2018年12月13日木曜日

M.2 512GB SSD を購入しました

 自宅デスクトップパソコンのマザーボードのスペック表を眺めていて気がついたのですが、地味に M.2 の SSD と WiFi モジュールに対応していることが分かりました。半信半疑で実物を見てみると、たしかに M.2 のスロットがありました。数年前のチップセットになりますので、最新の高速な世代ではなく初期の世代になります。色々と調べてみると、筆者の場合、M.2 SSD の切り欠きが 2カ所あるタイプを選べば使えるようです。理論的には、現行の SATA 接続と比べて数倍のデータ伝送速度がありますが、そもそもインタフェースが足を引っ張っていないかと思いますので体感速度はあまり変わらないように感じました。しかし、せっかくなので、Amazon サイバーマンデーセールにて、ウェスタンデジタル製 512 GByte の M.2 SSD を購入しました。

 今後マザーボードを交換することがあれば、新しい M.2 のインタフェースのより高速な SSD が欲しくなるのは必然なので、必要十分なストレージ容量を選択しました。そもそも、自宅デスクトップパソコンなので大容量 HDD を好きなだけ搭載できます。したがって、OS とプラスアルファには十分すぎる容量であろうと考えました。


 マザーボードの説明書を見直したところ、M.2 SSD を使う場合は SATA 4/5 のポートが使えなくなると英語で記述されていました。ケーブルを接続する際には注意するべき事項であると思います。



2018年12月11日火曜日

Anker USB ハブを購入しました

 自宅デスクトップパソコンはミドルタワーケースで組み立てているため、机上に置くと狭くて邪魔になりますので机の下に置いています。そうしたとき、USB 機器をパソコンに接続する場合、足下まで手を伸ばさなければならずに面倒に感じていました。そこで、パソコンの裏面にある USB3.0 インタフェースを机上まで延長させるハブを購入しました。

 通常机上のノート型パソコンの USB ポートを増やすのであれば、付属ケーブルで丁度良いと思います。しかし、筆者の場合は机の下からケーブルを這わせる必要があるため、USB 3.0 に対応した延長ケーブル(1m)を併用しました。思っている以上にスタイリッシュになりました。



2018年12月9日日曜日

自宅デスクトップパソコンのケースファンを交換しました

 自宅のデスクトップパソコンのケース上部に設置されているケースファンは、パソコンケースを購入したときから付属で取り付けてあったものです。パソコンを使うには不便はなく、面倒くさいというのもあってそのまま利用していました。ただし、問題を先送りにしつづけるのもあまり良くないので、オウルテック(三洋電気製)のケースファンに交換することにしました。ケースファン類については、筆者は昔から三洋電気製を愛用しています。


 午前中にヨドバシカメラ博多店に行き、120mm の静音タイプを購入してきました。自宅に帰って気がついたのですが、これまで取り付けられてあったファンは 140mm のサイズだったようで、間違えて、ひとまわり小さいものを買ってしまいました...。まあ、次回、交換する際は大きいサイズを購入しようと思いますが、このファンは当面の間は壊れないでしょう。



2018年12月7日金曜日

海外での支払方法について

 海外に行くときに必要なお金をどのように持って行くかという問題は、海外旅行者にとって悩みどころの多い永遠の課題であると思います。最適解は人によって異なっており、これだという正解はないのが現実だと思います。また、以前は常識だった手段についても、ここ数年は状況ががらりと変わりつつあるように思います。そこで、いまいちど、2018年冬において、筆者の支払い手段をまとめたいと思います。よろしければ参考にしてください。
  • アメックスカード(アメックスコンタクトレス)
  • 三井住友 VISA カード
  • マネパカード・マネパ外貨両替
  • 海外プリペイドカード GAICA
  • NEO MONEY (ネオマネーカード)カード・セブン銀行カード
  • ワールドカレンシーショップ(福岡店)
  • 外貨宅配サービス(JTB・三井住友銀行)


