2017年4月17日月曜日

雨が降って憂鬱ないちにちでした

今日は朝からずっと雨が降って、とても憂鬱な一日でした。ジメジメしていて気持ちが悪いので、職場のエアコンの除湿機能を動作させてみると、幾分は快適になりました。本格的な梅雨の時期がくると、カラっと晴れた日が恋しくなってきます。

ついでにいえば、数年前からになりますが(とくに、昨年くらいから顕著に)、メール、レター、ペーパー、その他の文章の7割以上が英文でやりとりしています。個人的には英語は大嫌いなので、とてつもなく憂鬱で仕方がないです...。あと、海外在住の人と連絡しあうときは、時差がありまして、メールのタイミングがズレるのがちょっとだけストレスです(地球は丸いんだなと実感します...)。

日本語だけで仕事・生活ができて、自宅から半径数km圏内だけの移動で、かつ毎日決まったルーチンワークだけをこなせば良い生活(おそらく、ほとんどの人たちはそのような中でストレスと不満に満ちて生活されているかと思いますが...)は、実は一番気楽で幸せなんだよと主張したい気持ちです...。

そういえば、今週末から1週間ほどイタリア移動になります。先月のグアム移動とともに、残念ながらお仕事です(そもそも、海外に旅行や観光で行きたいという人の気持ちが分かりません...。国内で静かな温泉地だったら行きたいですけどww)。2カ月連続の海外でのお仕事はしんどい..。

海外旅行が大嫌いな人間にとっては拷問ですが(日本が大好きな人間ですから)、国際会議へ招待されたいじょうは行かなければなりません。そのための予算は、外部の研究資金より付帯されまして、すでに執行されていますし、さらに運営側にも名前が連ねられているので逃げることができず、出張許可も出ているので、ここまで周りを固められてようやく重い腰が上がる筆者です..(泣)。

海外旅行といえば「某てるみクラブ」しかり、旅行代理店に依頼される方が多いようです。出入り業者の同世代の人たちと喋る機会がありまして、その手の話題もありましたが、やはりJTB等でパックツアーに申し込むようです。筆者は、旅行代理店が大嫌いです。その理由としては、以前、窓口に旅行の相談に行きまして、ちょっとリクエストをしただけなのに、「お客様の場合ですと、インターネット等で直接ホテルに予約された方が良いですよ~」と言われて追い返されました(そんなことがあり得るのか?と思いますが事実です。しかも、2回も。)。そういわれたので、『あ~そうですね、じゃあ、そうします☆』と笑顔で帰りました。それ以来、大手旅行代理店の営業の人が訪ねてきても、この一件(2件か?)を持ち出して追い返しています。

話が少しそれましたが、今回は、エクスペディア系列のじゃらんから海外ホテルを予約しました。純粋にエクスペディアを使えば良いかなとも思ったのですが、これまで、じゃらんと楽天トラベル(割とこの2つのサイトはトラブルが少ないと思います。)ばかり使っていたので...(次回からエクスペディアに移行するべきか要検討です)。さて、予約確認票(バウチャーもどき)を見たところ、予約と支払い(オンラインクレジット決済にしました。一括払いでクレジットを切りましたが、次回からはリボルビングで保険をかけたいと思います。今回は大丈夫だと信じたい...。)はOKですが、それ以外は知らないよという風に小さな文字で書かれていました。

海外のホテルであれば、18時を目安としてノーショーと判断されて、予約を取り消されるリスクがありますので、それをヘッジしておこうと思いました。というわけで、午前中に、ホテル宛てにリコンファームの電子メールを送りまして、先ほどマネージャーから返事が返ってきました(よかった)。

徒然なく今の心境を書き出してみましたが、少し、憂鬱さが軽くなりました(しょうもない、駄文におつきあいくださいまして、ありがとうございました...)。