金だって銀行は1,000万円までの元本保証は言われていますが、その保証を担保する機関のプール金と銀行預金残高を比較すれば、銀行の保証の方が怪しいですね。そういったときであっても、定期預金とは違いまして個人向け国債は「日本国債」ですからw

また、短期的な資金については、楽天銀行の普通預金口座に寝かせています。興味深いことに、定期預金のような流動性リスクをとったとしても、なお楽天銀行の方が金利が高いので完全にアホらしいですね。

個人向け国債 10年変動
0.05
楽天銀行(マネーブリッジ)
0.10

国内マーケットにおいて、債券と株式に分けたとき、コア資産としては個人向け国債で固めてゆきます。これに併用して、先日の記事で言及しましたが、三菱UFJ日本国債ファンドのETFを積み上げてゆきます。株式については、例えば、日経225やTOPIXの指数は重要に思いますが、最近流行のスマートベータ戦略に従いまして、JPX400とJPX日経中小株のインデックスETFで広く浅くさらうことにします。JPX400構成銘柄を眺めていると、筆者が知っているような勢いのある企業がランクインしていますし、筆者が選ぶよりもプロが選定した銘柄をバスケットした方が明白に良いかと思います。

一方で、JPX400の構成銘柄の問題点として指摘されています、ここ数年の実績に基づき決定する手法では最近の流れの早いマーケットに追いつかないのでは?という懸念もあります。また、大手企業だけではなく、日本を支える頑張っている成長性のある中小企業にもお金を振り分けたいので、この最近はじまったばかりですがJPX日系中小株のETFについても打診買いをはじめています。いずれにせよ、日本の企業はまだまだ頑張っていますし、新興企業やエネルギー塊のような企業にこそターゲットが当てられているJPX 400やJPX 日経中小は、金儲けの手段という意識を超えて「夢」があって良いように思います。

また、いくつかの企業については、個別銘柄も保有しています。個別銘柄の選定基準は単準でして、筆者が応援したい企業で、筆者がよく利用する頑張っている企業です。個別銘柄の株式投資は、先の議論ではないですが、「がんばっている企業を一丸となって応援する」という気持ちが大切かと思います。

アセットクラス
ETF
その他
日本
債券
・三菱UFJ日本国債ファンド ・個人向け国債
・個別社債
株式
・MAXIS JPX400 (1593)
・MAXIS 日経中小型 (1492)
・個別銘柄

ほかのアセットクラスについては、別の記事にて述べたいと思います。

2017年5月25日木曜日

ビットコインの話題

一般の人にとってビットコインといえばマウントゴックス倒産のイメージが強いためか、何か胡散臭くて怪しいという印象だけが先走っているように思います。とくにフィンテックのひとつのソリューションとして、ビットコインをはじめとした暗号通貨(仮想通貨と表現されることもありますが筆者としては違和感を覚えます)は、今後大きく伸びることは容易に想像できますが、日本ではさほど普及はしないかと思います。おりしも、そのビットコインの価格が暴騰しているというニュースがはいってきました。


現状において暗号通貨が何に使われているかといえば、1.投機、2.怪しいお金の移動、3.マネーフライト、に尽きるかと思います。具体的には、1.投機に関してはビットコイン価格のボラは大きいため博打に近い性質を持っていますが、一攫千金を狙う人たちのおもちゃになっているかと思います。2.怪しいお金の移動については、マネーロンダリング、犯罪資金の移動かと思います。ビットコインは匿名性が高いために、違法取引の代金決済や先日のランサムウェアの身代金の受渡しなどに使われています。3.マネーフライトについては、主に中国人が自国からお金を海外オフショア口座に逃がすときに、当局の追跡を逃れるために使われているかと思います。実際のところビットコインについては、その6割とも9割とも言われているユーザは中国人だと推測されています。

また、そのような暗号通貨が日本では普及するのでしょうか?という疑問に対して、筆者は暗号通貨に限らずフィンテック全般の普及に関しては困難かと思います。とくに先進国であるからこそ新しい技術を普及させてリーダーシップをとらなければならないかと思いますが、一方でむしろ先進国であるがゆえに金融システムの完成度が高くて不要であるというジレンマもあるかと思います。ときに、先日の国会質疑におきまして、このあたりの事情について麻生太郎先生が分かりやすく説明していました。併せて、若い人たちに対してはフィンテックを日本でも流行させることが、あなた方の仕事だという励ましのメッセージが送られたようにも思います。

