2018年4月21日土曜日

ギリシャに移動します

国際会議に参加するためにギリシャに移動します。日本からギリシャに向けては直行便がないため、今回はドーハを経由してアテネに向かいます。すなわち、福岡、羽田、ドーハ、アテネという移動ルートになります。福岡から羽田までは2時間弱の移動になりました。飛行機が遅延したために、トランジットはかなり慌ただしくなりました。

マネパにて発注しておいたユーロ現金を受け取るために窓口に行ったのですが、そこのお姉さんがノンビリとやっているのでいつまで経っても列がさばけていませんでした。運良く2つカウンターがあるうちのひとつは、マネパと予約者専用になっていましたので、長い列をすっ飛ばして先に処理をしてもらえました。

羽田空港のセキュリティを抜けたあとは、羽田からドーハまでの12時間のフライトになります。今回の移動において、最大の飛行時間になります。対策として、ケトプロフェンパップを2枚腰に貼り付け、首筋にフェイタスにて重装備しておきました。約半分の地点にきたとき、トイレに行きまして新しい湿布薬に張り替えました。

ドーハ空港に到着してトランジットの矢印に従って進みました。すると想定外の中間セキュリティがありました。羽田空港の制限エリアで購入していたペットボトルの未開封の水を没収されました。これは予想外の出来事です。また、ドーハからアテネまでのフライトは5時間になりますが、カタール航空さまのご配慮によりまして、ビジネスクラスに無料アップグレードをしてもらえました。ここにきて、このサービスは心からありがたいです。待合スペースにて約30分ほど待ったのち、飛行機への搭乗がはじまりました。

朝食はアラビアメニューを選択してみました。左側は堅焼きのナンのようなパン、キュウリ、レタス、トマトをクリームチーズで楽しむという。中央のスープはグリーンカレーのようなスープでした。中東の風を感じる食事でしたw


空港に到着したあとホテルまでの移動は、ホテルからオファーがあった送迎サービスを申込んでおきました。はじめてのギリシャなので勝手が分からないため、素直にホテルと空港の足を確保しておくのが重要かと思いました。

2018年4月18日水曜日

Apple music を契約してみました

Apple 製品が筆者の生活を浸食してゆく...

さて、3カ月、無料ということですので、Appleミュージックを契約してみることにしました。4,500万曲の世界へといわれましても、イマイチよく分からないのですが、ストリーミング配信として垂れ流して聞く分には問題ないように思います。


Apple watch と AirPods を組み合わせるという手段もあるかと思いますが、筆者は、専ら iPhone SE と AirPods の組み合わせにて利用しています。事前に聞きたい曲をダウンロードしておくこともできますし、セルラ回線を使ってオンデマンドにてストリーミングにて聞くこともできて便利です。


筆者は7月まで無料トライアルが続くのですが、もうしばらく使ってみて良いようであればお得な1年契約をしてみようかと思います。CD を買うことを考えると安いですね...。時代は、CD から iPod にダウンロード、そしてストリーミングで定額で聞くステージにきているようです。

2018年4月16日月曜日

マックとウィンドウズの併用環境を構築したいなぁ

Apple が大好きなんだよ氏の YouTube 動画をみて、筆者の自宅のパソコン環境として、Windows デスクトップの1台体制から、Windows と Mac を併用するスタイルに切替えてみようかなと感じました。

正直なところ、iMac Pro の開封動画は色々とみてきたのですが、確かに Apple が大好きなんだよ氏と同じような感想が素直なところです。本気でスペックが欲しいのであれば、手元のデスクトップパソコンをいじればよいだけですし、筆者の利用用途を考えても高スペックのパソコンを必要とはしていません。


先の動画の続きにあたる iMac 5K 27in モデルの開封動画をみて、5K ディスプレイにて Adobe 系と Microsoft Office 系の作業を割り当てると、グッド!な気がしました。筆者が必要としているパソコン作業を考えても、windows デスクトップ PC を手放すことはできませんが、Mac との併用というスタイルは歓迎するべきかもしれません。


1カ月後の実際に利用した感想の動画をみて気がついたこととして、筆者のデスクを片付ければ、27in のディスプレイを2枚並べるのはいけそうな気がします。キーボードとマウスに関しては、テンキーなしのモデルを選択したうえで、マウスは Macbook 12in 用に購入しているものを流用するとして、逆にトラックパッドに置き換えてみようかなと思いす。


正直なところ、今すぐ、併用した環境を構築する気持ちはないのですが、年内のあるタイミングにて踏み切りたいなと考えています。ひとまず、夏明けあたりを目安にしてみたいと思います。

2018年4月14日土曜日

来週末のアテネ移動を忘れていた orz

バタバタと4月の年度はじめをこなしていてすっかりと忘れていたのですが、よく考えると来週末からドーハ(カタール)経由にてアテネ(ギリシャ)への移動がありました...。ひとまず、モバイル関係についてチェックしておき防備録としてまとめておきたいと思います。

音声通話に関しては、滞在先のギリシャとカタールにおける1分あたりの通話料は次の通りです。docomo 回線を国際ローミングして、iPhone SE にて運用しますが、基本的には Nokia C2-01 に楽天海外 SIM を挿して使うカタチになるかと思います。

ギリシャ
日本宛て
滞在国内
着信料
docomo
180円
80円
110円
楽天海外
45円
12円
45円
ハローシム
0.49ドル
0.49ドル
0ドル

カタール
日本宛て
滞在国内
着信料
docomo
180円
80円
140円
楽天海外
75円
75円
40円
ハローシム
0.99ドル
0.99ドル
0ドル

データ通信に関しては、先月よりサービスがローンチされた、docomo パケットパック海外オプションは、アテネとドーハの両都市に対応しています。パケットパック海外オプションとは、国内のパケットパックを海外でも利用できるサービスになります。そのための手数料として、24時間あたり980円が必要になるということです。筆者は使うことはないかと思いますが、念のために利用できるように設定だけしておきました。設定に関しては、docomo オンラインサービス mydocomo から簡単に契約手続きを済ませることができました。