アメックスカード(アメックスコンタクトレス)筆者は日々の生活ではアメックスカードをメインカードとして利用しており、その延長線上に海外での決済用にアメックスカードを利用しています。クレジット決済の際には、1.磁気ストライプ+サイン、2.IC チップ+暗証番号、3.非接触決済(+暗証番号)のいずれかの認証が必要です。筆者の経験では、グアムやハワイでは2.の場合が多く、自分で決済端末にカードを挿し、暗証番号を入力して、自分でカードを抜き取るパターンでした。一方、シンガポールでは、半々の確率で3.の場合がありました。すなわち、アメックスコンタクトレスによる非接触決済(NFC決済)による支払いです。海外であっても日本にいるときと変わらない決済手段が利用できてストレスが少ないです。

三井住友 VISA カード加盟店によってはアメックスカードが使えないことがありますので、予備のカードとして三井住友 VISA カードを使っています。これまで、数多くの場所でカードを使ってきたのですが、三井住友 VISA カードは断られた経験がないカードです。また、キャッシング枠を設定しているため、現地 ATM にてクレジットカードによる国際キャッシングサービスにより、現地通貨の現金を引き出すことができます。帰国後にクレジットカードデスクに電話をかけて繰上げ返済をすれば、金利手数料を加味したとしてもお得に外貨現金を調達することができます。

マネパカード・マネパ外貨両替:マネーパートナーズ証券が提供するサービスになりまして、FX 口座を持っていると大きな恩恵を受けることができます。事前にオンラインで外貨を注文しておき、成田空港、羽田空港、関西空港、中部国際空港のトラベレックスの窓口で受け取ることができます。筆者は、米ドルと欧ユーロの両替で利用しました。また、マネパカードと呼ばれるプリペイド式の国際デビットカードもありまして、現地 ATM で現金が不足した場合に利用できます。

海外プリペイドカード GAICA(ガイカ):新生銀行アプラスが発行しているプリペイド式のカードになりまして、マネパカードと同じような機能を持っています。新生銀行に外貨の口座をもっていると、その外貨預金を直接チャージすることができます。しかし、筆者は新生銀行の口座から必要に応じて日本円建てでチャージをして、海外に設置された ATM から現地通貨の現金を引き出しています(為替レートは引き出したタイミング、別途、手数料が必要です)。クレジットカードのキャッシングが便利な反面、繰り上げ返済の電話や振り込みの作業が面倒です。さらに、少額の場合はクレジットカードの海外キャッシングと手数料の面でほとんど変わらないため、GAICA を使うことが多いです。

NEO MONEY (ネオマネーカード)カード・セブン銀行カード:海外プリペイドカード GAICA と同じように使うことできるカードになります。ネオマネーカードは事前にセブンイレブンの ATM からお金をチャージをしておき、海外に設置された ATM から現地通貨の現金を引き出すことができます。一方、セブン銀行のキャッシュカードは海外でも利用することがでます。どちらのカードについても、セブン銀行 ATM を使う点は同じですが、セブン銀行カードは普通預金として利用していますので後者に統一しようかと検討中です(ただし、ネオマネーカードにも利点があるため解約はまだしていません)。

ワールドカレンシーショップ(福岡店):国内で渡航先の現地通貨の現金が欲しい場合に、日本円の現金から両替してくれます。ただし、両替手数料が割高であるために、海外旅行に慣れている人はあまり利用しないように思います。筆者は、初めて触る外貨の場合、偽造紙幣に騙されないようにするために、少額を両替して手触りを確かめています。また、旅行当日に国内・海外の空港の両替所で両替をすれば良いと単純に考えていると、長い行列に並ばざるを得なくなったり、タイミングが悪くて両替できないこともあります。そのため、当面の現金を用意していくと安心できます。

外貨宅配サービス(JTB・三井住友銀行):ワールドカレンシーショップは平日しか営業していないので、タイミングを逃すと両替できないことがあります。そこで、インターネットで必要な外貨を申し込み、自宅まで宅配してくれる外貨宅配サービスは便利です。JTB の場合、クレジットカードで決済ができるため、代引きが基本となる外貨宅配サービスの中では利便性が高いです。