いずれにせよ、ビットコイン等の暗号通貨は将来性があることは間違いなく、まだ黎明期であるがゆえに一部の人たちのおもちゃに過ぎないかと思います。かつてのインターネットの歴史を鑑みて同じ道筋をたどると考えると、新しいオンライン決済のひとつに暗号通貨はプロキシーとして使われるようになるかと思います。ここはひとつ、あたたかく見守ってゆきたいと思います。ちなみに、暗号通貨といえばビットコインが有名ですが、実はもっと別の暗号通貨の方が重要で筆者は注目しています。まあ、詳細について言及することは差し控えます(笑)。

2017年5月24日水曜日

積立投信を再開しました

ここ2~3年はNISA枠を活用いたしまして、毎月一定額の積立を行っていました。筆者のスペックを考慮するとき、多少のリスク資産を持ったとしても問題ないので、ミドルリスク・ミドルリターンの軽めの金融商品を積み上げることにしています。具体的にはインデックス・バランス系の投資信託がベターになりまして、筆者が愛用している三菱UFJ国際が提供する eMAXIS シリーズの中でも、「eMAXIS バランス(8資産均等型)」を選んでいました。ちなみに、同シリーズには「eMAXIS バランス(波乗り型)」もありまして、どちらが良いか決定打に欠けていたため、はじめの2年は積立金を半々に分けていました。所感として、結局のところ、インデックスバランスの均等型の方がスケベ心を反映させていない分だけ素直に良いように思いました。

さて、NISA枠については1年あたり120万円しかありませんので有効に活用していきたいところです。筆者は種々の事情によりましてNISAは楽天証券に開設しています。NISA口座を動かすことはしくみの上はできるようになりましたが、めんどうくさいので変更していません。楽天証券の場合、NISA枠を使って株式関係を購入するとき、購入手数料のキャッシュバックが受けられますので、先のような購入手数料が無料の投資信託については、なんだか損をしたような気分になります(貧乏性です..)。

今年からは、購入手数料が必要な東証ETF銘柄や米国株ETFの積立てに割り当てています。とくに、米国株ETFについては、楽天証券の場合は1回あたり25米ドルの購入手数料が必要であるため、ドルコスト平均法にて10万円程度ずつ積み上げるときは手数料がバカになりません。そのため、その購入手数料が無料になる特典は大きいと考えています。

さて、本題に入ることにいたしまして、eMAXIS シリーズの8資産バランス型ファンドにおきましては、2017年5月9日より新たに eMAXIS Slim シリーズが追加されました。両者の違いについては手数料以外は見あたらず、わざわざ手数料が高い eMAXIS 8資産バランスファンドには利点がないように思います。商品がリリースした直後は楽天証券、マネックス証券、SBI証券にて販売されていまして、カブドットコム証券でも取り扱いがはじまったようです。

バランス
Slim バランス
購入時手数料
な し
な し
信託財産保留額
0.15%
な し
運用管理費用
0.54%
0.2376%

やはり、毎月のノルマとして一定額を積立てていかなければお金は貯まらないわけでして、少し様子を見ていたのですが良さそうなので打診的に積立てていくことにしました。筆者は取り扱いのある楽天証券に口座を持っているため、素直に特定口座にて毎月の積立投信の設定を行いました。来月より給料日の3日後に強制的に引き落とすように設定いたしまして、今月分は別枠で個別に購入いたしました。

小さなことから、コツコツと! 地道な貯蓄生活のはじまりです(笑)

2017年5月23日火曜日

三菱UFJ 日本国債ファンド の件

毎月の給与から一定額を積立てていく方針を行いつつも、なお絞って節約したお金を何でまわすかは重要な課題です。筆者としては元本割れは許容しつつもローリスク・ローリターンで積立てていきたい希望がありまして、かつ適度な流動性と少額から購入できる商品が良いです。そうなってくると投資商品は限られてくるわけでして、私的には「三菱UFJ日本国債ファンド」を三菱東京UFJ銀行の特定口座にてコツコツと貯めています。

三菱UFJ日本国債ファンドはとても分かりやすい商品でして、残存期間20年程度までの国債をラダーで買い証券化しています。個人向け国債は10年債までしか買えず、元本保証はあるものの利付き国債と比べて利息は不利です。一方、三菱UFJ日本国債ファンドは銀行等が入手できる超長期国債を間接的に投資できる利点は大きく、利付き国債の5万円という購入単位と比べて1万円以上1円単位は利便性が高いです。


利息等については分配金として毎月支払われるわけですが、もし収入以上の支出が求められた場合はタコ足と揶揄される形での支払いになります。従って、定期的に目論見書を確認して健全性をチェックしておく必要があります。いうまでもなく、レガシー資産に分類される日本債券、日本株式、外国債券、外国株式の中ではローリスク・ローリターンになるかと思います。


