2016年8月24日水曜日

モバイルバッテリー再考

シンガポール移動に備えて、モバイルバッテリーを用意しておこうかと思います。

最近の若い人たちは、スマートホンに加えてモバイルバッテリーを併せて持っているかと思いますが、筆者はそこまでの対策はしていません。一方で、普段とは違うエリアに移動するときは、モバイル機器が使えなくなることを防ぐために、モバイルバッテリーを携帯しています。

モバイルバッテリーといえば、リチウム充電池(リチウムイオン電池やリチウムポリマー電池)、または乾電池(アルカリ乾電池やリチウム乾電池)を使ったものが主流かと思います。とくに、リチウム充電池を使ったタイプは、繰り返し充電して利用することができるので、普段使いとしては優秀です。一方で、リチウムイオン電池やリチウムポリマー電池は、小型の爆弾と言っても言いすぎではないくらい、取り扱い方を間違えると危険な代物です。

本題にはいると、筆者は単三乾電池を2本使ったモバイルバッテリーを持ち歩いています。ちなみに、USBは5V、乾電池は2本で3V、ということで、昇圧型DCDCコンバータを使っていることは容易に想像できます。そのため、様々な要因を総合的に判断すれば、パワーのあるリチウム乾電池を専用に使うのが正解のように思います。

そのため、リチウム乾電池を使ったモバイルバッテリーは、使い捨て、単価が高いという欠点はありますが、軽い、パワーがある、長期保存が可能という長所で相殺できると考えています。リチウム乾電池の入手性はそれほど良くありませんが、国内ではパナソニック製、国内・海外ではエナジャイジャー製が汎用品かと思います。


リチウム乾電池を2本使ったモバイルバッテリーは、小型、軽量、パワーあり、長期保存ができるなど、いざというときに頼りになります。しかし、入手性が容易なアルカリ乾電池を使って、もう少し容量の大きなタイプはないだろうかということで、筆者は乾電池を4本使ったモバイルバッテリーも準備しています。

普段持ち歩くバッグには、リチウム乾電池2本のタイプしか入れていませんが、外出するときは、乾電池4本タイプも併せて持って行きます。単三アルカリ乾電池であれば、国内・海外問わずに、どこでも安価に入手できるかと思います。一度使い切ってしまえば、新しい乾電池を入手すれば、またバッテリーが復活です。


経験的に、乾電池を使ったモバイルバッテリーは、モバイル端末の充電残量が30%くらいのときに充電をはじめて、1時間くらいにて一気に充電して60%~80%くらいまで充電残量を増やすくらいの能力かと思います。充電の途中で中断して、再び充電をはじめても、充電残量の伸びがあまりないように思います。筆者は新品の電池を入れておき、先の要領で充電を行い、もったいないようですがそれで使い捨てにしています。

途中で中断したいとき、環境エコのことを考えると、リチウムイオン電池やリチウムポリマー電池を使ったモバイルバッテリーは必要かと思います。最近の大容量バッテリーを満タンにする能力はないかもしれませんが、筆者はパナソニック製のコンセントを内蔵しているモバイルバッテリーを持って行きます。カテゴリーとしては、充電池が搭載されたACアダプターという商品かもしれませんが、細かいことは良いかと。

入力の商用電源としては、交流100V~240V/50・60Hzになります。そのため、国内だけではなく海外でも使うことができます。ちなみに、モバイルバッテリーの容量は1,880mAh (3.7V)、そして、iPod touchやガラケーは1,000mAh、iPad air2は7,300mAhであることを考えるとき、小型スマホやガラケーは満充電を1回、タブレットPCや大型端末は20~30%位の残量アップに貢献できそうです。


参考までに、重量は次のとおり。

充電器(乾電池2個)
53g
充電器(乾電池4個)
133g
充電器(リチウムイオン)
112g

乾電池(リチウム)
58g
乾電池(アルカリ)
95g

乾電池4本タイプよりも、リチウムイオン電池タイプのモバイルバッテリーの方が軽いというのが意外でした。また、アルカリ乾電池とリチウム乾電池を比べると、倍半分というのも驚きです。たしかに、乾電池の重さというのは感覚的に皆知っているかと思いますが、その先入観でリチウム乾電池を持つと、一瞬『ん?軽い!?』と声が漏れてしまうかと。