2018年12月3日月曜日

Mac mini 2018 が無事に届きました

 自宅のデスクトップパソコンは5年近く使っているのですが、とくに動作に不便を感じることはありませんでした。しかし、デスクトップパソコンで利用している Windows 8.1 が延長サポートの段階に入ってしまいましたので、メインパソコンを新しく買い換えることを真剣に考える時期かなと思っています。これまでであれば、デスクトップパソコンの主要なパーツを交換して対処してきました。ただし、今回は Mac OS を Macbook 12in ではじめて使ってみて、思っていた以上に使い心地が良いと感じています。そこで、せっかくなので、Mac パソコンを新たに導入しようと思い立ちました。

 先日のブログ記事において言及したのですが、今秋に、mac mini(2018)が販売されまして、筆者の環境を考えるとドンピシャの製品だなと感じていました。しばらく、いや、かなり悩んだのですが、やはり購入することに決めました。そして、注文して2週間弱ほど待って発送の連絡が届き、そのあと1週間弱で手元に到着しました。深セン(中国)からの国際クロネコ宅急便で発送されたようでして、パソコンも国境をまたいだ産地直送の時代を迎えているようです。

 さっそく、自宅パソコンで使っている普通のディスプレイ(Retinaでも4Kでもない)に HDMI 接続でつないでみました。画面の指示に従ってセットアップを行いまして、Microsoft Office、Adobe Creative Clould、ウイルスバスターを設定しました。使い心地につきましては、後日、機会がありましたらまとめたいと思います。

2018年12月1日土曜日

クレジットカードのポイントを交換しました

 三井住友 VISA カードに貯まっている 1,000 ポイントを使うことにしました。ドコモ d ポイントに交換すると、25% 増量キャンペーンを行っていましたので、今回は d ポイントに交換することに決めました。従って、三井住友 VISA カードの1,000ポイントを 6,250円分の d ポイントに交換いたしまして、1,250円の上乗せになってかなりお得です。


 三越伊勢丹のエムアイカードのポイントについても、先日のふるさと納税のキャンペーンのおかげで、1,000ポイント貯まりました。こちらに関しては、三越や岩田屋でショッピングに使っても良いのですが、筆者の場合はポイント還元率が低下することになります。そのため、エムアイカードポイント1,000ポイントをスターバックスカードへのチャージ1,000円分に充てることにしました。

 楽天ポイントについても、期間限定ポイントを含めて 758 ポイント貯まっていました。期間限定ポイントについては、使い道が限定されているうえに有効期限がありますので、筆者は提携している出光石油にてガソリン購入にポイントを充てました。約5リットルほど車に給油できましたので、しばらく大丈夫そうです。

2018年11月29日木曜日

ふだん利用している電子マネーたち

 国内でもキャッシュレス決済が広く普及しまして、筆者の日常生活の中で現金を使うことはほとんどなくなりました。いまだに現金決済の場所としては、職場の食堂、コインパーキング、コインランドリー、温泉の入浴料くらいです。そこで、いまいちど、筆者が利用可能な電子マネーをまとめてみました。

  • Suica(スイカ)
  • WAON(ワオン)
  • 楽天Edy(エディ)
  • nanaco(ナナコ)
  • QUICPay(クイックペイ)
  • iD(アイディー)
  • スターバックスカード
  • ゆめか(ゆめタウン)
  • American Express Contactless(アメックス・コンタクトレス)
  • Mastercard Contactless(マスターカード・コンタクトレス)
  • Visa paywave(ビザ・ペイウェーブ)

Suica(スイカ):モバイル Suica として、Android スマホと iPhone に登録しています。公共交通機関(福岡市内の地下鉄・西鉄バスなど)や電子マネー決済が利用できる場所で利用しています。とくに、Google Pay 経由によるモバイル Suica アプリでのチャージでは、登録クレジットカードを Kyash にすることにより、キャッシュバックされる点が良いです。

