2017年3月9日木曜日

楽天銀行・楽天証券の連携サービスに新機能が!

楽天銀行と楽天証券を連携させるサービスであるマネーブリッジを利用すると、普通預金の利息が0.1%になります。そのマネーブリッジにおいて、新しく自動入出金(スイープ)機能が追加されたようなので、すぐに申込みをしました。

マネーブリッジによって金利が上がるからくりとしては、MRFを使っているからだということはすぐに分かるかと思います。そして、利用者側からすれば、楽天銀行に預けていても、楽天証券の預かり金に置いておいてもさほどの違いを感じられないというのが正直なところです。実際、別会社ではキャッシュカードを使って証券会社の預け金を普通預金と同じように利用できるサービスが提供されており、どうして両者を一緒にしないのだろうかと感じていました。


今回のスイープ機能としては、基本的に楽天銀行の普通預金にお金を集約するようです。そして、楽天証券にて買い付けが必要になったとき、自動的に必要な金額を自動入金するということです。また、楽天証券に振込まれたお金については、自動的に楽天銀行に振込まれるという仕組みのようです。


筆者の場合、楽天銀行と楽天証券の間の資金移動は簡単入出金を利用しているので、下記の図のような手間はないです。しかし、毎回、資金を移動させるのは面倒くさいと感じていたので、今回のサービスはとても歓迎できます。


ちなみに、筆者はマネースイープの機能追加に関しては、楽天銀行からのダイレクトEメールにて知りました。それによると、キャンペーン中に設定すると100円プレゼントのようです。これはしっかりといただきたいです。


楽天銀行、楽天証券、ともに、これからの時代を生き抜くには、悔しいですが必要なサービスを提供してくれます。うーん。