スーツケースの隅っこに、こそっと入れておいても荷物にはならないかなと....。

2016年8月23日火曜日

シンガポール移動に備えて通信費のチェック

シンガポール移動に備えて、docomoを使った場合の通信費のチェックをしておきます。この業界はサービスや価格がめまぐるしく変わるので、細かくチェックしておかなければなりません。docomoの公式ウェブサイトから海外にて使う場合のページに行くと、パケット定額サービスの表示が大きく出ました。


海外1dayパケと海外パケ・ホーダイがありまして、海外パケ・ホーダイは、以前からあったので知っています。確認しておくと、筆者の場合は、とくに手続きなしで適用され、1,980円または2,980円の2段階による定額サービスになります。注意したい点としては、基準となる1日の換算は日本時間になることくらいでしょうか。


他方、海外1dayパケについては、手続きをしたタイミングから24時間が定額になるようです。料金は980円、1,280円、1,580円の3種類のエリアに分れるようです。例えば、シンガポールであれば、980円のコースになります。


海外1dayパケは、案外と便利なサービスだなと思ったのですが、帯域制限の基準が厳しいです。というのも、30MBを超えるとき、16kbit/sまで通信速度が制限されるようです。せめて、100~200MBは欲しいところで、30MBは少ないなと感じます。また、16kbit/sに制限されると、ブラウジングすら厳しいように思います。


ちなみに、国際ローミングの料金は次の通りです。音声通信は、シンガポール国内は75円/分、日本向けは175円/分、着信料金は155円/分になります。日本から持ち込んだ携帯電話で、もしもしと3分ほど連絡を取り合えば、双方は500円近くを支払わないとダメのようです。

パケット料金は、1通信あたり50パケットまでは50円、50パケットを超えるとき0.2円/パケット、M1とSTARHUBを利用しているとき(SingTelではない)は、1日あたり1万~12万パケットは2,000円の定額になるようです。端的にいうと、テキストベースのメール(あえて、写真や動画を添付するほどでもないかもしれませんけど)であれば、1通あたり50円ですよということです。


ちなみに、筆者が愛用しているハローシムであれば、ハローシム携帯電話同士は0.35米ドル(≓約35円)/分、音声通話発信が0.81米ドル(≓約82円)/分、着信は無料になります。ちなみに、ショートメッセージ(SMS)は、docomoは100円/通、ハローシムは0.78米ドル(≓約79円)になります。結構なお値段です。


今回、GlocalMeであったり、Wi-Fiを積極的に利用して、Skypeを利用すればどうでしょうか。筆者はOffice 365特典として、毎月60分の無料通話が利用できます。それを超えるとき、固定電話宛ては2.26円/分、携帯電話は4.82円/回+10.81円/分、ショートメール(SMS)は7.59円/通になります。ちなみに、brastelを使うとき、携帯電話宛ては34円/分、固定電話宛ては24円/分になります。Wi-Fi環境からbrastelのIP電話を利用すれば、1分あたり11.88円(30秒課金)になるようです。

奥が深い...

2016年8月22日月曜日

今の時代であってもFAXは現役です...

駐車場を借りている不動産屋さんに、車検証のコピーを送る必要がありました。直接持って行くのも面倒くさいし、郵送するのもあれなので、FAXでもOKですよということでした。というわけで、FAXを送ることにします。前回、FAXを送ったのは、やまなみ荘に予約を入れるときでしょうか。今の時代であれば、メールにスキャンしたPDFファイルを添付して送るのが普通かと思うのですが、現場レベルではFAXが未だに現役のようです。

固定電話があれば、FAX機能がついた電話機を設置すればFAXは送ることができるかと思います。今の時代、固定電話がないことも多々あるかと思いますが、そういうときはコンビニからFAXを送ることができるかと思います。例えば、セブンイレブンからであれば、コピー機から1枚あたり50円で送ることができます。ちなみに、一部のコンビニでは、受け取ることもできるようです。


筆者の自宅の電話からはFAXの送受信ができます。しかし、出先からFAXを送りたくなったとき、イチイチと自宅まで戻るのは面倒ですし、もっと良い方法がないものか?というわけで、インターネットファックスサービスである、eFAXを利用しています。


eFAXにアカウントをもつと、専用の固定電話番号がもらえます。筆者は大阪06番のFAX専用番号を持っています。今は全国の番号が選択できるのですが、筆者はeFAXが国内でサービスを始めた初期の頃にアカウントを作ったので、東京03番か大阪06番の二択でした(国内eFAXユーザでは古株かもしれませんw)。