WAON(ワオン):モバイル WAON として、Android スマホに登録しています。イオン系列の店舗やコンビニで利用しています。JAL カードを登録していますので、クレジットカードによるチャージの際と利用する際に JAL マイレージが貯まります。また、ミニストップでは公共料金の支払いと有料ゴミ袋の決済に利用できる点が良いです(以前は nanaco を使っていましたが改悪のために、こちらに移行しました)。

楽天Edy(エディ):モバイル Edy として、Android スマホに登録しています。また、楽天カードに Edy 機能が搭載されています。老舗の電子マネーのために、利用できる場所が多く、普段利用しているスーパーマーケットなど多数の場所で利用できる点が良いです。一方で、チャージに関しては楽天カードを設定しており、その楽天カードは Edy に関するキャンペーンをよく行っているので、タイミングをみながら利用しています。

nanaco(ナナコ):モバイル nanaco として、Android スマホに登録しています。おもに、セブンイレブンでちょっとした買物をするときに利用しています。以前はクレジットカードによるチャージでポイントが付帯されていましたが、それらの改悪のために、あまり使わないカードになりました。ただし、いくつかの特定商品には nanaco ポイントが上乗せされることがありますので、セブンイレブンでの少額決済専用として利用しています。

QUICPay(クイックペイ):アメックスカードを iPhone に登録すると、国内専用に QUICPay が割り振られました。先述した4種類の電子マネーは事前にお金をチャージしておく必要があるため、数千円の支払いが続くとすぐに残高がなくなってしまい、何度もチャージをする手間が増えてしまいます。そのような状況を改善するために、QUICPay が使える店舗の中で数千円の支払いになる場合に利用しています。

iD(アイディー):三井住友 VISA カードに搭載されています。また、Android スマホにモバイル iDとして登録しています。さらに、iPhone の Apple Pay に登録したクレジットカードの一部は国内専用に iD が割り振られています。QUICPay と同様にポストペイなので事前にチャージの手間がない点が良いのですがあまり使いこなせていません。

スターバックスカード:カードタイプのスターバックスカードを記念品としてもらいまして、そのあとスターバックス公式アプリを Android スマホに設定して利用しています。スターバックスでの買物にしか利用できませんが、おサイフケータイの機能が使えて便利です。

ゆめか(ゆめタウン):いずみ・ゆめタウンのクレジットカードであるゆめカードに搭載されています。基本的にゆめタウン内のお店で利用することができ、一部の nanaco 加盟店では相互運用もしているようです。ゆめタウンで現金決済をするのであれば、店内に設置された端末でチャージをしておき、それを利用することで値引き積立額が割増しになります。利用できる場所が限られるため、あまり使いこなせていません。

 先述した7種類の電子マネーは、FeliCa と呼ばれる日本独自の方式を利用しています。一方で、以下の3種類の電子マネーは type A/B と呼ばれる国際的な方式が採用されています。そのため、一部の加盟店を除いて国内では利用できる場所が限られています。

American Express Contactless(アメックス・コンタクトレス):アメックスカードを Apple Pay に登録して利用しています。筆者の iPhone の場合、アメックスカードには2種類の識別番号が割り振られており、各々、QUIC Pay とアメックス・コンタクトレスになります。これまで利用した場所としては、シンガポールにおいてアメックスカードが使える店舗で利用し、国内ではマクドナルドで使いました。最近、ポンタカードを iPhone の wallet に登録して、ローソンでの決済の際に「Apple Pay で支払います」と申告すると、筆者の場合、アメックス・コンタクトレスで決済され、同時にポンタが貯まりました。

Mastercard Contactless(マスターカード・コンタクトレス):Apple Pay に登録したところ、Mastercard ブランドの一部のカードでは、海外用に iD や QUICPay に並んで割り振られました。国内にてマクドナルドで使いました。いまいち使いこなせていません。

Visa paywave(ビザ・ペイウェーブ):新生銀行の国際キャッシュカード GAICA に搭載されています。まだ使ったことがないのでなんとも...。