料 金
有効期間
980円
24時間

つぎに、国際ローミング SIM カードとして利用しているハローシムですが、そのデータ通信パッケージ料金はギリシャのみ対応しています。とくに購入する予定はありませんが、Int. 250パッケージを必要に応じて検討したいと思います。

名 称
通信容量
料 金
有効期間
Int. 50
50MB
2ドル
1日
Int. 100
100MB
3ドル
7日
Int. 250
250MB
5.5ドル
30日
Int. 500
500MB
9ドル
30日
Int. 1000
1,000MB
15ドル
30日

Glocal meのパッケージ料金、ギリシャとカタールのパッケージ料金は次の通りです。ドーハはトランジットに立ち寄るだけですので、パッケージ料金の購入は避けて無料 WiFi で解決したいなと思います。また、ギリシャに関しても無料 WiFi を中心としつつも、滞在日数を考えて、1 GB パッケージを 1 回購入するくらいで手を打ちたいなと考えています。

ギリシャ
料 金
有効期間
300MB
4ユーロ
30日
1,000MB
7ユーロ
30日
3,000MB
19ユーロ
30日

カタール
料 金
有効期間
300MB
8ユーロ
30日
1,000MB
15ユーロ
30日
3,000MB
36ユーロ
30日

端末の通信方式と周波数に関しては、次の通りになります。2G-GSM と 3G-WCDMA は共に利用できて、共通バンドが利用できますのであまり気にする必要はないと思います。重要なのは 4G-LTE については、バンド 3 と 7 を中心として吹いているようです。手元の端末については、ネット情報を見る限りでは、両バンドに対応していますので、こちらも問題はなさそうです。あとは、現地に行ってから様子をうかがいたいと思います。

ギリシャ
ドーハ
iPhone
SE/8+
G2/U2
3
7
20
28
×

2018年4月10日火曜日

職場の自動販売機がcoke on に対応しました

職場に設置されている自動販売機が、coke on に対応してくれました。筆者は iPhone SE に専用の coke on アプリを設定していまして、地道にポイントを集めていました。


実はポイントのシートは2枚目でして、あと1ポイントを集めると、ドリンク引換券をもらうことができます。身近なところでポイントが集められるようになったので便利になりました。

2018年4月8日日曜日

クロネコ宅急便にて荷物を送りました

私用にて福岡から松山まで、荷物を送る必要があります。送りたいダンボール箱は、以下の通りの2個口になります。

120サイズ
9.2kg
120サイズ
8.7kg

このとき、クロネコ宅急便の料金は次の通りになりまして、1個あたり1,316円になります。

120サイズ(15kg以下 )
正規料金(福岡-松山)
1,685円
クロネコメンバー割り
-169
持込み割引き
-100
持込み割引き(メンバー)
-50
デジタル割き
-50
合 計 1,316円

ちなみに、無理矢理、2個のダンボールを1個にまとめてしまえば、140サイズ・17.9kgになります。これは、140サイズの規格内に収まりますので、料金は次の通りになります。

140サイズ(20kg以下)
正規料金(福岡-松山)
1,922円
クロネコメンバー割り
-192
持込み割引き
-100
持込み割引き(メンバー)
-50
デジタル割き
-50
合 計 1,530円

従って、120サイズを2個に分けて送るよりも、2個のダンボール箱をくっつけて、ひもできっちりと縛ってしまえば、1,102円ほど安く送ることができます。

120サイズ・2個口
2,632円
140サイズ・1個口
1,530円

ちなみに、140サイズの送料として、クロネコ宅急便とゆうパックを比較すると、クロネコ宅急便の方が260円ほど安くなります。以前はゆうパックが安いので、ゆうパックばかり利用していたのですが、今は宅配便の料金も値上がりまして、料金が逆転しているようです。

クロネコ宅急便
1,530円
ゆうパック
1,790円

宅配便を送るだけでも、やり方ひとつで、節約につなげられます。さて、ひとまず荷造りだけは済ませておいて、近いうちに最寄りの営業所に運ぶことにしましょう...。

2018年4月6日金曜日

マクドナルドにてアメックスコンタクトレスを使ってみました

先日のブログ記事「マクドナルドにて非接触決済が拡大するようです」において言及しましたが、海外で主流のおサイフケータイである NFC 決済(type A/B)にて、マクドナルドの支払いができるようになりました。早速、手元にあるアメックスカードにて利用できるアメックスコンタクトレスを利用してみました。


アメックスカード
国内(FeliCa)
QUIC Pay
海外(type A/B)
Amex. Contactless

ちなみに筆者のアメックスカードには無線の電波マーク表示がありますので、プラスチックカードをかざすだけで NFC 決済を行うことができます。ついでに、Apple Pay にアメックスカードを登録していまして、 QUIC Pay と並んでアメックスコンタクトレスマークが表示されていますので、iPhone を使った決済も試してみました。

決済のレシートは次の通りです。


プラスチックカードを使っても、Apple pay を介してアメックスコンタクトレス決済をしても、表示としてはクレジット支払い(アメックスカード)になりました。もし、同じ Apple pay であっても、FeliCa 規格の QUIC Pay を使うと、レシートには QUIC Pay の表示が出ますので、決済手段としては別ルートになることが分かります。