サービスが少しずつ改善しており、筆者の場合は、1年あたり15,000円(税別)を支払っています。それにより、FAXの送受信が150ページまで無料、それ以降は1ページあたり10円になります。初期の頃は30ページまでだったので、その頃と比べると実質的に無制限という感覚です。

※米印にて、1ページとは60秒で送ることができる枚数と注釈が入っています。筆者が利用をはじめたころは、この注釈がウェブサイトに掲示されていなかったので、請求される料金がおかしいと電話をかけた記憶があります。

すなわち、eFAXにて送ったときに、文書を送るのにかかった時間がメールに明記されて届きます。例えば、たとえ1ページしか送っていなかったとしても、文書量によって、100秒であれば2ページ、150秒であれば3ページと換算されます。従って、150ページまで無料というよりは、150×60秒まで無料ということですね。


これで、Wordなどで文書を作成してPDFに変換したり、紙ベースの書類をスキャンしてPDFに変換して送信ファイルを準備します。それを、メールまたはウェブサイトから送信することができます。筆者はeFAXのマイページからいつも送信しています。そのとき、ファイルサイズが1MBを超えないように注意する必要があります。

ちなみに、ファックスが届いたときは、メールにPDFファイルとして添付して受けとることができます。インターネットに接続できさえすれば良いので、偶然に筆者が海外にいるときに、うちの母親から書類の意味が分からないと言われたときに、FAXにて送ってもらったことがあります。

今の時代、文書を電子的に送る場合、やはりメール添付であったり、クラウドに保存などの選択肢があるかと思います。一方、筆者の親の世代であれば、パソコン操作はできなくても、オフィス仕事をしていればFAXは使えるかと思いますので、FAXもまだまだ捨てたものではないなと感じています。

追伸として、夏休み期間中のために、食堂のメニューの選択肢がなくて困っています。とりあえず、ピリ辛定食と担々麺セットの二択という悲しい現実です。

2016年8月21日日曜日

車を買い換えました

10年・20万キロほど乗った車を買い換えました。エアコンが壊れた(見積り9万)、来年3月の車検(見積り15万)、それ以外の部分も順番に直していくことを考えると、このあたりが潮時だと考えました。新しい車はダイハツ・キャストにしました。

生まれてはじめての“ローン”を組んでみたかったのですが、利息がアホらしいので、素直に現金一括にしました。


せっかくなので、軽く、『やまなみ荘タッチ』をして試運転をしてみました。往路の高速道路の合流は、西公園インターチェンジから上がるのですが、若干の登り坂での合流なので、これまでのムーブでは加速が辛いところがありました。最大トルクが43.8%大きいので、これまで3速からがんばっていたところが、すっと上がることができました。あと、九重の山道を走るとき、これまでは2速でゆっくりと登っていた場所も、割と簡単に登れるようになりました。

一方、高速道路にて追い越し車線にて追い越すときは、これまでの車とあまり変わらないように思いました。最大出力をみても、たかだか数%程度の違いしかないので、スペックからも分かります。

最高出力(kW/rpm)
最大トルク(N・m/rpm)
キャスト・ターボ(新)
47/6,400
92/3,200
ダイハツ・ムーブ(旧)
43/7,600
64/4,000

ちなみに、スズキのハスラーに触発されてダイハツ・キャストが生まれたように勝手に思っているのですが、最近のこの手の軽自動車は値段が高いように思います。ほとんど同じ料金にて、1,300ccの普通車、数十万円を足せば1,500ccの普通車も購入できるかと思います。

維持費や税金の面で優遇されていても、5年とか10年でみたとき、数万円~十数万円程度であるかと思います。そうであれば、筆者のように軽自動車が好きな人間を除いて、コスパを考えるとコンパクトカーを買うのが正解かと思います。

ちなみに、タイムズカーレンタルにて、色々な車を試しているのですが、走りとしては、1,300ccの普通車にちょっと及ばないかなという印象です。いくつかのスペックを比較すると次の通りです。

最高出力(kW/rpm)
最大トルク(N・m/rpm)
キャスト・ターボ(新)
47/6,400
92/3,200
キャスト(NA)
38/6,800
60/5,200
パッソ 1,000cc
51/6,000
92/4,400
デミオ 1,300cc
68/6,000
121/4,000
アクセラ 1,500cc
82/6,000
144/3,500
プリウス 1,800cc
98/5,200
142/3,600
アテンザセダン 2,000cc
114/6,000
196/4,000

さて、やまなみ荘に行く前の最後のJAショップにて昼食を食べました。また、福岡に帰ってきてから、リンガーハットに寄りました。

2016年8月20日土曜日

三井住友VISA付帯のカーロードサービスをうっかり忘れていた...