釈迦に説法かもしれませんが、日本国債に投資しているとはいっても債券先物市場の影響によりまして、価格変動リスクは避けられません。ひとつのベンチマークとしては、新発10年債利回りを見ながら積立てていく方針が良いかと思いますが、まあ本質的に価格変動は小さいので、適当にドルコスト平均で積立てても別段の問題はないかと思います。というわけで、筆者はあまり気にせずに積立てることにします。


また、普通に考えて、わざわざ国債を投資信託で買わなくても生の国債を買えば良いのでは?と至極まっとうなコメントがでるかと思います。筆者は個人向け国債については変動10年を10万円単位で固めていまして、少なくとも5年以上は寝かせることが前提になっています。一方で、三菱UFJ日本国債ファンドは、以前は1%の手数料が必要だったのですが完全にノーロードタイプになっていますので、気軽に1円単位で購入できる点は利便性が高いように思います。


三菱UFJ日本国債ファンドにて積立てていきまして、ある程度のまとまった金額になったときに、それを個人向け国債で固めるのが良さそうです。一方で、種々の状況を鑑みると、個人向け国債よりもこちらの方が利回りの点で有利なようにも感じます。具体的には個人向け国債と三菱UFJ日本国債ファンドのスペックを比較すると次の通りになります。

個人向け国債
三菱UFJ日本国債ファンド
発行回数
年4回
常 時
購入単位
1万円
1万円以上1円単位
金利
0.05%
約1.7%
満期
10年
な し
中途解約禁止期間
1年
な し
解約ペナルティ
2回分の金利
な し
債券価格
元本保証
変 動
必要経費
無 料
年率0.2376%

例えば、10万円を1年間ほど寝かせる場合を考えます。もし、三菱UFJ日本国債ファンドの価格変動がない場合、次の通りになります。一見すると三菱UFJ日本国債ファンドの方が大幅に有利に思いますが、元本保証性がない点だけは注意です(もし基準価格が大きく下がる場合、キャピタルゲインの部分がインカムゲインと比べて大きくなりまして、完全に元本割れが生じます...)。

利 息
50円
1,745
必要経費
0
4
税金(20.315%)
10
354
最終受取り
40
1,386

いかがなもんでしょうか?

2017年5月22日月曜日

iPhone の Apple Pay によるモバイル Suica の残高が更新されない件

筆者は iPhone SE と Apple Watch series 2 を組み合わせて Apple pay を利用していまして、モバイル Suica に楽天カードを登録した Apple pay決済によりチャージを試みたのですが、iPhone と Apple Watch の両アプリの残高が更新されないトラブルに見舞われています。症状としましては残高が190円であるために、入金(チャージ)より金額「1,000円」を選択して「Apple Pay」決済にて認証が通りました(チャリーン音が鳴りました)。

通常であれば残高が増えるようなアニメーションの後、本来であれば「残高 ¥1,190」と表示されるべきなのですが、逆に残高が減るようなアニメーションになりまして残高が増えません。セルラ回線(4G)の問題かと思いまして、Wi-Fiに接続し直しまして同様のことを試みましたが同じ症状が生じました。Apple Watchの充電残量は75%、iPhone SEの残量は72%、bluetoothを介して接続がなされています。両者を再起動させまして、チャージ金額を500円にして再度試みましたが残高が増えませんでした。


原因を探るためにGoogle検索をしたのですが、筆者と同じ症状が出ている人はいないようです。Apple storeのSuicaアプリのレビューを見たところ、ここ数日のコメントにて気になる内容がありました。

(Apple StoreのSuicaアプリのレビューより引用)

  • 最近、使ってもチャージしても残高の表示が変わらなくなった。
  • チャージしても、一旦は入金されるがすぐに入金前の金額に戻ってしまう。この症状が頻発するため、使い物にならない。
  • 何度やっても0円表示で、数回チャージを繰り返してたくさん入金してしまいました。遅れて正しい金額表示に反映されるようです。
  • Apple Pay を使用してチャージするも金額が画面上で反映されないことがあります。改札を抜けたり、Suica を使用して買物をするなどすると、ようやくチャージ画面上に反映されますが、それまでチャージに成功しているか分からず不便ですし、多重にチャージを行ってしまいます。
  • Suica にお金を Apple pay でチャージしたのですが反映されません。おそらく入金はされているのですが、表示金額が変わりません。

