2015年12月29日火曜日

松山移動1日目~親戚まわりと買い出しそのた

朝4時30分すぎに目が覚めると、船内放送にて松山・観光港へ到着したことが放送されました。基本的な下船の流れとしては、5時に到着した段階で車両で乗船した人と降りたい人は降ります。そして、一度、タラップが外され、次回は7時すぎに再度下船できるタイミングがやってきます。筆者の場合は車で降りてから実家に移動するだけですが、例えば観光客の場合であれば早朝に降ろされても困るわけで、町が動き出す7時すぎまでは船内休憩をすることができます。

松山観光港から徒歩にて移動する場合、最寄りの高浜駅までバスまたは徒歩にて移動して、それから市内方面の電車に乗って移動できます。とにかく不便な場所なので、荷物がある場合や急ぎである場合は、素直にタクシーを拾う選択肢が現実的かと思います。もうひとつの選択肢として、最近、松山観光港に隣接するタイムズ駐車場にてタイムズカーシェアが設置されました。もし観光港を玄関として松山の足を短期で確保するのであれば、タイムズカーシェアリングを利用する選択肢もあります。

さて、実家に帰って荷物を降ろし、朝食を済ませて一息をいれました。前回のたこ部屋と違って個室空間が確保されていたので、体がだいぶ楽でした。9時すぎくらいから、親戚周りと松山三越に買物に行きました。昼食は三越のレストランにて軽く済ませました。帰宅してから色々と片付けをしているとあっという間に夕方になりました。

夕食はキムチ鍋と、先日、某先生にいただいた日本酒をちびちびとやりました。私は半合ほどで満足したのですが、うちの母親は黙ってどんどん欲しいということで、好きなだけ注いであげると1合近くは軽く飲んでしまいました。年明けの繁枡はあるので良いのですが、大切に飲まないとあっという間になくなりそうです。


日本酒の後は、愛媛の石鎚山の麓にある西条市で作られている「石づち」と呼ばれる日本酒を使った米焼酎でちびちびしました。熊本・鳥飼に匹敵する、美味しい米焼酎です。愛媛県は栗も結構取れるみたいで、栗焼酎という興味深いお酒もあるようです。


何かと飲み会のときに、地元・愛媛の美味しいお酒を聞かれることが多いので、今回の帰省で愛媛と香川の美味しいお酒を予習しておこうと思います。とりあえず、愛媛の美味しい日本酒は、「石鎚」と「梅錦」 は確定しました。

ちなみに、お酒売り場を見ていて気がついた事は、愛媛と広島は文化交流が盛んなためか、酒所として知られる広島・西条の日本酒が幅をきかせているように感じました。