三井住友VISAカードに付帯することができる、カーロードサービスがありまして、とくにキャンセルの連絡を入れていなかったので継続されたようです。先日、JAFに5年ほど入りましたので、サービス内容が重複しているように思います(料金はダイハツさんが負担したので、5年後は解約予定です)。


年会費は2,100円(税抜き)で、JAFの半額です。ちなみに、三井住友VISAカードの上級会員は、750円(税抜き)になります。主なサービスは2種類あります。


緊急サービスと、アフターフォローサービスになります。緊急サービスは、JAFとほとんど同じシステムになっています。そして、自宅から100km遠方にて事故を起こした場合は、アフターフォローサービスが利用できるようになります。ということは、JAFにはないサービスであるアフターフォローサービスだけを念頭に入れて、両者を使い分ければ良いことになりますね。

ちなみに、筆者はJAFを含めたロードサービスを利用したことがなく、毎年4,000円をJAFに寄附するくらいならば、ということで安価に利用できるサービスを探して、三井住友VISAカードのロードサービスにたどりつきました。毎年750円(+税金)ならば、許容範囲かと。

2016年8月19日金曜日

実家から帰ってきてバタバタと

実家から帰ってきて、貴重な平日です。やらなければならないことが溜まっているので、一気に片づけました。

郵便受けに、Jコムによる、ケーブルテレビの受信感度の測定の案内が入っていました。筆者が住んでいるアパートは、周りに高い建物に囲まれている関係で、テレビ放送の電波が良く入ってこないようです。そのため、テレビを見るときは、ケーブルテレビを使ってくださいということです。

筆者はテレビは一切見ないので、電話をかけて、メンテナンス作業を断りました。ついでにいうと、携帯電話の電波も室内では少し弱めなので(普通に使えますが...)、なんとかならないかなと思っています。


天神方面に出かけたついでに、夕食用にお弁当を買っておきました。何にしようかと選んで、あら美味しそうだと思って選んだのですが、そのお弁当を見ているのは、年齢層が高めの方が多い...。

2016年8月18日木曜日

シンガポール移動に備えて米ドル現金を調達しました

所用により三井住友銀行の天神支店に出かけたので、ついでに米ドル現金を調達することにしました。事前に電話を入れておき、外貨の在庫確認を入れておきました。今回は、300ドルほどなので、100ドルパック3個または300ドルパック1個になります。

このくらいの通貨量であれば、当日に電話をかけて当日に受け取れば問題ないのですが、ある程度の通貨量になる場合は、1週間くらいは余裕をもって電話確認をしておくのがベターです。

端的にいうと、米ドルは国内にて両替するのがお得です(あと欧ユーロ、英ポンドも)。米ドルを入手できる場所といえば、以前の記事にて紹介したかもしれませんが、筆者は三菱東京UFJ銀行グループの外貨両替・ワールドカレンシーショップをよく利用しています。一方で、米ドルについては、様々な理由により、三井住友銀行を利用しています。

300ドルパックの内訳は、1ドルが10枚、10ドルが3枚、20ドルが3枚、50ドルが4枚になります。銀行によって外貨パックの内訳は異なるかと思います。ちなみに、100ドルパックは、50ドル紙幣4枚を除いた構成になります。


外貨パックを入手したら、キリトリ線を上にしてトントンと紙幣を下に落して、中身を確認します。普段とは違う外貨窓口にて、慣れない外貨パッケージを手にして緊張すると、そのまま持って帰ってしまいそうですが、落ち着いて対応しましょう(筆者もはじめて外貨を買ったときは、中身の確認をせずに持って帰ろうとしたところ、行員さんに呼び止められました。冷や汗をかきました。)。

ちなみに、三井住友銀行を含めた都市銀行、ゆうちょ銀行などは、最も流動性があり手数料が安いとされる米ドルでさえ、1通貨あたり3円(約3%)の両替手数料が必要です。それ以外のマイナー通貨になれば、ぼったくられたレートになります。

例えば、300ドルパッケージを買う場合は、1,000円近くの手数料が発生するかと思います。こういったとき、中途半端な知識をもってインターバンクレートの情報を仕入れて出向くと、上乗せ手数料がボッていることに気がつき指摘して、恥をかかないようにするべきですね(笑)。

おまけですが、朝食に食べた、肉ぶっかけうどんは、案外と美味しかった。