以上をふまえて考えると、チャージ自体は行われていたとしてもアプリの残高が更新されるまでに遅延が生じるというアプリの問題(バグ)があるようです。筆者は手元に PASORI があるので、試しに Suica の残高を調べてみると次のように表示されました。先の実験で、1,000円チャージを2回、500円チャージを1回を試みましたので合計で2,500円のチャージがFeliCaには正しく記録されているようです。ということは、素直にアプリのバグによって、残高が正しく表示されていないという結論に達しまして、そのバグ修正がなされるのを待つしかないということでしょう。

2017年5月21日日曜日

筆者が愛用している the RIDGE を紹介

日本人は現金決済が大好きな民族ですし人によりけりかと思いますが、今どき現金決済をすることはほとんどないかと思います。筆者もクレジットカードと電子マネーだけで生活できますので、現金をほとんど持ち歩いていません。とはいっても、現金を完全になくすことはできないかと思いまして、うまく持ち歩くコツがいるかと思います。日本の紙幣は1,000円札からになりますが、海外では100円に相当する額面から紙幣になりますので、マネークリップが便利かと思います。

マネークリップの最大の欠点はカードと併用しにくいというところかと思います。たしかにマネークリップにカードを挟み込むことができる商品はありますが、筆者は「the RIDGE」を愛用しています。プロモーションビデオのように格好良く使いこなせてはいないのですが、少しずつ慣らしている途中です。


使い方は次の通りです。カードは5~7枚程度がちょうどよいかと思います。また、米国の製品なので米ドル紙幣であればキレイに収まるのですが、日本円の紙幣は大きいのではみ出してしまいます。


個人的にはマネークリップは愛用しているのですが、やはりお金を粗末に扱うのは嫌いなので、ベルトタイプにしました。the RIDGEには普段使うメインのクレジットカード、キャッシュカードなどを6枚ほど入れています。また、マネーバンドの部分には1,000円札を2~3枚程度挟んでいます。


筆者はアルミニウム素材を使っていますが、金属であってもそれほど重さは感じません。また、ゴムバンドで挟むだけの構造ですが、ばらけてしまうということもなさそうです。ただし、あまりにたくさんのカードは挟まないようにするべきかと思います。1,000円札は三つ折りにするとキレイに収まるかと思いますが、筆者は四つ折りにしています。ちなみに、先日のイタリア移動の際も使いましたが、日本にいるときと快適さは同じでした。

2017年5月19日金曜日

パソコンバッグを見つけました!

日常的にはアタッシュケースを使っているのですが、さすがに主張に連れて行くことはできませんので、適当なパソコンバッグを探していました。求めている条件としては、クラッチバッグにも手提げバッグにもなり、Lets'noteやMacbookを持ち運ぶことができ、身近なツール類も適当に入るものです。ただし、A4サイズの書類が入る必要はなく、バッグの中身は必要以上に細分化されていないものが良いです。また、あまり値段が張る物やブランド物は避けたいところです。これだけの条件を満たすバッグはナカナカ見つからなかったのですが、たまたま天神三越で探していたバッグを発見しました。


タケオキクチといえば20代の男性にターゲットを絞ったメーカーに思っていましたが、ビジネス関係のアイテムについては30代前半くらいまでは使えそうです。とくに、公式ウェブサイトの持ち歩きイメージ図によると、筆者のような人をターゲットにしているようにも感じます。


タケオキクチは日本人が好きそうな英国風のデザインでありまして、手提げの部分は収納してクラッチバッグのように使うこともできます。実際にモノを入れてみた感想としては、ノートパソコン、小物類、モレスキン、ロディアあたりが必要十分に収納することができます。素晴らしい。


ちなみに、福岡天神三越のタケオキクチのショップも素晴らしかったです。接客にはムダがなく、店内の雰囲気も良かった。クレジット決済をしたのですが、そのサインをするボールペンはモンブランでして、利用明細は革製の伝票ホルダーにて持ってきてくれました。いうまでもなく、ドイツメーカーのモンブランのボールペンでサインをするときは、この組み合わせが最も心地よくサインができます。

お互いにすべてが分かっていることが前提でして、「その財布は素敵ですね」とベルロイのスマホケースを言ってきました。筆者は「実はスマホケースでして、私は財布は持っていないんです。これと、マネークリップがあれば生活できるので...」と。店員さんも「なるほど」と、左手にはApple Watchをつけていらしたので、その意味合いがわかるようでして、「今どきは、カードがあれば十分ですからね」と嫌みのないように。

この手の話題を他の人にすれば、すぐに嫌みやねたみとして受け止められてしまいまして、お互いに不愉快な気持ちになります。そういった片鱗もなく、ともて心地よい雑談も楽しませていただきました。おすすめのショップですね! 素晴らしい。